朝日新聞は日本人の敵、はもう常識。日経新聞もそうなるで。中韓の工作のまま報道してるやんか。

自転車小


 私はいつも、安倍ちゃんの周りは敵だらけや、と言うてます。安倍政権にはいろいろと不満はいっぱいありますが、それ以上に敵が多い中で、針の穴を通すようなギリギリの対応をずっと続けていて、それでも倒されることなく史上最長内閣になったというのは、考えてみたらスゴいことですね。そりゃあ、朝日新聞がもう、破れかぶれになって倒しに来るわけやな。

 毎日のことなのでもう驚きもしませんが最近は、マスゴミのウソやらヘタなヤラセなども、バレるのが早くなってきてるような気もします。日経新聞は「中国」に対してはずっと大甘ですね。こんな記事を出しています(中国による入国制限緩和の打診、茂木外相が慎重論)。
茂木敏充外相は15日の閣議後の記者会見で、日本政府が入国制限を緩和する場合はビジネス関係者などを優先する考えを示した。「必要不可欠な人材が急がれる」と強調した。
 怪しいなあ。そして
中国は日本側に、日本国内での新規感染者の減少などを前提に入国を認める措置を提案している。韓国には5月からPCR検査の受診を条件に、上海や天津、重慶などへビジネス目的での入国を許可した。
 もう、日本政府には早う制限を解除してほしくてしゃあない、という感じですね。ホンマにどこの国の新聞や、と言いたくなりますね。実は日経はこの4日前にも「中国が入国制限緩和探る 日本に打診、「陰性」条件に」という北京駐在記者?の記事を出しています。ネットでもけっこうな騒ぎになって、青山繁晴さんがブログで触れてはりました(極めて重大な速報)。
官僚が記者に話しているのだと思われます。
「今、中韓と渡航、往来の回復をせよ」という総理の指示があったのかどうかという重大な事実確認を、今夜、電話で進めていて、その過程で示され、一致した認識がこれです。「官僚の一部が、記者に勝手に話しているのだろう」という認識です。
 青山さんはさらに昨夜(5/16)にも「重要な補足」で否定し、今日(5/17)未明の記事「今一度、慎みて、申しあげます」でももう一度、しつこいくらいに否定してはります。
 日本国の内閣総理大臣が指示、ないし許可しない限り、中国との渡航・往来の再開は、厳然たる客観的な事実として、ありません。不可能です。

 間違いなく、CHINAや韓国と早う行き来できるようにしろ、という勢力が、民間だけではなくて、官僚の中にもおるということですね。こういう奴らがたやすく敵を内に入れ込んでしまうんでしょう。甘い、とかの話やのうて、危険極まりない認識ですね。

 そして、いつも言いたい放題の二階堂ドットコムさんでは、現在、武漢ウイルスで入院してるのは半分以上が外国人、と言うてはりますね。そもそも厚労省は国籍を聞いてもいない、ということのようです。これについては宮崎正弘さん、馬渕睦夫さん、水間政憲さんらも言うてはりますね。

 そしてやっぱりアビガンの承認の遅れは、アメリカの製薬会社に忖度して先にレムデシビルを承認することになってたからや、という話ですね。アビガンの承認は元々は9月の予定やったのを、安倍ちゃんが厚労省に乗り込んで、7月に、そして今月中に、と早められてきたことは前に書きましたね。青山さんの言葉では「薬事マフィア、医事マフィア」の妨害、ということですね。

 二階堂ドットコムさんに投稿されていた記事をコピペしておきます(【投稿】)。
厚労省は意地でも感染者・死亡者の国籍を言わず、外務省・法務省はあくまで中国人を入れる方針のようですが、その危険性が分かっていてやっているのでしょう。
アメリカだけでなくヨーロッパ、オーストラリア、インド、フィリピン、インドネシア、ベトナム、そして台湾は、中国との戦争を覚悟しています。バカなのは日本だけです。今、中国人を入れ続ける頭の構造が理解不能です。国防動員法で全ての中国人が工作員に変わるだけでなく、新たなウイルスや病原菌を広めることは十二分に考えられます。
 世界が今、「中国」との戦争を覚悟してるということを、世界でたぶん日本人だけがわかってへんみたいですね。せやけど、ネットからもちゃんと情報を取ろうとしてる人たちは、確実に増えていると思いますね。

