アメリカの司法は死んだ。さあこれからや、トランプさん。CPACでの演説を楽しみに聞こう。

パンチ小


 このところ毎日のように書いていますが、今の日本の国家としての「焦眉の急」は、Chinaによる尖閣への侵入問題やと思います。せやけど、世界にとって、いや、人類にとって今、最もヤバい話は実は、アメリカが左翼全体主義に乗っ取られてしもたことやと思います。

 世界で最も強くて豊かな国、あの自由の国アメリカが、こんなにもあっさりと、あんなことになるやなんて、1年前にはほとんど誰も想像してへんかったんとちゃうか、と思います。ちょっと前になりますが、アメリカの司法も死んでしもた、と多くの人が嘆いています(最高裁、PA州での郵便投票の違憲の審議を3-6で却下/トーマス、アリート、ゴーサッチ裁判官は審議すべきと主張/司法は完全に死んだ)。
ペンシルバニア州の州の憲法では選挙法を改正する場合、州憲法を改正する必要があるが、この手続きが行われず、ペンシルバニア州は憲法違反だと訴えていた裁判で、3-6で最高裁は審議することを却下した。
 トランプさんが、左派からの攻撃から必死に守ってあげて、何とか判事に付けた、保守派と言われていたカバノー氏も、また同じく保守派でトランプさんが、前任のリベラル派(民主党派)の判事の死去にともない、すかさず動いて見事に判事に付けてあげたバレット(女性)氏も、結局トランプさんを裏切りましたね。

 この最高裁の審議の却下は、簡単に言うたら、人を殺しても、死んだ人は生き返らへんねんから、もう審議しても意味ないからせえへん、と言うことや、と、一昨日(2/26)の動画で、張陽さんも言うてはりました。

 がまん強く期待していたトランプ支持者は、1/6に上下両院が、バイデン当選のインチキの結果を認めてしもた後には、公正な判断をしてくれると思っていたところが、見事に裏切られた形となりました、と。審議却下、ですから、証拠さえも見るつもりがない、ということですね。恐ろしい話です。

 そしてすかさず「米最高裁、トランプ氏の納税記録開示認める」という動きをしています。それでもこのロイターでさえ、トランプさんの言い分を記事に書いています。
トランプ氏は、バンス氏の調査を「わが国の歴史の中でも最大の政治的魔女狩り」と非難。民主党は暴力犯罪の取り締まりではなく政敵の排除にエネルギーを浪費しているとした。
 トランプさんが前回、大統領選に勝利した後も、無いこと無いことをあげつらって、延々と「ロシア疑惑」を捏造したようなことを、また繰り返そうとしているようです。何としてでもトランプさんの政治生命を絶ちたい、と考えているようですね。

 今、世界中のトランプさん支持者は、今年2021年のCPAC(The Conservative Political Action Conference:保守政治活動協議会または保守政治行動会議と訳される)の最終日、2/28に予定されているトランプさんの演説を楽しみにしています。日本時間の明日(3/1)の未明のようです。

 今年はリモートで藤井厳喜さんも討論に参加しはるそうです。日本人では二人目とか。これについても今日(2/28)、張陽さんが解説してくれてはります(CPAC大会の見どころ①【第119回】)。

 1974年に始まり、今年は48回目、アメリカの保守派の最も重要な大会、ということやそうです。私は去年、藤井厳喜さんの有料情報からこれを知りました。日本のテレビ、新聞は相変わらず、大事な話は何にも報道せえへんな。

 張陽さんによると今回は、例年なら必ず来るはずの共和党の大物が招待されへんかったり、辞退したりしたそうです。マイク・ペンス(前副大統領)、ミッチ・マコーネル(共和党上院院内総務)、ニッキー・ヘイリー(前国連大使)あたりのことですね。要はトランプさんを裏切った奴ら、と。

 これを見ても、共和党はもはや「保守」を名乗れる党ではなくなっている、と言うてもええんとちゃうか、ということですね。アメリカの保守界の地殻変動が起こるんやろか。もちろんそのど真ん中におるのがトランプさん、というわけですね。

