必死のパッチ、橋下くん。要求されてた計算をずっと無視してきたことが問題なんや。「都構想」

走る小


 今は一般人のはずの橋下くんが、もう必死になって例の毎日新聞の記事について連日、批判のツイートを流してはります(橋下徹 @hashimoto_lo)。よっぽど痛かったんやろなあ、と思います。どう考えても、一つの自治体を4つに分割したら、コストが余計にかかるやろ、という話を、「計算できません」という理由でずっと計算せずにごまかして来てたのを、確かに「この時期」にいきなり出されたので、怒り心頭、というわけです。いやいや、ずっと無視して隠してきたから、こんなことになったんやんか。

 大阪市の財政局長はこれから松井くんに、グリグリいじめ抜かれることでしょう。かわいそうに。そんな話をツイッターで分かりやすく書いてはるのを見つけましたので、了承を得て転載させてもらいます。
 「大阪が好きやねん@維新にこれ以上大阪を壊されてたまるか! @oosakahaoosaka」さんの力作です。(すみません、明らかな誤字脱字等は修正しました。)
【以下コピペ】

<基準財政需要額問題>番外編①
副首都推進局(以下副首都と略す)「カッパの兄貴!」
松井代表「どうした」
副首都「特別区になったら毎年200億円余計に金がかかることがバレて、拡散が止まりません!」
<基準財政需要額問題>番外編②
松井代表「くそぉ。財政局呼べー!」
財政局長「お呼びでしょうか」
松井代表「お前、よう、ワシに黙って(本当の)数字、公表したな」
財政局長「すんません」(公表する言うたらどうせ止めるやん)
松井代表「あれは嘘やった、捏造やった、と会見しろ!」
<基準財政需要額問題>番外編③
財政局長「ええええ?」(嘘?捏造?そんなん言うの?)
松井代表「捏造にせな、住民投票に負けてまうがな!「大阪市から権限、財源、財産をむしり取る」ちゅう目的が達成出来へんようになる。維新の存在意味がなくなるんや!」(←松井はたまに本音を言う)
<基準財政需要額問題>番外編④
財政局長「「大阪市から権限、財源、財産をむしり取る」だけのために都構想都構想言うてはったんですか?」
松井代表「当たり前じゃ。ワシらの一丁目一番地じゃ」(←たまに本音を言う)

<基準財政需要額問題>番外編⑤
財政局長「二重行政は?」
松井代表「そんなもんない」
財政局長「府市合わせは?」
松井代表「言いがかりや。上山大先生にそう言えって言われたんや!しゃあないやろ。ワシらアホやから自分で理由考えられへんのや」
<基準財政需要額問題>番外編⑥
財政局長「ビルの高さを競い合った?」
松井代表「25年前の話やろ。あれはバブルに踊らされただけ。
両方共失敗や」
財政局長「橋下さん、WTCめちゃ気に入って、府庁舎にするんや言うて、大阪市から買うてはりましたもんね」
(全然競い合ってないやんw)
<基準財政需要額問題>番外編⑦
(WTCは地震に弱い、買ったらあかんと言ったのが自民党府議団。おもろいやん買え買えとけしかけたのが松井ら。買収賛成組が自民党府議団から離れて維新の会を結成した)
松井代表「それを言うな。耳が痛い」
<基準財政需要額問題>番外編⑧
財政局長「地下鉄のトイレは?給食は?学校のクーラーは?」
松井代表「全部平松さんの時に計画済み。そのあと選挙に負けはったから、実現する時は市長は橋下さんやったけどな」
財政局長「それやったら何で全部橋下さんの手柄みたいに言いはるんですか?」
<基準財政需要額問題>番外編⑨
松井代表「それは平松さんの方が人気があるから、うらやましかったに決まったとるやろが!!」
財政局長「(絶句)」
松井代表「何で、こんな話になってるんや。何の話やった?ああ、200億円は、捏造やと会見しろ〜〜!」
<基準財政需要額問題>番外編⑩
財政局長「(うわ、思い出してしまいはった)捏造は。。。ちゃんと部下が計算したんです」
松井代表「捏造や、捏造したって言わんかい!住民投票に負けてまうやろがぁ。言わんとどんな目に合うか、わかってるやろな!」
(↑夜道は気をつけろ的な)
<基準財政需要額問題>番外編⑪
財政局長「はい、会見します」(会見せな部下に危険が及ぶ。それだけは阻止せな)
松井代表「それでええ。はよ会見してこい」
財政局長「私だけですか?」
松井代表「あたり前やろが。何でワシが同席せなあかんのじゃ」
<基準財政需要額問題>番外編⑫
財政局長「(同席せな、恫喝したってバレるのになー。しーらないんだーしらないんだ。先生にゆーたろー)どういう風に捏造したと?」
松井代表「そんな難しいことワシに分かるわけないやろ!4つ共政令市にしたとか、いろいろあるやろ。自分で考えろ」
<基準財政需要額問題>番外編⑬
記者会見2時間!
財政局長「松井市長にそれは捏造だよね、と言われました。はい、そうですと答えました。すんません、すんません、すんません」などなど。
<基準財政需要額問題>番外編⑭
毎日新聞「捏造って本当ですか?ほんまに捏造したんですか?嘘やったんですか?」(そう言わされてるに決まってる。えぐいわあ)
朝日新聞産経新聞「捏造や、捏造や!スクープや!」
アホアホアホアホ

