たまには褒めたるわ麻生くん。「増税でなく景気回復で税収増を」、正しいで。次は消費減税や。

指差し小


 世界がものごっつい勢いで変わってるんやから、日本もさっさと変わっていかんと、間違いなく取り残されてしまいますね。私は最近ずっと、麻生くんのことについてはボロクソにけなしてました。タイトルにまで入れた記事を近いところから拾うと、
 いやあ、キリがないな(笑)。

 そんな麻生くんがめっちゃまともなことを言い始めたのでびっくりです(“増税でなく景気回復による税収増を” 麻生副総理兼財務相)。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた一連の経済対策で、国債を大規模に発行するなど悪化する財政への対応について、麻生副総理兼財務大臣は、増税ではなくまずは景気回復による税収の増加を目指すべきだという考えを示しました。
 あらま、ホンマに言うてはるやんか。これは、たまにはちゃんと褒めてあげなあかんな。あ、まだ半分だけやけどな。そもそも金額がまだまだしょぼすぎるからな。それでもこれは、流れが変わって来たと言えるんとちゃいますか?産経新聞の田村秀男さんも「当たり前のことにようやく気付いたか、麻生さん」とツイートしてはりました(田村秀男 産経特別記者 @shinkaisennnin)。

 流れが変わったことについては藤井聡さんも指摘してはりました(「インターネットの力」で、政府支出が数十兆円単位で拡大していく可能性があります。)。藤井さんは、第二次補正予算案の内容をチェックして、まだまだ足らんし、やり方によっては「真水32兆円」が実は10兆円で済まされてしまう危険性も指摘してはります。それでも
国民世論、とりわけインターネットにおいて積極財政を求める声がなければ、こうした流れは絶対に出来なかったのです。
そうした世論、そしてインターネット上の盛り上がりは、(中略)確実に政府を動かし売る力を持つのです。
と書いてはります。ようやくここまで来たか、という気持ちですね。まだまだこれからやし、反動がいずれ必ず来ますから、絶対に阻止せなあきませんね。そして、それでももう今の時点で、おかしなことを言うインチキ経済学者については、三橋貴明さんがきちんと(笑)。指弾してくれてはります(で? いつ、財政破綻するの?)。
土居丈朗・慶応大教授こと財務省の飼い犬「ワンッ! ワンッ!」が、予備費について「使い切るな」と、恐ろしいことを言っています。
 小林慶一郎は、「財政破綻後 危機のシナリオ分析」で、「いまや、財政破綻は「起きるか、起きないか」ではなく、「起きたらどうなるのか」「どう危機をしのぐのか」を考えるべき時に来ている。」とか偉そうに吠えていたけど、2020年度は対GDP比で20%の財政赤字になる可能性が高いですが、当然、財政破綻するんだよね。
 もう財務省ポチ学者の妄言を徹底的に晒しあげて、こっぴどく批判してはりますね(笑)。いや、私もこれには賛成ですよ。今までエラそうに言うてたことを、ちゃんと釈明しろよ、と。もしくは正直に間違うてましたと言うて、撤回するとか。まあしないでしょうね、この人たちは。「恥」という感覚のない、とても日本人とは思えない人たちです。

 もはやこんなゴミみたいな御用学者のことを、ここでコキ下ろしてもあんまり意味なさそうですから、ここ数年で、こんな人たちよりちょっとだけ賢くなった私ら日本国民は、これからもしっかり政府の経済対策を見て行くことにしましょう。

 麻生くんには、財政出動の金額がまだまだショボすぎることと、消費税ゼロに減税までやれ、と言うておきましょう。

【文中リンク先URL】
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-977.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-971.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-961.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-943.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-937.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-913.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200529/k10012450161000.html
https://twitter.com/shinkaisennnin/status/1266366571238223880
https://38news.jp/politics/16004
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12600256377.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 麻生くんは正しいけどまだショボい、と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 5

There are no comments yet.

眞次  

期待していいんでしょうか?

もともと麻生さんは
「借金があるってことは貸してる人が居る。
 国に貸してる人は誰ですか?皆さんですよ」
って、言ってた人ですよね。

発言より、今後の行動に注視ですね。

2020/05/31 (Sun) 11:12

Bell  

麻生さん

2020年05月30日 : 愛国ビジネスマンやホッシュマンに騙されないぞ。
ttp://blog.livedoor.jp/sasurai_bump_man/archives/2020-05-30.html

【画像表示】
>水道利権は労組でしょ。麻生氏は
>既得権を破壊してるだけ。
>竹中は、同じく『既得権破壊』の
>ために利用すればいいんです。

たしか、麻生氏は、以前も国税庁から朝鮮総連や民団につながってる人間を追い出していってて、マスゴミから激しいバッシングを受けてたね。
麻生氏は日本再生に一役買っている。
菅官房長官はちょっとヤバそうだね。維新の会のバックについてたらしいが、ヤバいと思ったのか、維新を切り捨てたみたい。
その報復で今、菅さんに近いと言われる自民党の河井案里議員夫婦がやられているらしい。

>瀬戸弘幸を始めとした維新政党・新風の奴らも「まともな在日朝鮮人は被害者だ」と言っている。
>ハシシタ徹や維新の会の一部も「在日朝鮮人に対する差別がなんちゃら。被害者ニダァ?」と言っている。

こういう人たちを信用していいと思う?