 今までのビジネスにおいても、誰もが不可能と思われたような、どん底の企業を建て直したりとかの実績を持ってはるトランプさん。今どん底のアメリカを、何とか建て直してほしいですね。もちろんトランプさん一人に頼るんやなくて、一人一人ができることをコツコツと、と。

 今ここで諦めたら、私ら日本人もすぐに、臓器を抜き取られることになるんやで、と何べんでも繰り返しましょう。

【文中リンク先URL】
http://totalnewsjp.com/2021/02/23/trump-631/
https://www.youtube.com/watch?v=AgH7x_ji__8
https://jp.reuters.com/article/usa-court-trump-taxes-idJPKBN2AM2GE
https://www.youtube.com/watch?v=Vgk3vfrDoCY

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← トランプさんのCPACでの演説が楽しみと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 9

There are no comments yet.

二時三時  

以前おばちゃんさんに紹介してもらって以降、石川新一郎先生のトランプ陣営の最新情報動画をよく見るようになりました。
マスコミが取り上げない真実を我々に教えてくれて、コメント欄でも「真実に目覚めました!」というコメントが多数あり、その功績は計り知れません
その石川先生の新刊「寝ても醒めてもトランプトランプ!」が発売されました。
おばちゃんももし購入されたら感想を教えてほしいです

2021/02/28 (Sun) 21:57

伊雑宮  

悪魔崇拝者達との最終決戦

今の日本人のほとんどが、アメリカ不正選挙などちょっと聞いても陰謀論として片づけていて、バイデンが正式に大統領になっていると思っている人ばかりでしょう。ジョンレノンの「世界は狂人によって支配されている」という言葉がありますが、世界でも日本でも悪がはびこっている訳はそこにあります。
メディアを握られているのが一番大きいですが、コロナ騒動でもここまで引っ張れるのだから、不正選挙もなかったことにして、悪人であるバイデンですら、良くやっていると見せることは簡単です。
司法も押さえているのだから、自由自在にやれる訳です。国家の上に君臨しているということになります。
日本の保守と言われる人でも、トランプ大統領が戦っている相手というのをきちんと理解出来ていません。単に左や右でもないし、共和党内にも反トランプがいることからも明らかです。
コロナ騒動で騙されて、コロナ怖いとなっている人では視野の狭さからもそこまで到達するのは無理でしょう。世界支配層という観点はありません。
ここで負ければ、ペドフィリアもそうですが、ウイグルでの虐殺だったり、すべて解決しません。臓器が抜き取られることも続きます。世界が浄化されないということです。
リンカーン大統領も、ケネディ大統領も、成し得なかったディープステートの撲滅に、トランプ大統領は命懸けで挑んでいます。おそらく水面下では、計画通り進んでいると思われます。
トランプ大統領の復活を信じて、応援するだけです。

MARI-LOVE-USA
https://gab.com/LOVE_USA/posts/105732835988403454
女性:
どうしてそんなに児童人身売買の事に熱心な関心を持っているのでしょうか?
それに関する証拠を見た事があるのでしょうか。ある人は画像等を見て不快に思っている人もいるようですが。

ウッド氏:
はい。ビデオ、写真も見てますし、関係者から話を聞いた事もあります。ある人物は軍隊の人で、私に従事してくれていますが、彼はこの問題について大変に熱心に行動してくれています。

この件はメディアから隠されて無視されています。
世界を支配している同じ連中が犯している行為です。

いわゆるカバールと言われる連中ですが、この問題に深く、直接関わっており、この組織で莫大な金を稼いでいる悪魔崇拝者達です。

悪魔を崇拝している連中。悪魔儀式の為の子供達を売ったり買ったりしている連中です。
これは人道的問題です。私たちが子供達を守らなくて、何が人道的でしょうか。

この世界的に広がっている巨大組織で行われている児童人身売買で収益を得ているペドフィリア達の犯罪を終わらさなければなりません、体の一部や臓器や血液が生贄儀式に使われているのです。また堕胎児の体の組織が使われ作られたワクチンなんて、私は絶対に触れたくもありません。

