橋下くんが「安倍晋三は議員辞職して政界引退しろ」と言うた?あはは、誰に言わされてるんや?

パンチ小


 昨日あたりから、またまた米大統領選の話は大騒ぎです。さすがの産経新聞も今日(12/11)の朝刊でちょろっと書いていました。テキサス州のパクストン司法長官が、インチキをした他の4州を、アメリカの憲法違反で訴えた、という話です。

 そしてそれにテキサス州以外の21州が追随して支持を表明した、と。ところがそれに反発する州が22州出て来て、こりゃあもう、「アメリカは21州対22州、赤対青の南北戦争状態(関ヶ原の合戦状態)へ突入」と「Total News World」は報道しています。

 もともと選挙人の投票が行われるはずやった12月14日までに決着を付けようという作戦ですね。今各地で展開されている「選挙不正」を暴くのではなく、州の知事が選挙制度を事前に無理やり変えてしまったことに対して、「憲法違反」で訴える、と。たしかにこれやと、違反したことは既に事実ですから、証拠もいらん、と。そしていきなり連邦最高裁に訴えられるわけですね。

 この経緯についてはこれ(及川幸久さんのYouTube番組)がわかりやすいですね。

 ただ、最高裁がどう判断するかはまだわかりません。却下されたらおしまい?いやいや、ずっと前から「はよ戒厳令を敷け」という声が上がっています。何よりも、フランクフルトでCIAと銃撃戦をして押収したとかいう、本丸のドミニオンのサーバーの話が、まだ正式には何にも出て来ていません。

 トランプ陣営は、まだまだ「タマ」をいっぱい用意してるように思います。ここまでの話は実は、チョー綿密に仕組まれてたと思います。バイデン側からは何の反撃もありません。そして今日の産経にさえ、「バイデン氏次男 税務調査」の記事が出ています。バイデンの息子の怪しい話は、もうずっと前から言われてたのに、やっと当局が動き始めたんか?という話です。もう、あらゆるタイミングで、見事に予定通りに動いて来てるように思われますね。

 えらい前置きが長うなったわ。もちろん、米大統領選が「前置き」のレベルの話、という意味ではありませんよ。今日書きたかったんは、日本での不気味な流れ、です。

 アホな日本のマスゴミは、先週あたりからまたもや安倍ちゃんの「桜」の話を追いかけています。こんなもん、検察の「茶番」やと須田慎一郎さんが「虎ノ門ニュース」でバッサリと言うてはりました。何としてでも安倍ちゃんの復活を阻みたいという、黒い意志が働いてるように思えます。

 そしたら何と、橋下徹くんが昨日(12/10)のBSフジのプライムニュースで、「安倍晋三は議員辞職して政界引退しろとか言い始めた」そうです。安倍ちゃんの今回の「桜」の話は、秘書が罰金を払うて政治資金報告書を修正したらええだけの話や。まるで安倍ちゃんが国会で、ずっとウソをついてきたかのような、アホマスゴミの誘導をしっかり利用していますね。

 「政界引退」なんて、誰も同調せえへんと思いますね。プライムニュースのキャスターの反町理くんでさえ大笑いしてましたからね。そもそも、史上最長の政権を率いた大宰相に対して、何ともまあ恥知らずで失礼な話ですね。

 何の証拠もありませんが、この人(橋下くん)は間違いなくChinaの筋からそう言え、と言われてるように思います。アメリカの大統領選挙にChinaがものごっつい介入をしていたことが、ここ数日でどんどん明らかになることと思います。

 Chinaは何としてでもトランプさんを落としたい、そしてその一番の盟友であった安倍ちゃんの復活も、絶対に阻止したいと思てることでしょう。安倍ちゃんの桜の話のリークは、東京地検特捜部。その特捜は、もともとCIAとつながりが深い、と。そのCIAは、今となってはトランプさんの敵側になってしもてたわけですね。

 そしてその後ろには、今はChinaが控えてたというわけですね。橋下くん、ヤバいで。もうすぐいろんなことがバレて来るんやで。まあ日本の一民間人の元知事、市長あたりやったら、使い捨てされるだけの話やとは思いますけどね。