 そしたら青山さんが今日もお昼にアップしてはりました(中韓による囁き、工作、要求)。
 今回のことは中韓両国から安倍政権に「人の渡航・往来を解禁」と非公式に要請が来ていて、安倍総理が受け容れず、中韓はいつもの工作活動を政官財学とオールドメディアに対していつも通りに遂行しているのが背景です。
 中韓は、日本と人の往来を回復させることが目的というより、その前に安倍政権を倒すことに目的を絞っているとインテリジェンスは考察しています。
 「政官学財」と新聞社に工作してるというわけやな。そして青山さんは、検察官の定年延長の法律の件(検察庁法改正案の採決問題)で、例えば朝日新聞が騒いでることも書いてはりました。でもその工作についても
幸い、日本政府のインテリジェンスはこれを精確に把握しています。
ということなんやそうです。まあ、あまりに稚拙な「工作」やしな。それでも他のマスゴミが一斉に追随するもんやから、やっぱりうるさいですね。実は産経新聞も含めて、工作を受けてへん新聞社はない、と言うてもええんやと思います。最初に上げた日経新聞については、工作もあるかも知れんけど、ただアホなだけかも知れませんしね。

 日本人、CHINAや韓国なんかの工作なんか、しっかり見破れるように、これからもちゃんと勉強して、賢うなりましょう。青山さんの上の記事の最後を貼り付けておきましょう。
 これから、不肖ぼくというひとりの地位なき議員に対しても、さらに工作、妨害は烈しくなります。
 ごくろうさまなことです。
 ぼくは何をされても、変わりません。
 よっしゃー!青山さんに拍手や。私らも、わかったことはどんどん広めて行ったるで!

【文中リンク先URL】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59162540V10C20A5EA3000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58936730R10C20A5EA1000/?n_cid=DSREA001
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1793
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1794
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1796
https://hosyusokuhou.jp/archives/48878405.html
http://www.nikaidou.com/archives/126718
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1797

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 4

There are no comments yet.

日本国民  

真実を識ることが愛国の素

朝日新聞は、日本人、そして愛国者の敵であることは、確かですね。
然し乍ら、敢えて朝日新聞のみを論うまでも無く、日本や世界のマスコミは、ほぼ世界の金融支配を目論んできた組織の傀儡と云えます。
諜報戦略機関として存在していると云っても過言ではないでしょう。
“ジャーナリズム”と云ういかにもな正義らしさを掲げることにより、一層人々を洗脳しやすくしてきましたね。

日本自体に焦点を絞れば、朝日新聞は日本を戦争に引き摺り出したい連中の手先となり、開戦への背中を押すが為の煽動機関の役割を持っていたことは、すでに知らない人はいないと思います。
米国(米民主党)は戦前から既に日本の戦後の制度作りや処理計画を練り、開戦半年で、「日本計画」を完成させていたくらいですから、開戦回避云々と云う「タラれば議論」の入る余地のない処であったことは云うまでもありません。

そこに朝鮮族を絡める事を決めたのは米国。(オリビア計画)
米国民主党が日本の政治を監視、コントロールするために、
朝鮮人を使ってスパイを育成し、その末裔が、政治家、法曹界 、
マスコミ、パチンコなどに存在すると言う訳です。
李承晩韓国初代大統領も、米国で仕込まれてきたお一人ですね。
竹島の漁師拉致による日本政府恐喝事件も、裏には米国ありきでした。

それらと対峙しているのがアベトランプという構図です。

余談ですが、余命の翁たちは、在日連中と戦っているように見えますが、実の処、米民主&グロバの末端の傀儡や手足連中と戦っているということになるのでしょう。
口にこそ出しませんが、恐らく翁たちは承知しているはずです。
(知らないとあれば、非常に無知で危険ですね)
如何に官邸サイドが裏から余命たちを助勢しようと、米民主(戦後レジーム)の呪縛と云う支配から解き放たれなければ、完全勝利はないと目していましたが、トランプ大統領の誕生により、光明が射したと云えるかもしれません。
枝葉末節より本丸の弱体化が最も有効性が高いですからね。

仮に、あのヒラリーが大統領に選出されていた場合のシナリオが、どのように展開されていたのか・・・・。
その片鱗が大阪の維新や、各主要都市などにおける道州制への道のりが未だ潰えていない処にありそうです。
大阪の維新の背後には日本に核を落とした連中が黒幕として存在し、道州制を以て日本を分断化すること、各州自治体独自に移民を受け入れ、外国人参政権も与えるような方向性を持たせ、第二、第三のカリフォルニア州状態にするおつもりなのでしょう。
この方策も日本の戦後処理の一環です。
国家解体への道のりを歩まされているのです。

ミヤネ屋などの関西系の番組に如何に頻繁に維新関係者(橋下、松井、吉村)が出演しているか・・、
視聴者、大阪府民への洗脳行為に他なりませんね。

米民主を筆頭とするDS界隈は、中朝韓の黒子として行動し、決して正体を現さぬように謀ってきました。
東アジアの分断と併せて一石二鳥以上の効果がありますからね・・。

結果として、日本人のほとんどが「中国が~、韓国が~北朝鮮が~」
と憎悪を抱き、敵視してくれているのですから・・・

その対照的存在として台湾を置いているのも彼ら(米民主)の計画です。“北風と太陽”というお話をご存じと思いますが当にそれです。
在日朝鮮人の不埒な暴挙がよく取りざたされますが、戦後先頭に立って日本人に暴行、乱暴狼藉を働いていた中には在日台湾人もいたという事実をご存じないどころか、態と伏せられていることも知らない方が多いですね。
なにせ台湾に「太陽役」を与えたわけですから、表面化させるわけにはいかなかったという処。

