中国ズブズブのバイデン氏が、何で大統領候補になれたんや?米国民も、大阪市民も正しい選択を!

指差し小


 日本のマスゴミは全部「中国」に支配されてる、というぐらいの危機感を持たんと、めっちゃ危ないですね。いちいち怒ってばかりでは、どないもならへんのですが、まずは事実をしっかり広めていかなあきませんね。一昨日(10/8)の国会質問についてのNHKの報道は、とんでもなく酷いもんでした。青山繁晴さんがカンカンです(NHKよ、日本学術会議をめぐってのこういう切り取りは、国会審議への冒瀆です)。
▼護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 ) の執行部の一員、常任幹事の山谷えり子参議院議員がきのう10月8日木曜の参院内閣委員会で、日本学術会議をめぐって質問され、「学術会議は安全保障をめぐる研究を否定しながら、平成27年に中国の科学技術協会と相互協力の覚書を交わしている。日本の平和を守るための研究にはブレーキをかけつつ中国には非常に協力的だ」という趣旨を問われました。
 これは、中国が科学技術研究を軍事利用に直結させていることを踏まえた、本質的な質問です。
 ところがNHKは、山谷えり子議員の他の質問の報道はしながらも、肝心のこの部分についてはバッサリと切り取って、報道しませんでした。「中国」に忖度してることは明らかですね。一体どこの国の放送局やねん、といつもの罵倒がネットでも流れてますが、もうええかげん、日本国民もわかってきてるんとちゃうか、と思います。

 そしてアメリカでは、国の中枢が「中国」に深く侵されていることがはっきりわかる「映画」?がネットで公開され、その日本語版字幕付きの動画が流されていて、大騒ぎです。宮崎正弘さんの今日(10/10)のメルマガの読者投稿欄で、日本語の字幕を作ったという藤井幹久さんが紹介してはりました(ドキュメンタリー映画「ドラゴンに乗って:バイデン家と中国の秘密 (原題: RIDING THE DRAGON: The Bidens' Chinese Secrets)」【日本語字幕版】)。

 もうビックリ仰天の動画です。全編映像とナレーションで、その字幕を追うだけで全部わかります。YouTubeの説明文をコピペしておきます。
この映画のもとになったのは、ベストセラー作家ピーター・シュワイツァー氏による、バイデン一家の汚職に焦点を当てた著書『秘密の帝国(Secret Empires)』。シュワイツァー氏は、ヒラリー・クリントン夫妻の疑惑に迫った『クリントン・キャッシュ』を執筆したことで知られ、バイデン氏の息子ハンター・バイデン氏による中国でのビジネス取引について記事を執筆してきました。
映画の中では、バイデン一家が中国人民解放軍を間接的に支援してきた可能性など、バイデン氏にまつわる数々の疑惑が取り上げられています。
 実は細かいところは別にして、バイデンが「中国」ズブズブなのは私も知ってました。もう1年以上も前からネットでは常識、やったような気がします。せやから問題なのはこの内容ではなくて(いや、それは重要やけど)、これだけはっきりした事実があるのに、何で堂々と、しかも何とアメリカ大統領の選挙にまで出て来られるんや?ということでしょう。

 オバマ時代の副大統領という地位を利用して、何の実績もない自分の息子を、次から次へと「中国」との合弁ビジネスの大企業の要職につけて、とんでもない金額の報酬を得ていたことがわかってるわけですからね。こんなことが合法的にできるやなんて、それ、誰が考えてもおかしいやん、という話ですね。

 よう考えたら今回発覚した日本学術会議にしても、えらい前から共産党が牛耳ってたことがバレてきましたね。きっと、中には地味ながらも世界に貢献するような研究をしはった人もおったかも知れんし、地味やから報われへんけど、そんな人も、国としてはきちんと報いるんや、という美しい面も、「もしかしたら」あったかも知れません。

 せやけど、やり過ぎたな、ということですね。ずっと共産党とその一味が調子に乗って好き放題してきたから、とうとう後戻りも修正もでけへん状態になってしもてて、そこを突かれてしもてる、ということでしょうか。どうもこの先は「廃止」一択のように思われます。まあ、あちら側も必死に抵抗して来るやろうけど、国民が許さへんやろな、ここまで来たら。

