古事記、日本書紀をないがしろにする今の歴史学会では、とても日本人の精神は解明でけへんな。

自転車小


 産経新聞に「話の肖像画」という連載企画があります。今月は、静岡大教授で文化人類学者・楊海英(ようかいえい)さんが登場してはります。南モンゴル出身で2000年に日本に帰化してはります。幼少の頃に文化大革命が始まり、波乱万丈の人生やのにまだ55歳、と。まだ連載中ですが、昨日(8/29)の記事の中に、思わず「あっ」と声を上げそうな記述がありました。

 国立民族学博物館の大学院生として研究生活をしていた頃、その民博が、当時の文科省の科学研究費補助金(科研費)をもらえることになり、大規模な現地調査をすることになった、と。そこで楊さんは、「通訳」という役割で参加をさせてもらえた、ということやそうです。私が驚いたのは次の記述です。
 ユーラシアの遊牧民には英雄叙情詩を語る文化があります。語り手が天幕に人を集め、チンギスハンやアレキサンダー大王などの壮大な物語を延々とそらんじる。長い物語だと数カ月間も語り続け、そういうときは「今日はここまで語るよ」とあらかじめ区切って、1日2、3時間、何も見ずに即興で語るんです。語り手は大変尊敬されていますが、ほとんどの人が字を読めない。読めると物語の内容を書いて残し、それを記憶して頭の中で読むから情報量が限られてしまう。字が読める語り手の調査を行ったことがあるのですが、その物語は圧倒的に短かったですね。
 ひええー、これって、日本で言うたら『古事記』のことやんか、と思いましたね。一応私らの年代では、稗田阿礼(ひえだのあれ)の口伝を太安万侶(おおのやすまろ)が記録した、ぐらいの感じで習うた記憶があります。今調べたら、既に書かれたものを謡習したものを記録した、ということのようです。ちょっとややこしいな。私が言いたかったのは、日本人の歴史は、最初はユーラシアの遊牧民と同じ口伝えやったんとちゃうか、ということですね。
 遊牧民は語り手以外の普通の人も記憶力がすごい。一家の祖先の名前とそのころの一族の状況も代々、語り継がれているんです。モンゴル人は7代くらい前までで、私も子供のころまでは頑張っていました。カザフ人はすごくて27、28代前の祖先まで遡(さかのぼ)っていける。文化人類学では1代を20年と数えますので、カザフ人は500年以上前の1500年代、日本でいえば室町時代に自分の祖先がどこで何をしていたか、ごくふつうのおじいちゃんがすらすら話す。
 稗田阿礼より、もっと多くの情報を持っていた日本人が当時、他にもいっぱいおった可能性はありますね。そしたら産経新聞で、宮崎正弘さんが寄稿してはったのを思い出しました(明智光秀は本当に謀反者だったのか 戦後歴史学に異議あり!)。
光秀は、これまで「主殺し」「謀反者」という評価しかなく、英雄とはおよそ無縁の武将として過小評価されてきた。その最大の理由は、豊臣秀吉が右筆たちに命じて明智光秀を極悪人と描く情報操作を展開した結果、徹底的に誤解されてきたためだとわたしは考える。
 宮崎正弘さんはだいぶ前に『明智光秀 五百年の孤独: なぜ謎の武将は謀反人と呼ばれたのか』を出してはりますね。明智光秀が本能寺に蹶起(けっき)する前々日、眼下に本能寺を見下ろす京都・愛宕山の愛宕神社で催された連句会で詠んだ句の話です。
 「ときはいま 天(あめ)が下(しも)しる 五月かな」
 「あめがしもしる」を「雨が降って寂しい心境」などと解釈するレベルは論外である。古事記、日本書紀に頻出する「天の下」「しらしめす」とは天皇の統治を意味する。「天皇親政」をうたう『神皇正統記』と『愚管抄』のバックボーンとなる思想を紡ぐ言葉である。光秀はこうした教養を前提に、「しもしる」という言葉を選んだのだ。
 いやあ、歴史は面白いですね。宮崎さんは今の歴史学会を痛烈に批判してはります。今の歴史学者から、なんでまともな評論が出て来やへんのかとして、3つあげてはります。
 第一に歴史学界、歴史論壇には一種独特な「空気」があり、学閥が蔓延り、学者らは視野狭窄(きょうさく)に陥っている。
 第二に戦後の歴史学者の多くがじつは古事記、日本書紀を読んでいないか、もしくは一読しただけで済ませているという知的貧困である。だから「天が下しる」の意味が理解できない。知的劣化である。
 第三が神話の位置づけだろう。古事記にみられるような神話を評価しない思考回路では、光秀の志を理解することもできない。また、合理主義の影響を受けすぎた現代歴史学は科学的・客観的事実のみに重点が置かれ、資料読みが専門の歴史研究者は文献の解釈のみという視野狭窄に陥りやすい。光秀に汚名を着せるための、秀吉がなした歴史改竄を見抜くことができないのだ。
 そうや、今の私ら日本人はみんな、秀吉の歴史改竄をちゃんと見抜かなあかんのや、というわけですね。上の「第一」の理由の説明の中の、次の文章には思わず膝を叩きました。
東大法学部の大物学者が言い出した間違いだらけの憲法解釈は弟子達によって今なおばらまかれ、内閣法制局や最高裁判所にまで影響を及ぼしている。
 宮澤俊義の「八月革命説」のことですね。いやあ、いろんなことがつながってるんですね。今の日本人の精神的な劣化を、何とかして食い止めたいもんですね。

