8月15日以降にも、卑劣な連中は悪逆の限りを尽くしたんやと、ちゃんと子供にも教えなあかんな。

パンチ小


 今日は送り火を焚いて、我が家のお盆の行事は終わりました。たまたまでしょうけど、お盆が終わる日が終戦記念日の翌日というのも、日本人が敗戦を感傷的に受け止めてしまうことにつながっているような気もしますね。

 惠隆之介さんが「チャンネル桜沖縄支局【沖縄の声】75回目の終戦記念日、アジア諸国は日本に感謝/大東亜戦争は不可避だった/一海軍パイロットの恋人への手紙[桜R2/8/14]」で、「今の日本は沖縄化してる」と言うてはりました。「悲劇だけをピックアップして、ほらあ大変だろう、大変だろう、とばかり言い、何のために戦争をやったのかを言わない」と。「先達が自存自衛のため矛をとって立ち上がった大義を忘れ、戦争の悲惨な部分だけ抽出して自虐史観にブーストをかけている」ということや、と。その通りですね。

 とは言え、最近ではテレビや新聞はウソや偏向ばっかりということが、特に若い人たちにはだいぶわかって来て、昨日の靖国神社でも、若い人の姿が多かった、という人もいます。まあ希望的観測かも知れませんが。また、あの戦争は何やったんや、ということも、いろんな角度から、いっぱい情報が出て来てるように思います。

 一昨日(8/14)の「ロシア駐日大使館の、とんでもないツイート。日本人にケンカを売ってるとしか思えへんで、これ。」の記事へのコメントでsanaさんが、映画『氷雪の門』について教えてくれてはりました。私はまだ観てませんが、是非観たいですね。ソ連軍が8月20日にいきなり攻め込んで来た時の、樺太・真岡(まおか)郵便局に勤務していた電話交換手の若い女性たちの悲劇の物語です。

 そしたら私が入れて貰うてるメーリングリストでは、占守島(しむしゅとう)の戦いについて紹介してくれてはる投稿がありました。これは、8月18日~21日に、千島列島東端の占守島で行われたソ連軍と日本軍との間の戦闘ですね。もちろん、最後には日本軍が武装解除されるんですが、日本軍がここで踏ん張ってくれたおかげで戦後日本は、ドイツみたいに分断されずに済んだ、と言える、めっちゃ重要な戦いやったわけですね。教科書には載ってませんね。

 私は「覚醒」するまでは、「戦争もの」は大嫌いでした。「ガダルカナル戦記」とか、もう何でボロ負けの惨めな戦争の話をわざわざ読まなあかんねん、という感じですね(すみません)。戦後教育の優等生でしょうか(笑)。せやから私は子供の頃からずっと、日本は「玉音放送」に粛々と従って、8月15日をもって武器を置いて、静かに引き揚げて来たんや、というイメージを持っていました。

 実は何と、8月15日以降にあらゆるところで悲惨なことが起こっていたわけですね。一方でアジアでは、現地の人たちと一緒になって独立のために戦いを続けた日本人もいてはったことも知らんかったわけです。これからはこういうことをこそ、どんどん教えていかなあかんな、と思います。

 ところで天皇陛下の終戦記念日のお言葉には今年も「反省」の語がありました。やっぱり悪かったんは日本人の方なんや、としておきたい人間が、宮内庁の中にはまだおる、ということでしょうか。こんなあいさつはもうやめにして、むしろ「反省せなあかんのは、戦争に負けたこと」とみんなが言えるような日がいつか来るんやろか。

 今の今でも私ら日本人は、まだ負ける続けてるということを、ホンマに認識せなあかんと思いますね。政権の中枢にもスパイもしくは利敵行為を平気でする奴らがうじゃうじゃおる状態ですからね。そういう意味では、ホンマに反省せなあかんことはまだまだいっぱいありますね。

 ご先祖様のことをずっと大事にしてきた日本人の心は、どうも縄文時代から続いてることがわかって来ています。今は武漢コロナウイルスのせいで、世界中がとんでもない状況になっていますが、逆にこれを好機と捉えるぐらいのた逞しさで、日本を「強い国」にして行きたいものですね。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=iCod6MyRegU
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1128.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


 ← ソ連、ロシアは今も昔も卑劣やと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 2

There are no comments yet.

さくら  

世界平和のためにテロリストに勝たねばなりません

おばちゃんさんへ
いつもこのサイトで勉強させてもらっています。

おばちゃんさんは既に確認済みかとは思いますが
余命三年時事日記にて衝撃の強い更新がされています。
米国の複数のテロリスト名簿に日本の司法従事者対象の労働組合がリストアップされているようです
さらに余命さんの記事ではテロリストの本拠地が日本の最高裁の中に組織されていると書かれています。

日本の司法の問題点については日々余命さんが暴いてくれていましたが
遂に米国にテロリスト指定までされてしまうとは驚きを隠せません。
Google検索ではこの情報の真偽を確かめることはできませんでしたが、余命さんが仰るからにはかなり確かな証拠があるのだと思われます。

過去の記事には反日分子の米国テロリスト指定を国連に妨害工作されているとの記事も上がっていました。
通常の外交ルートとは別の方法で米国のテロリスト指定にこぎつけたのかもしれません。
米国内の関係機関(トランプさん経由?)との協力で達成したものと思われます。

米国でテロリスト指定されると日本でもスライド式で指定となり、資産凍結等の処分がありうるので
これから司法界にどんな混乱が起きるのか注視しなければなりません。

2020/08/17 (Mon) 11:11

ナポレオン・ソロ  

>終戦記念日に慰霊の行事を行う意味
勿論私論ですが、この日がお盆の慰霊を行うに、最も適した日で有ると、故郷を遠く離れて生活している私は殊更に思います。

私が小学生の頃には、未だ周りには戦争経験者でも、戦闘経験者が沢山いましたから、ちょっとした契機で仲良く話をする様になると、外地の色んな話がきけましたね。

然し、戦闘の話になると、中には途中で話すのが辛そうで、訊くのを止めた事もありました、けれど、共通していたのは、皆、自分に与えられた持ち場を護り、使命を果たす為に、極、普通の人が本当に命を捨てて戦い抜いたと言う事を、覚ええといてほしいと言う事でした。

そんな人達が、異口同音に云っていた事が「死んだら、靖国神社で会おうだったが、あえるかなぁ」でしたね。その時は、気持ちが分りませんでしたが、そのおじさん達の歳を超してしまった現在になったら「生き延びた」よりも「死にそびれた」と言う無念さが、胸に迫って来ます。勿論荻さんたちは一人残らず、あの世に逝きましたが。

終戦後の占守島の激戦の話は、読んだ事が有ります。

あのハザール人庇護で有名な、樋口季一郎少将率いる、再武装した日本軍が、圧倒的な数を誇るソ連軍のラーゲリ部隊「=囚人部隊」と、此方側の弾薬・燃料が尽きる迄の約4日間交戦して、相手部隊は、粗、壊滅状態になったお蔭で報復戦は、ごく僅かで済んだそうです。

ソ連側では、満州守備隊と比べて、余りの違いに北海道の占領を諦めたと言う話ですから、「本土を守り切った」と言う意味で、陸軍の面目躍如だと云えましょう、それでも、北方四島は守り切ったのに、ロシアはそれを認めないのです信じる方がバカだと言う他は無い、未来永劫、ロシアとは、信頼関係者は結べないでしょうね。

2020/08/17 (Mon) 12:32

Leave a reply