まだ言うてる「トランプがバイデンに迫る」。せやからゴミと言われるんや、日本のテレビ、新聞。※追記

走る小


 私らみたいな一般の人間でも普通にネットで調べたら、なんぼでも世界の最新の情報を得ることができるようになって、ホンマにええ時代や、なんて喜んでる場合やないですね。日本のマスゴミのレベルの低さは、もはや犯罪的やと思いますね。ようそんなええ加減な話を、金を取って流せるなあ、とつくづく思います。

 あ、何の話やって?世界一重大なアメリカの大統領の選挙の話です。日本のほとんどのマスゴミが、いまだに「バイデン有利、トランプ追い上げ中」みたいな様子で報じています。日本の大新聞は、基本的にはアメリカのマスゴミと言えるメインストリームメディア(MSM)の報道のコピペしかしてへん、というのがようわかります。

 自分で勉強せえへん、取材もせえへん、自分のアタマでも考えてへん、というのがバレたら恥ずかしいという感覚もマヒしてるんやと思います。あー前置きが長うなったわ。
10月14日付のニューヨーク・ポスト紙は、一面トップ記事の見出しで、「バイデンの秘密のEメール: ウクライナ実業家がハンター・バイデンに、父親である副大統領との『面会の機会』につき感謝していたことが明らかに」と報じている。
 この記事は、幸福の科学国際政治局長の藤井幹久さんという人が「ザ・リバティWeb」に「米大統領選、バイデン大敗北は必至か? 息子ハンターをめぐる疑惑の証拠メールが暴露」というタイトルで書きはったものです。「幸福の科学」の雑誌のWEB版ですね。うーん、幸福の科学かい、というのは措いとくとしても、元ネタはアメリカの大衆紙(タブロイド紙)、「ニューヨーク・ポスト」の一面に載った記事です。あ、ニューヨーク・タイムスとは違いますよ。

 話の詳細は読んで貰えたらと思いますが、バイデンの息子、ハンター・バイデンが自分のパソコンを修理に出しときに、その中にあったメールが流出して、前から疑惑とされていたウクライナの実業家とのつながりがバレた、という話の証拠が出た、という話です。

 そしたらすかさずトランプさんがその記事をツイッターで取り上げて投稿したところが、何とツイッターがトランプさんのその投稿を削除しました、と。トランプさんはカンカンで、「ツイッターCEO、上院が召喚へ バイデン氏記事の拡散制限で」という事態になっている、ということやそうです。この記事はウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)ですが、WSJ自体はこの記事内容についての独自検証はしてないそうです。

 ツイッターに限らず、フェイスブックもしょっちゅうトランプさんの投稿を削除しますね。ネットと言えども、アメリカではGAFAはサヨクですね。ただひたすらトランプさんを貶める様は、ただひたすら日本と日本人を貶める日本のマスゴミと重なりますね。

 ただ、私はもう1年前にバイデンは怪しい、という話は書いていました(アメリカはもはや内戦中。バイデンは真っ黒とちゃうんか?民主党という悪は滅びて欲しいな。)。その中の私が書いた部分をコピペします(笑)。
 そしたら今日のメルマガで、北野幸伯さんが書いてはりました。
 <オバマ、バイデンの時代。私は2014年出版の「クレムリン・メソッド」の中で、バイデンの息子ハンター・バイデンが、ちゃっかりウクライナのガス会社「ブリスマ」の取締役に就任したことを書いています。5年経って、トランプが騒いだので出てきましたが、それ以前に日本でこの問題を書いた人はいませんでした。>
 ということは、北野幸伯さんは、2014年にいち早くハンター・バイデンの怪しさを本に書いてはったわけですね。うーん、物事には「タイミング」がめっちゃ重要やなあ、と思いますね。先日(10/10)書いた「中国ズブズブのバイデン氏が、何で大統領候補になれたんや?米国民も、大阪市民も正しい選択を!」の中で紹介した「(ドキュメンタリー映画「ドラゴンに乗って:バイデン家と中国の秘密 (原題: RIDING THE DRAGON: The Bidens' Chinese Secrets)」【日本語字幕版】)」を、もう一度貼っておきます。

