特定の教科書を狙い撃ちにする、インチキな教科書検定。もはや権力犯罪やでこれ。文科省は解体や!

自転車小


 いまだにテレビや新聞しか見ない人たちは、「日本は戦争で悪いことをした」と思い込んでいて、そんな人たちの多くがもう、老人になっているので、考えを変えることが自体が難しいという、どうしようもない状態になっていますね。戦後75年のウソの積み重ねというのはこれだけ重い、ということなんでしょうか。

 今日(7/1)の産経新聞の「正論」、藤岡信勝さんの<教科書調査官「無謬神話」の愚かさ>に、またまたビックリする話が出ていました。私はこれまでに、教科書検定のことについては何度か書いてきました。

 今年の教科書検定では、去年まで実際に使われていた自由社の歴史教科書を、明らかに狙い撃ちしてきたと思われます。検定官が「欠陥」と見なした箇所が、一定以上の比率で出てきた場合には不合格とできる、というルールをわざわざ作って、その上で意味不明な、イチャモンに近い「欠陥」を数多く指摘したことにして、「一発不合格」としました。

 修正することもできず、いきなり今年の採用は不可となったので、出版社としても打撃になる、と。どこの暗黒の中国共産党やねん、てな話ですね。現在、激しく抗議、反対運動が起こっているようです。

 藤岡さんたちは、この「欠陥」とされた部分がいかに恣意的でデタラメで、とんでもない「言いがかり」、「イチャモン」やったんか、ということを詳細に発表してくれてはります。そして実際に、インチキ調査官が付けた175か所の「欠陥」について、きちんと反論書まで作って提出したそうです。

 ところが何と、その反論の「すべて」を認めずに却下したんやそうです。ホンマに文科省の中に、こんなエゲつない「調査官」がおるんかとぞっとします。それが前回までの話です。

 ところが今日の藤岡さんの話は、今、日本全国で実施されている教科書展示会に行ったところ、自由社の検定で「欠陥」とされた部分と同じ記述をしている日本文教出版の教科書が展示されていた、つまり「合格」教科書として展示されていた、という驚愕の話です。
自由社の歴史教科書には、「軍縮の時代」というコラムがある。1930年のロンドン海軍軍縮会議で【米英日の補助艦の比率が10‥10‥7に定められ】と書いてある。これに検定意見が付き「欠陥箇所」に指定された。指摘事由は「不正確である。(日本の比率)」というものだった。
 検定官は、日本に認められた補助艦の比率は厳密に言うと「6.975」やから、「7」ではあかん、と言うてきたわけです。ところが「合格」している日本文教出版の教科書には【補助艦(主力艦以外)の保有国の割合を米10、英10、日7と定めた】と書いてあった、と。

 おいおい、無茶苦茶やなあ。教科書検定官て、こんなええかげんなことをやってるんかとビックリですね。いやいや、これはええかげんとちゃうな、ただひたすら自由社の教科書を潰す、という目的を持った権力犯罪やで。そして同様の話はまだ他にもあるんやそうです。
 この事例にとどまらない。同様のケースが、今までに分かっているだけでも数件にのぼる。教科書調査官は、初めに自由社を不合格にするという目標を決め、そのためのあら探しをし、欠陥箇所をデッチ上げたのである。

 私の前の記事でも書きましたが、今年の検定では何と、「従軍慰安婦」やら、「南京虐殺」の文言が復活してるそうです。この20数年、「新しい歴史教科書をつくる会」などの運動によって、ようやくその記述が消えていたのに、という話です。

 間違いなく「逆行」してきていますね。なんとしてでもCHINAや韓国のウソ話を教科書に復活させたいという、インチキ調査官のおる文科省、いよいよヤバいんとちゃいますか?前にも書きましたが、文科省といえども「課長クラス」以下は、政府には任命権がないんやそうです。そういう現場の奴らはずっと、サヨクに牛耳られたままなんですね。

 暗澹とした気持ちになりますね。今や無法状態となっている教科書検定自体を、根本的にどうにかせんとあかんのとちゃいますか。ほとんど教育界の違法クーデターみたいなもんやんか。控えめに言うても権力犯罪やな。

 まだまだ日本の中に日本を壊したい奴らがいっぱいひそんでいますね。片っ端から暴いて潰していかなあかん。

【文中リンク先URL】
https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200701/0001.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-997.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-960.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-911.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 教科書検定はインチキ、文科省解体!と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 4

There are no comments yet.

彩希  

内容は衝撃的です。私は萩生田さんが文部大臣になられたので総理の危機感の現れと意向を感じて、これで大丈夫と思っていたのです。しかし、それが全くの逆になったのです。官僚の逆襲を浴びせられることになったのです。三月に出ていた記事です。

”霞ヶ関で三流と見下される文科省は、文部省時代から日教組と連携し、朝鮮総連と結託する反日左翼の巣だった。歌舞伎町の買春王が、主流派に支えらてトップになるような腐った組織である。
▽朝鮮学校で講演するビーチH30年10月(共同)

かつて全教科書に捏造慰安婦が登場したのも、特異な現象ではなく、自然な流れだった。文科省内には確実に“反日村”と呼ぶべき売国奴のグループが存在する。

そうした連中が初入閣の大臣に牙を剥き、悲願だった自由社の弾圧を実行、反日史観の教科書を大々的に復活させたのだ。萩生田文科相がガチンコ対決するのか、屈服するのか予断は許さない。
▽入閣前に靖国参拝する萩生田文科相R1年8月(ブルームバーグ)

