どないする産経新聞。世論調査を下請けに出したら、不正した孫請けがあちら側やったというオチ。

走る小


 読者の皆さんがわざわざこのブログにお越しくださって、それなりの時間を割いて、この駄文を読んでくれてはるんやから、できればちょっとでもお役に立てるような、あるいはちょっとでも前向きになれるようなことを書きたいと思てますが、いやあ、元々人間ができてへんもんやから、ついついハラ立つことから書いてしまう今日このごろです(笑)。

 今さらマスゴミに期待はしてへんと、私はええカッコして言うてますが、ハラが立つのは逆に、やっぱり期待してるからか?と自分でも残念な気持ちになりますね。産経新聞の世論調査のインチキ(産経・FNN合同世論調査、委託先社員が不正)の話です。過去14回分の記事を取り消しますって、そらそうやろうけど、そんなんでは済まされへん、とんでもなく恥ずかしい話とちゃうか?と私は思います。

 新聞社の立論の基になる世論調査を下請けに出していて、さらにその下の孫請けが今回の不正をしたという話ですが、ん?産経の社員は何をしてたんや?チェックはしてへんかったんか?調査の現場にはちゃんと足を運んでへんかったんか?と、まあ一応その業界の近くにおった私としては、なんぼでも言いたいことがあります。

 そして産経以外のマスゴミでも、絶対言うことの無さそうなビックリ情報が、ネットにはすぐさま流れていました(Dappi @dappi2019)。
産経とフジの世論調査の委託先の下請けだった【日本テレネット】の代表取締役会長は辻元清美・福山哲郎・前原誠司といった野党大物政治家に寄付してます。
 あっちゃーーー!やんか、産経さん。あちら側の人たちはもう、笑い転げてるんとちゃいますか。いやいや、産経が保守系、というのはそもそも間違いやったんかな?もうこれから先は、産経でも署名記事だけを、中味を吟味しながら読むしかないですね。社説(産経では「主張」)とかの無記名記事は、志も何もないサラリーマンが書いた駄文、と考えることにしましょう。

 ちなみに、新聞では削除された14回分の記事の一覧表が出ていました。その第一回は昨年5/14の記事「女系天皇・女性宮家 賛成64%」でした。ネットではさっさと削除してましたね。まあ、たかが三流紙、産経新聞のインチキ世論調査の無意味記事に一喜一憂することなく、私ら日本国民は、正しい情報をこれからもしっかり見極める努力をせなあきませんね。

 ただ、この話が何で表ざたになったのかは知りたいところですね。昨日、いきなりフジテレビの生放送で発表された、というのも、ただ事ではないというのをフジ産経グループとして、直感した人がおった、ということですね。恥ずかしい話やけど、他社から刺されたらもっとヤバい話ですからね。

 全国紙の論説委員で唯一?反消費税、反緊縮財政を言い続けてはる田村秀男さんは今日(6/20)も「コロナ第2波に備え 今こそ消費税減税を」と書いてくれてはります。貴重な言論の場を、これからもしっかりと守るためにも、産経さん、世論調査の体制はしっかりと責任を持って、社員が直接調査員になるぐらいの覚悟でやりなさい、と言うときましょう。

 ところで昨日書いた北朝鮮の話、鍛冶俊樹公式ブログの記事、「金与正とイージス・アショア」がわかりやすかったです。
独裁者、金正恩が死んだも同然の北朝鮮では、妹の金与正が後継となるシナリオに4月下旬以降、内外から待ったが掛かっている。賛成しているのは国家保衛部と米国、反対は朝鮮労働党と中国である。
 だが、反対派に金与正以外に候補がいるわけでもなく、反対の主たる理由は、金与正には独裁者たるにふさわしい軍歴がない、つまり軍事的能力の欠如を疑っているのだ。ならば金与正が軍事的能力を示せばいいのである。
 金王朝としては、やっと作ってきたアメリカとの直接対話のルートを、何とか維持して早う次のステップに進みたいという焦りもあるんでしょうね。安倍ちゃん、絶対に原則を崩さずに、アメリカと連携して、向こうから折れて来るのを待ってほしいですね。

【文中リンク先URL】
https://www.sankei.com/politics/news/200619/plt2006190008-n1.html
https://twitter.com/dappi2019/status/1273903855265124352
https://special.sankei.com/a/economy/article/20200620/0002.html
https://ameblo.jp/karasu0429/entry-12605350557.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← めっちゃヤバいやんか、産経新聞と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 4

There are no comments yet.