安倍首相も、米トランプ大統領も、英ジョンソン首相も、露プーチン大統領、韓国文在寅も、中国習近平、らも黒幕が誰であるか、を熟知しています。
それぞれに戦っていますが、韓国などは日本以上に司法やマスコミ、企業、金融が、米民主・金融街に抑えられ四面楚歌状態のなか、トランプ大統領誕生以来、それなりに検討しているのだそうです。
日本に流れてくる奇妙な行動発言もマスコミのフィルターがかなり影響しているのかと・・。
英ジョンソン首相は、EU金融界隈たちが作り出したプーチン像が捏造であり、自身が誤解していたと云うことを表明して、協力体制に入るという発言もしていますね。

中国に関しては、中国共産党を作ったのは米国民主党連中であり、これを利用して金儲けに奔走してきました。
その金儲けに加担していたのは江沢民上海派であり、彼らの資金によりビル・クリントンが大統領に選出されたのは周知のことですね。
特にオバマ元大統領時代は中国を舞台として覇権を握る方向に大きく動いてもいました。
チベット、ウィグル問題も上海派と米国民主と金融ITが絡んでいます。バイデンさんなんかも大きく関わっているご様子。
悪事をすべて、習近平に被せ、マスコミ各位は挙って世界中に流布しています。
上念や石平が云うように強力な独裁と権力を持ち合わせているのであれば、情報操作も然り、石平氏もにこやかに中国訪問などできますまい。
日本で暢気に生活できていること自体不思議と云う・・。
私見でありますが、石平は米民主・江沢民派の工作員的存在と捉えています。もしくは脅されているかとも・・・・・・。

日本のマスコミも、売国奴連中すべては、「中韓」の影響などではなく、その背後にいる戦前からの敵「米国民主党その他」の影響支配下にあるといえます。
其処の処を覆い隠さんが為にも「オリビア計画」で工作員養成した中国人、朝鮮人を駆使して黒子に徹していたのです。
この方法はかつて植民地支配を遂行していた白人たちの基本的な方法です。世界中の植民地ではこの方法で被支配層の分断化、離反行為により、団結し抵抗できないように力を削いできたのです。

敵は、何百年も徹底した方法で支配者であるが為の計画と行動で
強大な存在になってきました。上海派だけでも一国家予算以上の財を蓄えていますね。そして本丸は・・・天文学的ですね・・・。
単純に無鉄砲に抗えば・・・この世から簡単に追われます。
SNSなど普及していない時代には、事実を知る方法は少なく、時間も要しましたから、敵方の為すがままでした。

執筆業や講談などで生業を立てている評論家やジャーナリストたちなどは、真実を吐こうものなら、即座に干されて行きます。
つまり生活に直結すると言う訳ですから、米民主・金融組織の指示通りに、「中朝韓が悪」に帰結するように誘導し、邪魔な安倍首相を排除せんが為の煽動にも力を注ぐように仕向けられていることは容易に想像できますね。
巷で『Q』とやらが注目を集めておりますが、こちらも安倍排除のベクトルですね・・・・。

先に挙げました各国首相、大統領たちは共通の問題を抱えております。
それは、各国の国民は全てが人質的存在なのだということ。
テロ行為、爆発、事故を装ったサツ人、そしてウィルスなどの生物兵器の拡散。
対象が国民になるという恐怖を抱かせられていること。
国家を愛し、国民を愛する国民の代表者にとって、暗サツ以上の恐怖です。

そのような中、果敢に戦いに挑んでいるトランプ大統領と、バランスを取りながら、巧く目的の方向へ舵を切っている安倍首相。
大ナタを揮える米国大統領と日本の首相の立場は違います。

世界の猛者と渡り合い、国政の舵を取りながら戦後レジームからの脱却をも図るという繊細且つアクロバティックな所業は、安倍晋三以外に為せる者はいないでしょう。

日米が発信している、法的秩序支配の下での自由で公正な世界を目指すために各国が協力し合える日に到達できる時が一日も早く訪れることを期待いたします。

2020/05/18 (Mon) 11:39

鉄人27号  

昔から支那と朝鮮とは適度な距離を持って付き合うのが日本にとって幸せと言う構図は変わりませんね。

戦前はソ連の脅威から日本を守る為に、そして世界大恐慌の後の世界のブロック経済化から日本自身の経済圏を作って生き延びるに支那大陸に進出せざるを得ない状況でした。
一時は満州国を発展させて上手く行くかに見えましたが大東亜戦争終結と共に大陸の利権を全て手放さざるを得ない状況に成りました。