<基準財政需要額問題>番外編⑮
財政局長「終わった」(分かる人は分かってくれるやろ。毎年200億円増は譲られへん。真実やもん)

<基準財政需要額問題>番外編⑯
市民いち「なんか財政局長とかいう人?かわいそうやったわあ」
市民に「松井さん、めっちゃ怖かった。めっちゃガラ悪いし」

<基準財政需要額問題>番外編⑰
市民いち「なあなあ。大阪市廃止して4つの特別区に分けるんやろ?」
市民に「そや」
市民いち「ケーキあるやん。ホールのケーキそのまま買うより、4つに分けたやつを4つ買う方が高くつきますよ、っていう話やろ?」
市民に「そや。その通りや。うまいこと言うな」

<基準財政需要額問題>番外編⑱
市民いち「それやったら、200億円余分にかかります、って合ってるやん」
市民に「ほんで実際には200億円はもらわれへんから、特別区はどれか削らな回れへん。住民サービスの何を削りますか合戦になるねん」
<基準財政需要額問題>番外編⑲
市民いち「え?住民サービスは向上しまーす、って言うてたやん。自慢しとったやん」
市民に「200億円空から降ってきたらね」
市民いち「詐欺やん」
市民に「そやで。大阪都構想とは 壮大な 詐欺である」by芭蕉(嘘w)

<基準財政需要額問題>番外編⑳
大阪市廃止特別区設置の住民投票に行ってくださいね。
「賛成さんせい」「反対はんたい」のどちらかを書いてくださいね。Y E S高須クリニック!とか、NOとか、ダメ絶対とか、書いたら無効になりますから気をつけて。
市民いち、市民に「ありがとうございましたー」幕

【以上コピペ】

 パチパチパチ(拍手)。力作ですねえ(笑)。ようわかりました。歴史と伝統のある、政令指定都市、大阪市を廃止解体するという、世界中の笑いものになるようなことをホンマにしようとしているインチキな「都構想」は、絶対に止めなあきません。

 この武漢コロナ禍で、誰がどう考えても、とんでもない経済の停滞が続きそうな時期に、なんで莫大なお金と時間をかけて大阪市を解体せなあかんねん。そんなことしたら、大阪市だけやのうて、関西が、日本が、ますます衰退して行くだけやんか。おっそろしいわあ。

 あ、三橋貴明さんのブログでもこの毎日新聞の報道のことが書かれていますので、貼っておきます(「大阪市分割218億円コスト増はデマ」という大嘘)。

 いよいよ明日になりましたが、住民投票は「反対」で投票しましょう。

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/1322150785287774210
https://twitter.com/oosakahaoosaka/status/1322224882139062272
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12634561193.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 大事な数字を隠して来てたことが問題なんやと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 2

There are no comments yet.

すけきよ  

「二重行政」の「解消効果額」は、どのように変遷していったのか

 都構想は、「二重行政の解消」のために必要だと言われています。
 例えば、都構想が主張されはじめた当初は、都構想が実現すれば二重行政が解消し、年間4000億円の財源が浮いてくる、それが最低ラインだと主張されていました(2010年10月)。ところが、大阪府市が取り組んだ13年8月の制度設計案では976億円に激減。日経新聞にも『「年4000億円」目標に遠く及ばず』と報道されます。だだし、その数字の中にも、「二重行政解消」とは無関係の項目(地下鉄の民営化や市独自で実施している市民サービス削減)が含まれている旨も、同じ記事の中で報道されています。
 なぜそんなに大きく効果が減ってしまったのか、しかも、都構想とは関係の薄い項目まで入れた数字が公表されたのか――この点について13年8月10日の毎日にて、次のように報道されています。

「もっとしっかり効果額を積み上げてほしい」。府市関係者によると、橋下市長は先月、都構想の制度設計を担う大都市局の職員らに号令をかけた。橋下市長や松井一郎知事は就任当初、都構想で年間4000億円の財政効果を生み出すとの目標を打ち出したが、構想が具体化すればするほど、思ったような効果が見えてこない一部の職員らは疑問を感じながらも、市民サービスを廃止・縮小した市政改革プラン(237億円)や、市営地下鉄の民営化(275億円)、ごみ収集の民営化(79億円)などを効果額に加えていったという。』