古臭い反日左翼官僚は、落日を迎えているとは言え、一定の権力を握り、つくる会を叩き潰すだけの戦闘力を持つ。“反日村”の住民は、決して負け犬軍団ではないのだ。 ”

🔻文科省“反日村”の復活…抹殺された新しい歴史教科書: 東アジア黙示録
https://dogma.at.webry.info/202003/article_4.html

(途中から)
【捏造慰安婦がケバケバしく復活】

「15歳と13歳だった姉は暴行されて殺されました。私と4歳の妹は、こわくて泣き叫びました。銃剣で3カ所刺されて、私は気を失いました…」(学び舎中学生用歴史教科書)

これが南京攻略戦に関する教科書の記述だという。大村・佐藤“あいトリ密約発覚”の衝撃が冷めやらぬ中、文科省の教科書検定で反日捏造史観が大手を振って復活していることが判明した。
▽南京攻略戦を「事件」扱いする記述一覧(産経)

「沖縄を『捨て石』にする作戦だった」

余りにも歪んだ沖縄戦の捉え方だ。沖縄に展開した牛島満中将閣下率いる我が陸軍第32軍は、激しい艦砲射撃を避け、首里市を元とする内陸部での持久戦を選び、鬼神のごとき勇猛な戦いを続けた。

持久戦を本土決戦の“時間稼ぎ”と看做す史観は以前からあったが、「捨て石」が連呼・強調されるようになったのは割と最近だ。偽りの民族対立を煽る沖縄2紙など反日陣営が好んで用いる。
▽陸軍特攻隊第72振武隊の勇士S20年5月26日

背景にあるのは、沖縄侵略を狙う中共のプロパガンダだ。一部の教科書が、存在しない「日本人vs沖縄人」の構図を作り出し、それを文科省が容認していることに慄然とする。

遥かな地で激烈な陸戦に挑み、散華された御英霊。沖縄を救うべく米艦艇の群れに突入し、今も坊ノ岬沖に眠る大和や二水戦の乗組員に申し訳なく思う。彼らこそが沖縄県民が逃げる時間を稼いだのだ。
▽猛攻を受ける軽巡「矢矧」S20年4月7日


「戦地に設けられた『慰安施設』には、朝鮮・中国・フィリピンなどから女性が集められた(いわゆる従軍慰安婦)」(山川出版中学生用歴史教科書)

平成16年の検定を最後に消滅した「従軍慰安婦」の記述も蘇った。今更、説明する必要もないが、フェイク戦記で荒稼ぎした千田夏光で、ポルノ映画のタイトルである。
▽昭和49年に公開されたポルノ映画

以下略
………………
萩生田さん、何をしてたの❗と言いたい。

2020/07/02 (Thu) 07:33

ナポレオン・ソロ  

>彩稀さん ソロです
>>文科省の逆襲を許した萩生田さんへの怒り
現状を訊くと、御怒りはご尤もです、然し、戦いはまだ始まったばかりだとも言えます、色々先手を打たれたのには、閣僚人事の内容を知っていたからで、安倍政権の内部に、文科省に通じる輩が居る可の為政が高い。 何せ、全閣僚、官僚、議員に占める東大卒の比率は、驚くほど高い筈。 萩生田さんが、敵の多い人なら、何とか、味噌を着けてやろうと、色々情報をリークするでしょうからね。

其れでも、乗り越えて自分の使命を果たさきゃ有望な政治家とは言えませんが、若い裡の蹉跌ですから、良い薬になるでしょう。

東大閥徒も云うべき集団が、各界に居るのが明治以来の日本のエリート層の状況でしたが、今でもそれは変わっていない部分が多いのかしらん? 唯、戦後は教授陣が全て左巻きになったので、日本の大学教育界の中枢部が腐って居たわけで、そんな中でも、多くの優秀な官僚や司法官を輩出したのも間違いではありませんので、東大=悪の巣窟ではないでしょう。

然し、世に評判の悪い四務省を軽く飛び越して、省庁改革が一番必要だと言われる文科省ですが、ピーチ前川喜平の、事務次官退職理由が、省益確保の為の天下り先の大学との癒着ですから、彼に、背私向公の精神なんて無く、殆ど確信的にその真逆だと思いますね。

2020/07/02 (Thu) 12:36

彩希  

To ナポレオン・ソロさん

この前、小坪さんのコメント欄で最近のJKはカラオケで「君が代」を歌うと書いてた人が居て、先ず起立して国歌斉唱から始めるのかなと思ったら可笑しくて。もしかして学校が君が代歌わさない学校だからかも知れない。だとしたら凄~い、日教組粉砕してるやんw と頼もしく思いました。

その子達はどうか知りませんが、ネットやってる若い子って自虐史観にまみれてなくて、うちの甥が高校生の時から「日本は何も悪いことしてへんで」、憲法改正して核武装せなあかん。などと言ってたので教科書がどうでも先公がどうでも最近の子達って惑わされたりしないのかなと思ったりもします。私、君が代がどうの、憲法がどうのと、あの頃考えたこと全くなかったです。確実に日本人は進化し続けていると思います。

2020/07/02 (Thu) 17:11

さくら  

日本人よ立ち上がれ

あの組織もこの組織も反日ばかりで嫌になりますね。
おばちゃんは現場の人間が勝手に~って仰いますが、現場の人間に最終決定までの裁量があるわけないので(あるならそっちのほうが大問題)上層部まで真っ黒なのでしょう。
「まともな普通の日本人」なんてのは組織の中で絶滅してしまったのでしょうか。
日本人よ、もっと勉強して東大を出て出世しましょう。
競争に勝たずして組織を変えることはできません。

2020/07/02 (Thu) 18:08

Leave a reply