戦後、中共政権下では大躍進、文化大革命で何千万人と言う人が殺される中、中国と縁が切れた日本は高度成長を遂げ移民問題も無く一億総中流と言う夢のような世界を作り上げる事が出来ました。

遣唐使を廃止して支那と距離を取った平安時代は長い平和な時代でしたし、鎖国政策で明、清と距離を置いた江戸時代もまたしかり。

バブル崩壊後の約30年アメリカからは年次改革要望書により日本の良さを捨てさせられ、経済のグローバル化により安い人件費、膨大な市場と言う幻想に釣られて多くの企業が中国に進出、また身ぐるみはがれて戻って来ざるを得ない状況になりました。

通州事件の悲惨さなど本当の歴史を少しでも知っていたら中国に幻想を抱く事は無かったのにと思ってしまいます。

トランプ政権の誕生、今回の武漢肺炎の発生で支那大陸との縁を切る事が出来たら日本はまた復活する事が出来ると信じたいです。

2020/05/18 (Mon) 14:57

ナポレオン・ソロ  

世界の裏側の最深部とは

>日本国民さん ソロです、お久しぶりです。
縦椅子のブログさんの方へ、私の「アメリカのラスボス的な、白人支配の中枢の正体とは?」と言う疑問に応えてくれてはること二今日気づきました、有難うございます。

向こうでコメントしようとしたのですが、途中でコメントが消滅してしまう現象が続いたので、此方で試して居ます、ブログ主様、ごめんなさい。

さて、その正体は「やっぱりそうか」と言うか、世界の白人支配が全盛を極めた中世代~近代の植民地時代の遺物の様な勢力なのですね。

KKK団を創ったのも、CIAを創ったのも、この一族なのなら、WASPという白豪主義の端緒もこの一族でしょうね、亦、差別主義者でKKKとすれば、戦前の国際連盟の提唱者であるウッドロー・ウイルソン大統領も、当然、この一味と言う事に成りますね。

それにしても、未だにアヘンの元締めとは、如何に白人支配世界が偽善で成り立って居る事が良く分る話です。 この調子ならロシア内部にも、密接な関係者が居ますね、ばいでんとせっしょくしているのも、その一味なのでしょうか?

そう言う歪み切った理想主義が、白人世界を支配して来たから、白人文明の限界が見え始めて居るのでしょうね、今日の縦椅子のブログのお題は「韓国は、何故、衰退~消滅に向かって居るか?」でしたが、経済アナリストでIMFの局長を務める、李昌ヨンさんの、韓国経済の現状カラ、将来の分析を紹介したモノでしたが、韓国人にしては、至極冷静で、終始頷かされて居ました。

然し、結局、彼が、挙げた「原因考」の中には「社会が差別で出来上がって居るカラ」と言う下りは、遂に有りませんでしたね、是は、彼の韓国の捏造歴史認識の所為かもしれません。

然し「では、差別社会がその経済の衰退に繋がる要因が、どれだけ有るのか?」と逆に、訊かれたら、そういう明らかな事実は、今の処有るとは言えませんが、単純にこの先、文明発展・維持の為に、必要とされるマン・パワーは、バラエティに富んだ人種・民族を資源としてこそ、より発展するのは「自然の理」から、
当然とされていますし、それが、両性となれば、可能性も2倍になる、と言う事なので、「差別は進歩の敵である」と言えると思います。

現実に、男女差別だけをみても、女性の社会進出を忌嫌っているイスラム世界の活力は、なかなか上がって来ませんし、逆に、戦後、男女差別を意図的にやめた、欧米では、女性の社会進出が顕著になっていて、科学系の専門分野の要職に、女性が就いている事も多いですね。

つまり、差別主義に拘る事は、自分の社会の可能性を削ぎ落し、衰退を昂進する働きしかしない、と言う事です。

この、デユーク一族が関与する財団や企業に、あのソフト・バンクの常務の北尾氏が財団の代理人として噛んで居て、孫正義を逆に使っていると聴くと、あの北尾氏の悪党面が目に浮かび「然も、有りなん」と言う気になりましたね。

それにしても、ソフトバンクの白い犬は、地獄の番犬、ケルベロスっだたとはね、だから世の裏側の真実は、実は目の前で展開しているって、いうのですね。

貴重な情報有難うございました。

2020/05/18 (Mon) 16:07

(名前不明)  

>日本国民さん

余命先生は昔は欧米批判も数多く行っていましたよ。
いつのころからか米軍が日本の反日勢力を武力で制圧してくれる謎のヒーローの役割に変わっていましたが。

2020/05/18 (Mon) 16:32

Leave a reply