 つまり、当初主張していた4000億円に近づけ、できるだけその効果が大きく見えるように、『財政効果かき集め』(同記事より引用)たという報道です。そしてその態度について『「まやかし」批判も』(同記事より引用)出たと報道されたという次第です。
 そしてさらにその後、都構想の中身が変わるに伴い、府市が算出する効果額も縮小されていきます。そして、2014年6月7日の府市の行政的試算では、当初の実に20分の1以下にしか過ぎない年間平均155億円17年累計で2634億円)にまで縮小していました。
 ただし、この155億円にも、市営地下鉄の民営化などの「都構想の実現とは関係のない項目」も加えられており、それらを差し引くと、年間約1億円にしか過ぎない、ということも、市議会で指摘されるに至っています。これに対して、橋下元市長は「多様な計算の仕方がある」という趣旨の発言を議会にて行い、必ずしもこの「年間たった1億円の効果しかない」という「事実」が明確に議論にはなっていない様子が報道記事から窺えます。
 このように、4000億円と言われた効果額が、具体的な計算とそれに対する批判が繰り返される内に、徐々に減少し、府市が主張する金額ですら25分の1の155億円にまで縮小し、かつ、議会答弁を通してさらにそれが縮小し、実に4000分の1の1億円にまで縮小していったのです。
 もうこれだけ「都構想による効果額」なるものが激しく変えられるのを目の当たりにすれば、今、「効果があるのかどうか?」ということそのものについても、その信憑性が大きく揺らいでくるのではないかと思われます。
 実際、この数字についてもまだまだ怪しいのではないか、初期投資などを考えれば黒字どころか「赤字」になるのではないか、ということも指摘されています。平成26年10月17日の府議会では、都構想とは必ずしも関係のない項目を除外し、かつ特別区設置のための「初期投資費用」を考えれば、年間平均13億円の「赤字」が生み出されてしまうのではないかとも指摘されています。
 このように、「都構想による二重行政の解消」は、当初、大きな財政効果が生まれる、と言われていたのですが、その後の様々に指摘されるにしたがって、その効果額は20分の1以下にまで縮小されていき、挙げ句の果てには、4000分の1、さらには都構想で黒字が生み出されるのではなく「赤字」が生み出されるのではないか――という指摘をされるまでになってきているのが現状なのです
 それはちょうど、民主党が、マニフェストを実行するための予算を「事業仕分け」で生み出すのだと躍起になっていた姿と重ねられるかもしれません。民主党は政権就任前は無駄な部分から「20億円」を捻出すると言っていましたが、実際に政権をとって事業仕分けを行ったところ、その当初の目論見の約12分の1の「1.7兆円」の削減に留まったのでした。そして、民主党は、そうした「約束違反」(しばしば、詐欺フェストとまで言われていました)を繰り返していく内に、国民の支持を失い、政権の座を追われることになったのは、ご記憶の方も多かろうと思います。
 いずれにしても、このように「効果額」を大きく喧伝することは徐々に難しくなっていったのですが、それに呼応するように橋下元大阪市長の発言も変遷していくことになります。
 2014年3月には、当時算定されていた1375億円の効果額を指し示しながら、
「これが都構想のすべてといっても過言ではありません」
 と発言しておられました。つまり、都構想の根幹にあるのは二重行政の解消を通した、行政の効率化だ、と示唆しておられたのです。
 ところが、その4か月後の2014年7月には、
「僕の価値観は、財政効果に置いていない」
 と、全く逆のことを発言しておいでです。こうした矛盾したご発言の真意は図りかねるところでありますが、効果額が厳しい査定等をへて縮小していったことと関連する可能性は十分考えられるところでしょう。

 ――以上、いかがでしょうか?

 以上は過去の報道経緯を簡単にご紹介したに過ぎませんが、これを知った上でもなお、「二重行政の解消には財政効果があるのです」という説明を確信をもって信用できる方は、一体、どれくらいおられるのか――無論そのご判断は、読者各位にお任せしたいと思います。

(藤井聡『都構想の真実 「大阪市廃止」が導く日本の没落』、p.154-159)

2020/10/31 (Sat) 15:51

彩希  

久しぶりにケタケタ笑わして貰いました。いやあ、やっぱり関西人オモロイわ。好きです。

(東京に来た頃ですね。やっぱ東京の人とも交わらなあかんわと思ってた頃、えっ、その話それで終わり?オチないの!とガックン〜。オチない会話あかんやろ。もう慣れましたけど…。)

やっぱり圧力かけてましたか。私、何度も言いますけど、紳助の番組に出てた時から橋下が大嫌いで、あんなん知事にしたらアカンやろと思ってたら大人気。もう何かこんなとこまで大阪メチャクチャにされる事になってしまって。大阪人の真髄を見せつけてやれる結果になりますように。

2020/11/01 (Sun) 03:16

Leave a reply