2021/02/28 (Sun) 22:16

ewkefc  

『アメリカの司法は死んだ。さあこれからや、トランプさん。CPACでの演説を楽しみに聞こう。』に対する意見
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1357.html

>このところ毎日のように書いていますが、今の日本の国家としての「焦眉の急」は、Chinaによる尖閣への侵入問題やと思います。


キミは資本主義経済による共同体運営を全く理解していないわけ。だから、幼稚な戦争ごっこの観点しか持たないのね。
いいですか。国家が保有する軍事力は国家運営を超えた目的で使用されることはないわけ。何故なら、国家が保有する軍事力は国家予算で賄われているからだよ。
いいですか。資本主義経済国は経済成長し続けるという前提条件で成り立つ経済共同体なのだから、経済成長を鈍化させる国家政策を行うことはあり得ないんだよ。
経済成長するにはできるだけお金を速く動かす必要があるのね。何故なら、資本主義経済で用いるお金は借金という形で発行されているから返済期限があるからだよ。
期限内にお金を大きくすることを経済成長と言うんだよ。
では、資本主義経済国である中国が軍事力を用いて尖閣諸島を奪うことで経済成長するのかと言えば、するわけがないのね。
経済成長しないばかりか、経済成長が著しく鈍化するんだよ。
何故なら、日本と中国は相互補完・相互依存関係にあるからだよ。

『貿易相手国上位10カ国』
https://www.customs.go.jp/toukei/suii/html/data/y3.pdf

当然ながら、中国は一枚岩ではないのね。
菅内閣及び野田内閣は意図的に中国を挑発したのだが、これに対して何も行動を起こさなければ中央政府は軍部を掌握できなくなって政権運営が不安定化してしまうわけ。
だから、中央政府は動かざるを得なくなってしまい、中国公船の領海侵入が急増したわけ。
敵味方という幼稚な二元論にのめり込むのではなく、一般常識を身に着けて客観的立場に立ち、冷静に、論理的に分析しようね。

『尖閣諸島周辺海域における中国公船等の状況』https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/report2019/html/tokushu/toku19_01.html
【中国は一枚岩ではない】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-368.html
【中国の権力闘争】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-923.html


2021/03/01 (Mon) 02:01

彩希  

ゝ幼稚な戦争ごっこの観点しか持たないのね。

のね、ってランキング上位な人気ブログ頼みで自分のブログに誘導したいと毎日必死に嫌われても拒否られても出て来るって…www もしかして凄い過疎ブログなの?

ところで、黒木さんのブログのコメント欄に、人の精神性(意識、性格、知能等)とその民族が持つ遺伝子との関係性について書かれていた人が居て、元来私も、人の人間性や知性、物事の捉え方など、よく持って生まれた性格と言われる様に"血統"と関係があると思っていたので興味深く読みました。

日本は古の昔から単一民族の歴史が地球上で一番長い国で、単一民族の知恵だけで成り立って来た国ですから、その中で特有固有の文化を共有して伝統を築いて来ました。海を渡って、または漂流で辿り着いたとかのチョロチョロと入り込んだ異国人は居ても多勢には影響ありません。なので天皇陛下の存在を仰ぎ見ての日本人としての意識は統一されて来たわけですが、翻ってアメリカの様に歴史が浅く、広大な国土の国は成り立つ為には移民を入れる事で発展するしか無かったわけで、ヨーロッパからの白人種を入れていた頃は建国の理想の意識の統一もまだ有りましたが、大戦後に白人種ではないユダヤ人を大量に入れてしまった事と自分らが引き起こした戦争での難民とか移民とか、混合と混乱の多民族国家となってしまい意識の統一も同じ価値観を共有する精神性も無くしてしまいました。遺伝子の観点からすると違う遺伝子を持つ精神性が違う異民族とは反発し合うだけの国となってしまったわけです。今のアメリカを滅亡したローマ帝国に例える人が居ます。ローマ帝国は他国に侵略する事で強大になりましたが、多民族国家になったがゆえに結局滅亡しました。結局、ありとあらゆる民族の意見の集約や意識の統一なんて無理なんです。残るのは、色んな民族部族の集合体である中国のような独裁体制の圧政しかありません。アメリカも言論封殺する、自由を制限する国になりつつあります。一旦手に入れた民主主義を手放してしまうと、戻るのは容易ではありません。日本は単一民族だけで事足りて来た国家ですね。特亜の人種達が日本を多民族国家にしてしまい日本の富を得たいと企んでいます。ヨーロッパとアメリカ(カナダも既に)を無茶苦茶にしてしまったグローバリズムとの戦いは、これからですね。差別が〜人権が〜と声を上げる人達には要注意です。我が国日本は日本人の国です。他国から侵入して来てる民族には彼らの国があるのですから怯む事などカケラも有りません。

