4人家族が分かれて生活したら、それぞれにテレビや冷蔵庫もいるやんか。コスト増は当然「都構想」。

パンチ小


 大阪もアメリカも(笑)昨日あたりからスゴいことになっていますね。あ、大阪とアメリカをいっしょにするな?いやいや、これから書きますけど、似てるところが多いんですよ、今回の話。

 毎日新聞が一昨日(10/26)「大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算」という記事を出しました。これはWEBページについては当初は会員専用やったんですが、あまりに反響が大きくて、毎日新聞は一般公開設定に切り替えはりました。

 もともとずっと前からいわゆる「都構想」を審議する議会で、市を4つに分けるんやったら行政コストが上がるはずやから、その試算をしてください、という要望を自民党側がずっと出し続けて来たにもかかわらず、市は出さへんかった、という背景がありました。

 一方地方自治体は、自分とこの税収だけで成り立ってるのは、実は日本では東京都だけなんですね。他の全部の地方自治体は国からお金(地方交付税)を貰うてるわけですね。そのときに、各自治体にどれだけ渡したらええねん、という計算式があって、それに基づいて毎年「基準財政需要額」を算定して、その金額を国から渡してる、という仕組みになってるわけですね。

 もし仮に、今の大阪市を4つに等分して計算したらどうなるねん?ということで、毎日新聞が大阪市の財政局に取材して、それがこの記事になったわけです。ええーっ、毎年218億円も余計にかかるんかいや、という話です。そして記事にはこうあります。
 「特別区にすると行政コストが200億円ぐらい増大する。地方交付税は増額されず、財源不足が生じる恐れがある」。2019年4月の知事・市長のダブル選の結果を受けて再開した同年9月の法定協。都構想に反対する自民の川嶋広稔市議は、独自で試算した数字を根拠に特別区の財政運営に懸念を示し、重点的に議論するよう今井豊会長に訴えた。
 ここに出て来る川嶋さんのことは前に「公明党、今からでも都構想反対に転じたらどうや?出した条件と違うやん。大阪市民を裏切るんか?」で、その本を取り上げましたね。さすが、川嶋さんが計算した200億円ぐらいというのは当たってたわけですね。

 そして昨日(10/27)から今日にかけて、維新は発狂状態です(笑)。これを早速取り上げた藤井聡さんに松井市長が噛みついています(松井一郎(大阪市長) @gogoichiro)。「もう少し勉強された方が」って、京大教授に対して言うてはります(笑)。

 毎日新聞が誰に聞いたんや、ということで大阪市の財政局やとわかって今度は橋下くんは、「市役所のクーデター」と言い始めました。そして松井くん、吉村くん、足立くんも一斉に「毎日新聞の誤報や!訂正しろ!」と大騒ぎです。そしてついに橋下くんはツイッターで、
住民投票直前に、最大の争点について、大阪都構想に不利な形で在阪メディアが大誤報をしでかした。都構想が可決されればそれでいいが、否決されれば住民投票は無効だろう。
 可決やったらええけど否決やったら無効って、もう民主主義の否定ですか(笑)。吉村くんの人気に乗っかって、一番大事なこと、お金が足りるんか?の話をずっとスルーして来て、ヤバくなったら否定、と。おっそろしい人たちですね。

 ちなみに、この毎日新聞の記事が意図的に操作されてたり、維新のみんなが言うように「誤報」なんかどうかは、別に難しい話やのうて、記事をちゃんと読んだらわかります。藤井さんも今日(10/28)、きちんと書いてはります(炎上で隠蔽される「大阪市のサービスレベルは確実に下落する」という真実)。

 維新と支持者たちは「誤報!」「デマ!」と大騒ぎをして、「サービスが低下するという真実」に触れんようにして来ています。まあ中には記事を読みもせずに騒いでる人もおると思います。ホンマにアタマが痛いですね。

 前にも書きましたが今日も、吉本のシルクさんは記事を上げてはりました(財政局が計算したら、こうなりました!)。そのシルクさんが前に言うてはったことが一番ようわかります。「4人家族が分かれて生活したら、それぞれにテレビや冷蔵庫もいるやんか、コストが増えて当たり前やん」と。もうその通りですね。

 相手が言うことが毎回同じなので、こっちも同じことの繰り返しになってアホらしいけど、それでも言わなあきませんね。一昨日(10/26)「説明したくても辻褄が合わへん「都構想」=大阪市廃止。そらあ「デマ!」と叫ぶしかあらへんな。」で書いた通り、イシンジャーさんたちは、これからも「デマ!」「誤報!」と言い続けることでしょう。

 シルクさんみたいに、普通にしっかり考えて、判断を間違えんようにしたいと思います。あと3日、「知ってしまえばNO(反対)になる」、基本的なことをまだわかってへん人には、事実をしっかり伝えていくことにしましょう。難しい話やあらへん。

 あ、そうそう、それで、アメリカと似てるところというのは、橋下くんが「否決されれば住民投票は無効」と言うた部分です。ヒラリーはバイデンに、選挙で負けても絶対認めるな、と言うてるそうです。もうムチャクチャやな。民主主義も何もあらへん。アメリカさんも大変なようです。

【文中リンク先URL】
https://mainichi.jp/articles/20201026/k00/00m/040/061000c
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1175.html
https://twitter.com/gogoichiro/status/1321069596221161472
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/1321255391544537088
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/1321199985229131776
https://38news.jp/politics/16959
https://ameblo.jp/silksamansa/entry-12634431094.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1207.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 一つの組織を4つに分けたらコストが増えるて当たり前と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 5

There are no comments yet.