 こういう情報が、日本のマスメディアでなくて、宗教団体のメディアから出て来るというのは、それはそれで深い深い闇?どこからどうお金が流れて来てるんか、不気味なものを感じますが、いずれにしても日本のマスゴミは逆に、情報には命をかけてへん、ということやと思いますね。恥ずかしいことに。残念なことに。

 ということで、ずっと前からわかってる人はわかってた、「トランプさんの地滑り的勝利」を祈ることにしましょう。

【追記(10/17)】
昨日(10/16)は新聞を読まずにアップしてしまいましたが、産経新聞の朝刊に「バイデン氏次男めぐり疑惑報道」という小さな記事が「ワシントン 黒瀬悦成」で出ていました。産経の有料記事になりますが、リンクしておきます。

【文中リンク先URL】
https://the-liberty.com/article.php?item_id=17679
https://jp.wsj.com/articles/SB11558895924352213554804587038980471431116
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-750.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1188.html
https://www.youtube.com/watch?v=Dy7U9rbOv84&feature=youtu.be
https://special.sankei.com/a/international/article/20201016/0004.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← もうトランプさんの圧勝やでと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 2

There are no comments yet.

邪馬壹国  

バイデン氏息子の疑惑

大紀元でも報じていますよ。
「米FBI、バイデン氏息子のパソコンを入手 ウクライナ疑惑関連のメールも」
https://www.epochtimes.jp/p/2020/10/63509.html

「フェイスブックとツイッター、バイデン候補の息子に関する記事を拡散制限」
https://www.epochtimes.jp/p/2020/10/63530.html

2020/10/17 (Sat) 13:45

橋下維新に絶対反対  

バイバイデーンならぬバイバイキーンのマスゴミ

激オコおばちゃん、先日の立憲民主党の大阪都構想反対ポスターは維新からも馬鹿にされているにも関わらず撤回する気は無いようです。立憲民主党的には理解しない方が悪いって感じですが、さすがに批判が多いため回収はしないが増刷もしないと中途半端です。
立憲民主党の朝鮮人が書いたイラストと下手なキャッチコピーで大阪都構想に反対する人はこんな人達ってマイナスイメージだけが一人歩きし、むしろ都構想反対に対する反対票を増やす逆アシストにしか見えません。

また、パチンコ屋の倒産を応援するブログでは、森友学園の文書改竄問題で財務省の赤木氏が自殺した件で上司が遺族に説明した経緯の音声データでは明らかに野党のパワハラによって精神的に追い詰められた結果であり、安倍元首相らの関与は全くなかったとの趣旨の発言をしていました。
NHKの10月14日午後6時過ぎの放送ではこの経緯は放送されたが、午後7時の放送ではシラッと赤木氏の自殺、文書改竄が野党のせいとわかる部分を削除して放送しているとの事で流石は犬HKと言われるだけはありますね。( *`ω´)

日本のマスゴミは、アメリカの話ではバイデン有利でトランプ大苦戦と報じバイデンの息子の疑惑は報道しない自由を行使、日本の話では立憲民主党、国民民主党、公明党、共産党、社民党や日本維新の会、大阪維新にとって都合が悪い話は意図的にねじ曲げるか無かった事にして日本国民を間違った方向へ誘導と、まるで特亜三国の御用マスゴミと化しています。しかもNHKは受信料を強制的に徴収するためテレビを購入の時点でNHK受信契約を強制的にさせたり、不払い者の情報を開示、取得出来るようにし、更に転居した場合の追跡まで出来るよう法改正を企んでいるとか( ゚д゚)

アメリカのトランプ大統領の再選と大阪都構想反対の成立で橋下維新一派とマスゴミを粉砕したいです。
大阪都構想の投票まで残り時間は少ないですが、何とか都構想反対を成し遂げましょう。激オコおばちゃんの看板、期待しています。
関連記事は下記参照です。

https://toua2chdqn.livedoor.blog/archives/57295451.html

https://pachitou.com/2020/10/16/%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%af%e9%87%8e%e5%85%9a%e3%81%a8%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%b4%e3%83%9f%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%8f%e3%83%a9%e3%81%a7%e3%81%97%e3%81%9f/

2020/10/17 (Sat) 19:40

Leave a reply