2020/05/31 (Sun) 13:10

ナポレオン・ソロ  

日本のデフレ状態は、モゥ20年以上も、続いて居るのに、相変わらず緊縮財政・財政秩序維持を、変えなかったのですが、このままでいい筈が無く、麻生財務大臣が、財政出動のタイミングを見て居たと思いますね。

それが判るのは、内容の説明で「負債の規模が4倍になって居るのに、金利は0%になって居る」と、其処に、日本経済を活性化させない恣意が働いている現実がある事を示唆し「金利の高い債権から、低いものに借り変えるのは当然」と、結んだ。

つまり、公共事業の需要が潜在しているのに、抑えこんで居るのは、是をやると日本経済が世界で独走状態になる可能性が高いカラで、それ程、日本経済の現状は、他所の国から看れば理想的な要件が揃って居る。

確かに経済の国債依存度合いは高いが、殆どの債権引き受け手は、日本の国内勢力で有るから、返済するには、紙幣を増刷すれば良い、その裏づけとなる、海外資産の合計だけでも、債権額とほぼ同等である。

その所為で、すでに、日本円は、国際通貨として、最も高い安定性の評価を得て居て、そのレベルは金地金に相当する。

是では、そう簡単にハイパーインフレなど起こり様が無い。

貿易の内外儒の割合は、84/16%と、圧倒的に内需中心で、世界経済の浮沈の影響を受け難い、その上、外需の中心になって居るのは、消費材ではなく資本材なので、これも、世界経済に浮沈があっても、一番最後になるだろう。

この状況で、内需拡大策である大公共事業を始めるべく、債権を増やせば、引く手数多で、基軸通貨のUS$すらかすむ事に成りかねない。

ダカラ、現在米国は、US$の大増刷を再び始めて居る、然も、リーマン・ショック後に行った大増刷の2.5倍ものスピードで、で有る、是は、ポスト・コロナ対策の象徴的な施策だろう。

世界経済のこうした経済環境は、武漢肺炎禍でこの半年間に大きく減退している消費需要を活性・復活化する為のものである事は、論を俟たない。ダカラ、安倍政権は,定額給付金を実施したのだし、打撃を受けて居る中小零細企業の救済に力を入れるのだろう。

当に、麻生・安倍政権に拠る、救国経済事業の幕が上がったのでしょう。

そして、現状は、まだ具体的な問題点が見えて居ませんので取り敢えず200兆円ですが「日本経済を守る為には何でもやる」と、安倍さんは早くから言って居ますので、状況によっては更なる増額も有り得ますね。

こうした施策を、何故、デフレ対策で打ち出さなかったのかと、いう声も上がるでしょうが、それは、飽く迄も経済理論的な正義でしか無い。

然るに、一国繁栄主義で、近視眼的にそれをやれば、世界経済のバランスが崩れて、特に、少子高齢化で国力が弱っている、地中海沿岸諸国は、回復不可能な打撃を受けるだろう。

是は、取りも直さず、白人支配体制の現状世界を揺るがす大事になるだろう、すると、戦前日本の2の舞になるのは確実だろう。

そう言う歴史から得られた教訓を活かして、一国繁栄主義を捨てて、世界全体で共存共栄を図って行く「調和のとれた成長を地道に進めて行く」事が、世界を平和に保ちながら持続的な成長を続けて行き、世界から病貧争災を無くす上で、不可欠な事ですし、この間に「より恵まれたものが、貧しい国で可能性を阻害されている人達を援ける」共助の心も必要です。

人類が、有史以来続けて来た「弱いものの犠牲の上に成り立っている繁栄」は、モゥ直ぐ終わりを告げるのです。

共助で、和を尊ぶ世界こそ、神様がお望みになられて居たっしゃる世界だと、私は思います。

2020/05/31 (Sun) 13:52

彩希  

《猫の遠吠え》という安倍晋三応援ブログを自認するブログですけど、パヨクの口汚い罵りや、ネットが政権批判で沸騰してる時でも、いつも変わらず落ち着いた語り口の文章で読むと精神安定になって落ち着ける好きなブログです。

「麻生副総理兼財務相を「増税派」と見る向きは多い。「財務省に取り込まれている」とか「財務省のポチ」とまで言う人もいる。自粛生活でアベガーに転向したと思ったら、気を取り直したのかザイムショウガー、アソウガーに戻ったこの人もこんなことを言っている。 」と上念さんのツィート。画像なのでコピペ出来ません。
  ・
  ・
  ・
「“増税でなく景気回復による税収増を”発言を受けて「財務省を叩き続けてたら麻生さんが正気に戻った」などのコメントが目につくようになったが、麻生さんは前から正気で、安倍総理を支え続けている。 」

言い方は違ってるかもですが、総理と麻生さんの間では出来レースでストーリー通り、麻生さんは演じてる?という話。まあ、こんな見解の相違もあるようなので覗いて見て下さい。

麻生さんが正気に戻った?
https://ameblo.jp/akiran1969/entry-12600521017.html
2020-05-30 09:27:16

2020/05/31 (Sun) 18:40

M  

ソロさんが仰る通りと思います。麻生さんは2月だったか3月か既に消費税減税も念頭においてと発言されていたと思いますし時期を探っていらしたと考えます。
数年前、御本人がスヒョン文書を読み日本を取り戻しましょうと頑張りましょうとの言葉には嘘偽りは無いものと感じますし、完璧に安倍総理を支えておいでだと思います。

2020/05/31 (Sun) 23:15

Leave a reply