 がっすん(菅さん)、やっぱり策士やなあ(笑)。保守系の論壇の人たちも、今のところはドギマギしながらがっすん(菅さん)のことを見てるように思います。今のところはまだ、何を考えてはるんかようわからん、ということですね。

 せやけど世界の流れは間違いなく、米中戦争はアメリカの勝ちになるということやと思います。いつ、どの程度?というのは誰にも予想が付きませんけど。

 そして大阪ではインチキ「都構想」、大阪が2025年までの間にボロボロにされてしまう大惨事が刻々と近づいてきます。昨日も書きましたが(大阪市内に「都構想反対」の看板を掲出します。お金がかかります。どうか、ご支援をお願いします!)、歴史と伝統ある大阪市を廃止、解体するだけでも最低240億円かかる、と。

 この数字は5年前には500億円と言われてたものが、「バージョンアップ」したら減らせましたって、それ、ウソに決まってるやんか。ごまかしがいっぱいあります。これからますます貧乏になる、大阪市民、自分で自分の首を絞める住民投票、アホな選択だけはせんとってくださいね、という意味を込めて、看板というか、横断幕を掲出することにしました。

 昨日からまだ1日しか経ってませんが、カンパに応じてくれはる人が続々と(ホンマか?笑)現れて来はりました。ありがとうございます!まだまだこれからです!それでもあと22日、自分にできることを精一杯やっていきたいと思います。まだの方はぜひ、応援してください!

【「大阪都構想反対」の看板掲出にご協力ください】
 この画面の一番下の方の「私に直接メール」に、メールアドレスを入れて送信してください。折り返し、振込先を返信させていただきます。クラウドファンドではないので、「銀行振り込みのみ」の対応です。必要であれば領収書も発行できます。

 こちら ↓ に直接メールをいただいても結構です。よろしくお願いいたします。
■直接メールアドレス:
gekioko@logoslabo.co.jp

【看板(横断幕)予定原稿】
都構想反対看板改
 掲出場所は、近日中にお知らせします。

【文中リンク先URL】
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=2198
https://www.youtube.com/watch?v=Dy7U9rbOv84&feature=youtu.be
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1187.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← アメリカ国民も大阪市民も、正しい選択をと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 5

There are no comments yet.

彩希  

🔻ジョー・バイデンはユダヤ人の家族に囲まれている : 無敵の太陽
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68827463.html

さっき黒木さんのブログが新記事に変わっていたので読んだ所です。バイデンが連邦上院議員になったのは30代なんですって。何で、こんなのが当選したんだろうの裏話が書かれていたので良ければどうぞ。黒木さんは本当にユダヤ人の事をよく書かれています。アメリカって移民国として強大になって行ったわけですが、もういわゆるアングロサクソンとかゲルマン系とかの純粋白人がどんどん少なくなって行ってるようで、有色人種が支配する国になってしまったらアメリカってどうなってしまうんでしょうね。ゆくゆくはアメリカはユダヤ人が支配する国になってしまうかも知れませんね。

多民族国家になんかなるものではありませんね。日本人は単一民族国家でいたい、日本は日本人の国なんだからと言う意識を持ち続けないとアメリカみたいに食い荒らされる国になってしまいます。

2020/10/10 (Sat) 21:24

彩希  

いつ読んでも怖気をふるう侵略民族の腹黒い企みを載せて注意と警戒を喚起させて頂きます。

💥「裏社会は我々在日韓国人が制圧した」 民団広島支部 魯漢圭

【民団新聞】 地方参政権勝ち取ろう

裏社会は我々在日韓国人が制圧した。政官財界を侵略するパチンコ経済力は 日本経済の2割に相当する。地方参政権によって 地方都市を次々と我々の 支配下に置き、「朝鮮 進駐軍」として軍事力を手に入れ、日本から独立した、世界で最も豊かな国家を手に入れることが出来る。在日朝鮮人の奴隷状態下の 日本人は、在日国家の奴隷となり、在日朝鮮民族はアジアの頂点に立つことが 可能となり、半島と日本を実質支配する」