【文中リンク先URL】
https://www.sankei.com/life/news/200829/lif2008290004-n1.html
https://special.sankei.com/a/life/article/20200821/0002.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 古事記、日本書紀をないがしろにしたら日本人のことはわからんと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 3

There are no comments yet.

ossann147  

東大法学部の憲法学者は学者の名に値しない。

学者の使命は正しく事実を見究め、真実を明らかにする事にあります。
然るに東大法学部教授を筆頭とする日本の憲法学者は、歴史的な事実に目を瞑り、全くの絵空事を平然と主張する曲学阿世の徒です。

そもそもGHQによって押し付けられた日本国憲法は、その成立の過程から憲法制定権力者が日本国民ではなく、日本国を占領していたGHQが主導して作成させたものであり、その成立に係わった僅かな数の日本人も単に語句の一部を修正させただけの存在であり、実質的に無効な物であります。

憲法制定権力が日本人に無かったことの証明は、彼らが作ってくれた日本国憲法において明確に禁止されている検閲を、占領期間中の長期に亘り大規模に実施していた事からも明らかです。
要するに、日本国憲法の上位にGHQが存在していたという事です。

これ程明らかな事実に目を塞ぎ、憲法学者を名乗って偉そうにしているのが日本の憲法学者です。
文系の日本の学者の世界に於いては、指導教授の主要な学説に疑義を唱えると学者生命を絶たれるに等しい扱いを受ける傾向が有り、東大法学部ではそれが顕著にあります。
要するに、自らの飯の種を維持するために、間違っている事が明らかな事実に目を塞ぎ、しょうもない学説を唱えて偉そうにしている哀れな存在が東大法学部憲法学者だという事です。

2020/08/31 (Mon) 06:34

ナポレオン・ソロ  

>Ossan147さん ソロと申します
憲法学者は曲学阿世の徒、と、言うご指摘に全面賛同致します、否、日本の文系学者層は、憲法学者に限らず、魚の鯛の様に頭から腐る様で、戦後日本の文系学識研究者に対する評価の中に、学問に対する敬意の成分が欠落している、所謂「金にならない事は、無価値」という、西洋的な低劣な価値観があると、思いますね。

この辺りの、価値観の押し付けを、唯々諾々と受け入れたのが、誇り無き文系学者なのでしょう。 当に「貧すれば貪す」で、維新期に日本の国学のリビジョンが流行って、史上に名を遺す高名な複数の学者達が、良い仕事を遺して居るのに、それを現代に受け継いで、次代に引き継ぐと言う、学者として最低限の仕事すらしていませんね、恥を知るべきです。

この改革はそれこそ「日本を取り戻す」為には、必須の事でしょう。特に、歴史学においては、白人の歴史コンプレックスに阿って、明らかな史実無視であったアメリカ・インディアン2500万人の虐殺を、何十年も放置して来たから、有りもしなかった従軍慰安婦の強制連行~軍管理下での不正な売春行為など、調査したが、証拠が無かったと、言っただけで「歴史修正主義者」というレッテルを貼られて、日本に帰ったら、法律違反の倒閣運動をされました、安倍さんの第一政権下での話ですね。

この時「歴史学会は」とやらは、一切の弁護なしでしたね。一体、何処の国の「歴史学会」なのでしょう。 あの時、日本の文系学者の知性は死んだと絶望的な気持ちになりました。

日本の知性が西洋並みに、然も、文系後進国の米国並みになり下がった瞬間でしたね、維新の傑物薩摩の村田新八が喝破した「西洋には、学ぶべき処は何一つない、維新をやったのは失敗だった」と言い残して、大久保利通を遺して単身帰国し、全ての政府の仕を辞めて、薩摩の西郷の元に帰ったと言うその気持ちが分ります。

「貧しようとも、貪る恥は耐え難し」ですね、この心意気が今の東大の学者共に欠片でもあるものか、敬意とは反対の感情しか湧いて来ませんね。

2020/08/31 (Mon) 18:28

素浪人  

日の丸の意味が分かってない、壮絶に莫迦な現代ニフォン人

今晩は。

江戸時代の寺子屋は実学中心だったそうですが、一般教養的に神話からの國史を教えていた所も普通に有ったと聞きますね。故にお天道様=天照大御神、ということは子供でも知っていたであろうことは容易に想像出来ますね。そして国旗としての日の丸が制定されたのは明治に入ってからですが、当然、一般民衆と言えども、日の丸の太陽=天照大御神、という連想は出来たでしょうから、莫迦な現代ニフォン人みたいに、日の丸の太陽の部分に字を書いたり絵を重ねたり、という不遜は考え付きもしなかったのでしょうね。よく分かる事例は戦中以前の出征旗の寄せ書きでしょう。例外無く日の丸の太陽には決して何も書いていません。書いてある旗を愚生は見たことは有りません。先人の常識はこと程左様に素晴らしいものです。現代ニフォン人は猛省すべきです。

2020/08/31 (Mon) 21:59

Leave a reply