すけきよ  

大阪市民のためでなく、私利私欲のために平然と嘘を付く詐欺師集団、それが維新!

「政治家を志すっちゅうのは、権力欲、名誉欲の最高峰だよ。その後に、国民のため、お国のためがついてくる。自分の権力欲、名誉欲を達成する手段として、嫌々国民のため、お国のために奉仕しなければならないわけよ。….別に政治家を志す動機付けが権力欲、名誉欲でもいいじゃないか!….ウソをつけないヤツは政治家と弁護士になれないよ!嘘つきは政治家と弁護士のはじまりなのっ!
(橋下 徹『まっとう勝負』)

【都構想緊急対談Part4】嘘の広告で市民を騙す!?大阪維新の巧みなメディア戦術
三橋貴明 × 薬師院仁志(帝塚山学院大学教授)
https://www.youtube.com/watch?v=4dlZ7hnLGm0&feature=youtu.be

2020/10/28 (Wed) 21:03

(名前不明)  

新聞もチラシもテレビも、ほぼ見てません。
全戸配布の協定書を見て反対しています。

維新は、大阪市HPで、大阪市として新聞の記事を訂正しています。
https://www.city.osaka.lg.jp/fukushutosuishin/page/0000517765.html


2020/10/29 (Thu) 01:03

の  

度々で、少々心苦しいのですが。 
どなたからか、ご紹介あるとはおもいます。

小坪しんや氏のブログ、本日分ぜひともお読みください。

見直した。これぞプロ。

              以上です。

2020/10/29 (Thu) 09:11

さんさん  

都構想成功で全ての政令指定市解体

小坪さんの今日のブログ記事が、維新の「都闘争詐欺」の本質を突いて居て面白かったですね。
道府県庁所在政令指定市と都道府県の名称が被る事で「同じだ!二重だ!」だから二重行政だ!の詐欺行為の実行が容易に成る様です「同じだから二重で無駄だの詐欺」がまかり通ると云う子供騙しの手法が通じると云う訳ですよ。
札幌や横浜も北海道市や神奈川市なら名前被りで「二重行政だ!」詐術が通用したかも知れませんね。
しかし今は、政令指定の税収が多い名前被りの政令指定都市が「無駄の象徴」かのように見せられ、大阪府に狙われてるに留まってる迄ですが。
しかし大阪都構想が実現し「名称被りでの無駄の象徴」が実現し正当化され、立派な大義名分と成れば、大阪に続けとばかりに他県も政令指定都市の解体を狙いだす恐れが出てきます。
福岡県が福岡市、広島県が広島市、京都府が京都市、千葉県の千葉市などが次の「都構想」候補に上げられます。府県の苦しい台所事情を見、同名称が二重行政の証として機能させる大義名分と成るなら、うちも真似たいと云う強い欲求を持つ自治体が出て来ても不思議では在りません。
そして其の先に有るが政令指定都市、全てを解体し道府県の財源にしたいと云う欲求です。政令指定都市解体が道府県の直接の収入、金に成るなら、集団狂気に依る暴走に発展する事も充分考えられます。
今は名称被りが二重行政のシンボルとして機能して居ますが、道府県の財政事情が逼迫し出せばし出す程、維新のした詐欺と同じ様に適当な理由を付けて政令指定都市を飲み込もうとする欲望は強くなるでしょう。日本人の悪い癖に横並び思考、他人様と同じ様な事がしたい流行に流される事を悪いと思わない、乗る事こそ正しいと捉える病が有りますので、有得ると強く思ってます。

オマケに此の都構想詐欺は、財務省が交付金を払う必要が無くなるので、財務省に取っても好都合な政策に見えます。
地方への地方交付金節約第一弾が平成の大合併なら、第二段が「都構想」の政令指定市解体での交付金節約と云う訳です。

陰謀論的ですが。都構想で地方解体の後押しをしてるのが実は財務省だったりして。

2020/10/29 (Thu) 17:43

の  

No title

もう古い記事だから、誰も見てないかもしれない。
一度だけなら、ない事にできるかもしれない。
シラフだよ。

行きつく処はそういうことにもなりますが、、
誰にいっているのだろう、、

たとえば、
F教授の二つの相反する対数グラフの
サドルポイントを、エー加減にめっけるいうのんは、
現状を見れば、提言としては慧眼と思います。
むつかしい話ではないのよ、本来。
お約束ごととして、マスクはお店入るときはしてますよ。

おまえ、クロセリーヌ、の向う張るなよ。
承知してます。

          So long. 本来無口なの !

2020/10/29 (Thu) 19:10

Leave a reply