…『今や創価学会や統一協会など宗教界や年間30兆円のパチンコ業界・消費者金融業界・風俗業界・ラブホテル業界を在日は掌握したよ。全国の駅前も在日が握っている。宗教やパチンコで儲けた金で、駅前の一等地を買い制覇するつもり。

外国人参政権も達成する為、工作しているよ。日教組の上層部は我々在日が制覇して、日本人の子供には我々の歴史観を徹底的に教育する。日本海の名前も東海に変える。靖国も徹底的に叩く。日本の永住権取得も緩和させ、移民を多く受け入れアホな日本人は30%ぐらいにする。

反対するなら「差別!差別!」と騒ぐ。今の時代は戦争で侵略するような時代じゃないんだよ。我々はあくまで合法的に日本を侵略してるんだ(笑)芸能界もほとんどが在日プロダクションだし、新人なんか体売るか、創価に入信しないと仕事は与えない。
我々は日本への帰化など望んでいません。日本の兄の国である韓国国民としてのプライドと誇りがありますからね。民団総連日本の市民団体の方々とともに手を組んで我々寄りの議員をどんどん送り込んでいきますよ。

当然我々寄り議員は韓国にメリットの大きい条例や法案を作ってくれるでしょう。60万在日のパワーを見せつけてやります。 コリアン特区コリアン自治区を日本全国に広げます。 この条例成立がそれを証明しているでしょ?あとは日本中の在日コリアンコリア系日本人を総動員し日本中の都市街で投票条例を得る。マスコミは我々が大勢でちょっと大きな声をだしてやるだけですぐに動きますからね。この条例成立がそれを証明しているでしょ?

あとは日本中の在日コリアンコリア系日本人を総動員し日本中の都市街で投票条例を得る。公務員にもなる。 最後は参政権【日本の主権】を手中に収めます。住民票を移したり引っ越しだってやりますよ。対馬にだって後ろには民主党 ,公明党がついてます。 独島も実質的に我らのものになっていますし強制連行や従軍慰安婦も事実として認められました。

今からこれからですよ。対馬も韓国のものになるでしょう。広島・静岡の首長は帰化した同胞。 もう日本による歴史歪曲や妄言や差別はたくさん。これからの日本の主人は我々コリアンです。

どうせあなたたちは何も出来やしない。

パチンコ・携帯電話 で我々に貢ぐだけ。

デモの1つもできない。結婚も出来ない。

我々は日本人の主人として日本を変えていく。

あとは我々に任せてあなたたちは消えなさい。

民主党 はわれわれの党。

地方参政権があれば、実質日本国内に在日の独立国を建国することが可能。半島からのニューカマーを、引き入れて日本人を追い出せば誰も、手出しできない。治外法権の在日独立国家を完成させることができる。

まずはカナダのケベック州の様な、特別州を作り出すのが在日の当面の目標で、そのための今最も力を入れてるのが、地方参政権獲得闘争の完全勝利。 それは確実に実現へと近づいている。在日の地方参政権獲得で表社会を制圧。 既に裏社会は殆ど支配下に置き、その暴力と経済力を背景に日本の政官財界を侵略する。

60万在日の経済力は日本経済の2割に相当し、それは実に韓国の経済力の2倍という凄まじい物だ。
経済力に加え、地方参政権によって政治力も手に入れ。やがては軍事力も手にした日には完全に日本から独立した。世界で最も豊かな国家を手に入れることが出来る。 もはや完全に在日の奴隷状態の日本人には、在日国家の軍門に下って貰うことになる。

こうして、在日朝鮮民族はアジアの頂点に立つことが可能となり、半島と日本を実質支配する。アジアでもっとも強固な支配階層、特権階級となるだろう。

➖大韓国民団広島支部 魯漢圭 (民団新聞2004/06/30 )

2020/10/10 (Sat) 22:00

薄命  

民団新聞『地方参政権勝ち取ろう』(魯漢圭)のオリジナルと改変

民団新聞2004/06/30の『地方参政権勝ち取ろう』(魯漢圭)という記事には、オリジナルと、何者かが大幅に改変したものがあります。

インターネットアーカイブ (Internet Archive) は、収集した多数のウェブページのコピーを保存しており、それに含まれていれば、過去にさかのぼってそのウェブページのコピーを見ることができます。
https://web.archive.org/