 「都構想」で大阪をChinaに献上するはずやったのに、見込みが狂うてしもて、きっとビシバシ厳しく言われてはるんとちゃうか?(笑)。えらいこっちゃ、Chinaのヤクザって、ホンマにコワいそうですからね。気い付けてくださいね。

 あ、これは私のまっっったくの妄想ですからね(笑)。橋下くん、気い悪うせんとってや。一応私の後輩(小中高大のいずれかは言いませんがww)になるんやから、あんたが変なこと言うたら気になるんや。日本の国益をしっかり考えてや、と言うても、もう遅いんかも知れんな。

 ということで、何の根拠もありませんが、私はトランプさんが再選され、安倍ちゃんが年明け以降に復活しはるように思うてます。その時は、今までと同じ見方で世界を考えてたら、全くワケわからんことになると思います。

 世界は音を立てて変わってる真っ最中なんや、としっかり認識しましょう。

【文中リンク先URL】
http://totalnewsjp.com/2020/12/11/trump-298/
https://www.youtube.com/watch?v=KxRfnrIohXo
https://www.youtube.com/watch?v=tecDIIUN8a8
https://www.sankei.com/world/news/201210/wor2012100010-n1.html
https://twitter.com/akasayiigaremus/status/1337284016588746752
https://twitter.com/mi2_yes/status/1337001276144406528

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 橋下くんは誰に言わされてるんやと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 4

There are no comments yet.

コブシ  

お前が引っ込め、出てくるな。
日本からでて行って故郷に帰れ。

2020/12/12 (Sat) 16:23

(名前不明)  

確かに安倍前総理の辞任は、三回目の総理登板を感じさせましたね。
総理の座に居てはできない事を済ませた上で復活。なのでしょうか?
トランプ大統領とはキッチリ連携が取れている感じなので今回の大統領選の事態も予測していたみたいに感じます。
安倍さん得意の死んだふり作戦なのかも。

2020/12/12 (Sat) 17:50

素浪人  

いよいよ合衆国の内戦へ

今晩は。

巷間言われてた、保守系判事多数に付きトランプさんに有利と思われてた連邦最高裁への、激戦州4州の憲法違反を問うテキサス州司法長官による提訴ですが、連邦最高裁は審理もせずにこの提訴を却下したとの情報です。また、国防総省は、来年早々にCIAとの協力を打ち切る方針を固めた模様です。

さあ、アメリカ国内はいよいよ内戦の状態へ突入しそうです。第二次南北戦争と言っても過言ではないでしょう。第一次?では北軍が奴隷解放などを訴え、国際社会からも正義とみなされましたが、今回は逆に南軍側が愛国者の陣営で北軍側は親支那派(売国奴勢力)と見ると分かりやすいです。

ヤバイデンサバイデンに祝電送ってもうた菅さんは勿論、北軍マンセ~で、政治生命も終焉が近付いているでしょう。愛国者達の勝利は目前です。

おまけ:支那畜撃滅ももうそこまで来てますね。

2020/12/12 (Sat) 18:50

蘇民将来と過ぎ越し  

いったいいつまで騙されるのか

橋下を担ぎ出したのは、在日のたかじん、それを東京に引っ張って全国に広めたのが偽ユダヤのデーブスペクター。CIAからの指令を受けた工作員としか思えない。
大阪の人がなぜ橋下みたいな者を応援するのかわからない。商工ローンシティズで、あこぎな取立てをやっていた者、これは同じ弁護士の武富士吉村も同じだが、弱いものいじめをやっていたものが、大阪の首長をやっているのだ。どんな政治ができるのか、弱いものを助けるような政治ができるわけがない。
いまは、改革改革と叫び、中小企業予算をカットし弱いものいじめをやっている。大阪市の窓口も竹中パソナ派遣社員だ。お仲間には優遇する。カジノだ、万博だ、インバウンドだ、中国様だ、売国にも余念がない。大阪の成長を止めるな(緊縮で止めているのは維新)、維新のモットーは嘘でもなんでもワンフレーズで騙して選挙で勝てばいい。そんな売国奴たちを関西メディアは持ち上げ、大阪の人たちも首を絞められているのに最高と叫び拍手喝采している。そろそろ橋下維新の正体を知らなければいけない。

2020/12/12 (Sat) 21:08

Leave a reply