薄命  

毎日新聞:「毎日新聞の世論調査で同様の問題は起こりえない」と説明

毎日新聞の前回5月23日の世論調査で低い内閣支持率が出たことについては、捏造工作だと非難するツイートがネットに出回り、2020年05月24日の
「西村康稔経済「破壊」大臣になりたいんか?武漢コロナ収束後、増税・緊縮やる気満々の諮問委員。」 https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1032.html のブログ記事のコメント欄にも貼り付けられました。

毎日新聞は、社会調査研究センターと共同で6月20日に行った世論調査の結果を報じる記事の後半で、

> フジテレビと産経新聞の世論調査で架空の回答を集計する不正が繰り返されていました。毎日新聞の世論調査で同様の問題は起こりえないことを説明します。

といって、詳しく説明しました。

河井夫妻逮捕、首相の責任「重い」59% 内閣支持率36% 毎日新聞世論調査
6/20(土) 17:39配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d1b446e6e25d8bce2870d4387cdf015effddb15

その説明を箇条書きにまとめると、
・ 毎日新聞の電話世論調査は今年4月までフジ・産経の委託先とは別の調査会社に実務を委託していた。下請けへの再委託はしていない。
・ 調査はコンピューターで無作為に数字を組み合わせた番号に電話をかけるRDS法で実施。対象者への電話はコンピューターがかけるため、実際に電話していない架空のデータを調査員が捏造することはできない仕組み。
・ 調査を実施するオペレーションセンターには必ず毎日新聞の社員が立ち会い、調査員と回答者のやり取りをモニタリングする。
・ 調査結果は一件一件の回答が確認できる生データの形で受け取り、不審な点がないことをチェックしたうえで集計してきた。
・ 4月以降は自動音声応答(オートコール)と携帯ショートメールを組み合わせた方式に切り替えた。多数の調査員が集まって作業する「3密」環境を避けるため。特殊詐欺の横行によって知らない人からかかってくる電話への警戒が広がり、従来方式の電話調査に限界が見えてきたとの判断もある。
・ 新しい方式では人為的な不正が介在する余地はなくなったが、調査の検証とデータのチェックを引き続き重ねていく。

2020/06/21 (Sun) 09:12

コブシ  

産経がこれなら朝日、毎日はもっと酷いのでは?と勘ぐりますが、どうなんでしょうか。
それに産経は嵌められた?可能性も無きにしも非ず、かな、検事長の件もあった事だし。
正論編集長の田北真紀子さんが「いろんな考えの人がいるから」と仰ってるのは、こういう人もいるのかな、と思います。
そりゃ昨今産経だって在が沢山入り込んでいるのは確実でしょうから、何があっても可笑しくは無いでしょう。
防衛相にだって秘密漏洩とかある位ですから、悪さをするのはいつも朝〇〇・・違った犯罪は〇〇〇でしたが。
兎に角お金にまつわる話は必ず!と言って良い位あの民族が絡みますね。
ネチッコさは誰かと一緒に悪さをしましょう、と、癒着大好き民族です。
日本はどうしてあの時・・・と今更ながら悔やみますよ、福沢諭吉は偉かった。

2020/06/21 (Sun) 09:40

A敦子  

産経新聞の帰化未帰化在日韓国人疑惑たちによる「帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社が困ったときにやりまくる韓国式デタラメ世論調査結果捏造歪曲改竄数字ステマ」

これも、韓国の悪習である「帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社が困ったときにやりまくる韓国式デタラメ世論調査結果捏造歪曲改竄数字ステマ」ですね。

産経新聞の坂本一之、黄金崎元、酒井 充、園田和洋、豊田真由美、平山一城、本田 誠、松岡達郎、松本 学、渡部裕明ら帰化未帰化在日韓国人疑惑たちも、いつものように、韓国語が社内公用語である日テレなどに韓国式便乗して、韓国の悪習である「帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社が困ったときにやりまくる韓国式デタラメ世論調査結果捏造歪曲改竄数字ステマ」をしています。

2020/06/21 (Sun) 10:47

薄命  

意図的な不正とは考えにくい根拠

各社世論調査の内閣支持率と不支持率の推移をグラフで比べた結果、
今回の産経・FNN合同世論調査の不正は意図的とは考えにくいと
解説する記事があります。

産経・FNN世論調査の不正にたいする見解
三春充希(はる)☆みらい選挙プロジェクト 2020/06/19 21:04
https://note.com/miraisyakai/n/n450b6954a44e

そこでは、各社世論調査の内閣支持率と不支持率について、2019年7月からの発表されたそのままの結果を示すグラフを掲載して、
「太線で示した産経・FNNの世論調査は、各社のほぼ真ん中にあり、特に「高すぎ」「低すぎ」といった傾向をもたないことがうかがえます」
と述べ、
2013年からの長期的な推移のグラフも掲載し、やはりこの傾向は変わらないといっています。
(このコメント欄にグラフを入れられないので、リンク先をご覧ください。)

偏りが急激に変化した場合は何らかの意図が働いていることが考えられるが、データの面でそうした事実がない以上、今回は支持率を変えるような意図はなかったと考える、と結論し、今回は委託先で手抜きが行われその手抜きを防げなかったという問題ではないか、という推測を述べています。

以上の記事を、具体的なデータに興味がある方のためにご紹介しました。

2020/06/21 (Sun) 16:08

Leave a reply