2004年9月23日に収集された、民団新聞2004/06/30の『地方参政権勝ち取ろう』(魯漢圭)のウェブページのコピーがあります。
https://web.archive.org/web/20040923001218/http://www.mindan.org/search_view.php?mode=news&id=3146

3か月足らず後に取られたウェブページのコピーなので、これがオリジナルの記事と考えられます。

それに比べて、ネットに出回っている「裏社会は我々在日韓国人が制圧した。」で始まるバージョンは、内容が大幅に異なり、民団新聞のウェブページのコピーなどの証拠がまったくありません。何者かが改変したバージョンがコピー&ペーストされて流されていると見られます。

上の、2004年9月23日にインターネットアーカイブに収集されたものから転記します。

* * * *

<広場>地方参政権勝ち取ろう 魯漢圭(広島市)  2004-06-30

 長い年月を費やして民団は、地方参政権運動を展開してきたが、いまだに実現していない。

 残念でならない。参政権は納税の義務を負うわれわれとしては、当然の権利だ。

 地方自治体の意見書採択率は47%で、人口比率からすると実に78%にのぼり、もし世論調査をするとしたら、人口比率程度の割合になるのではないかと推測される。このような状況のなかで、国会で立法化されない理由ははっきりしている。

 自民党が反対するからだ。政権政党が自民党である限り、恐らくこの問題はクリアできないとみて、運動方針を転換する必要があるのではと思う。

 自民党を除く他の政党は賛成しており、公明党もこの問題で頑張っているが、自民党の強い反対に押し切られ、最近は影をひそめている。

 そこで、民主党に政権をとってもらい、民主党の政権下でこの問題を解決していただくのが早道だと思う。

 民主党のマニフェストにも永住外国人の地方参政権付与については賛成している。昨年11月の衆議院選挙で破れたものの、議席を増やし善戦している。

 民主党の政権獲得まであと一歩だ。来る7月11日の参議院選挙がある。地方参政権獲得運動の一環として、民主党を総力をあげて応援しようではないか。

 われわれ外国籍の者は、政治献金は公職選挙法に触れるが、投票をお願いすることは違法にはならない。

(2004.6.30 民団新聞)

2020/10/11 (Sun) 02:21

彩希  

To 薄命さん

改変ですか。なるほどね。実は私、何ヶ月か前にスマホが故障してデータをSDカードに移せないというドジをやってしまったので、いっぱい入れてた資料?が無くなってしまい、もう随分前から残していた魯漢圭の文も消えました。ですから探してみて、たまたまこれを引用したのですが確かに長いなとは思いましたが、私が持っていた方が省略された物かも知れないと思いました。確か、ケベック州云々はあったと思います。なるほど、ネットではよく知られてしまっている事まで、ついでに書き加えたのかも知れませんね。

この後に例の「スヒョン文書」も載せられていて今更読む気もしないので見なかったのですがスヒョン文書の方はネットで大量に拡散されたようなので内容の確認は容易に出来ると思います。何よりも在日が日本に居座り続け何をしたいのか日本人は警戒の目で監視し続けなければと思います。多民族国家のアメリカが社会混乱を起こされて差別だ〜人権が〜という暴徒達によって文化や歴史遺物などが、どんどん破壊されて行き、白人であることが罪みたいにされ口を噤まされ言論まで封じられているのを見ての感想です。

2020/10/11 (Sun) 05:11

日本を愛する日本人より一言。  

保守言論を楽しむ老人は日本には不要!

 世の中に正義は人の数だけあるというのが武田邦彦先生のご意見だと思う。ソ連、中国、カンボジア等共産党が過去1億人にもおよぶ自国民を殺戮したのも共産党にとっては正義なのだ。
 日本を良くするためには自分が正しいと思うことに対して行動することが大切だと思う。ブログ主の発言に対してアレコレ コメントを楽しむのも良いが行動が伴わなければ単なる個人のマスターベーショに過ぎない。
 私は自民党員且つ参政党員かつ日本第一党の支援者です。日本を変えてくれるかも?と思う人を支援します。
 ゲキ怒おばちゃんもその一人と思います。昨夜送金致しました。

2020/10/11 (Sun) 09:54

Leave a reply