ゝ何故なら、日本と中国は相互補完・相互依存関係にあるからだよ
  ↑これ🤗
支那が世界制覇の為の一帯一路の資金にしようと日本アメリカ主導のADBに対抗して金集めの AIIBを創設した時も主眼は日本の膨大な外貨保有額からドルを出させる事だったので、いつまで経ってもAIIBに加入しようとしない揺らがない日本政府に業を煮やしても全然締め切りしなかったから日本人からバスはまだ出ないのか?揶揄されていたね。まあ当然、自分の国にドルが溢れるほどあったら日本を恨めしげに待たないわけで、何が相互補完・相互依存なのか。日本から金を出させたいだけやんか。あの時のオパヨクどもと国籍日本じゃない日本市民、マスゴミのAIIBに参加しろのに必死ぶりは凄まじかったけど、そんな中国を退けた安倍政権は賢明だった。その代わり日本はEUと組んでアフリカ諸国や他の弱小国に低利で貸し付ける支那に暴利を貪られ港湾などを奪われ一帯一路に侵略されない為の資金はキチンと出したけどね。

日米豪印のクアッドの意図する所、中韓だけは引き入れないTPPの理由は知っている?クアッドは軍事的に中国を包囲して太平洋、インド洋を中国の暴虐から守る為に、TPPは経済的に中国を包囲して弱体化させる為。相互補完とか相互依存関係とかは中韓が一方的日本から金を引き出させたいが為に言ってることw。

2021/03/01 (Mon) 07:27

cocoa  

今日のワイドスクランブルで出演者の一人の坊さんが未だに、
1/6の議事堂襲撃事件の首謀者がトランプ大統領という発言をしていて、
TV界ではそれを世間に垂れ流しています。
それを後付けるように眼鏡女が多弁にトランプ非難を語り続けています。
彼らにとって上から目線のQアノン非難は腹立たしい限りですが、
あの坊さんの知的レベルの低さと、
その意見を世間に垂れ流す罪の深さは餓鬼の世界に落ちるレベルではないでしょうか?

あまりに腹立たしい番組だったので、言葉に品位がなくなってしまいました。
お目汚し申し訳ございませんでした。

2021/03/01 (Mon) 13:01

(名前不明)  

保守を名乗れないのは、我が国の自民党もまた然りですね。

2021/03/01 (Mon) 15:37

コブシ  

ewkefc さんて随分偉そうな物言いだけど一体何者なの?・・名乗ったらもしかしたら納得するかも知れないけど。
ブログ主さんにキミ呼ばわり、いいですか、あり得ないんだよ、あるからだよ、言うんだよ等々。
まぁ何と偉そうな事、これじゃもしかして素晴らしいことを書いていたとしても読む気にはならないね。
キミ(敢えて言わせて貰う)は自分は絶対に正しいと思い込んでるフシがある人だね。
ハッキリ言って厄介者かな?
喧嘩を売るつもりは無いけど、余りにも酷い言い方だからね。
気を付けたまえ、と言われたら怒るのだろうな😁

2021/03/01 (Mon) 16:32

June  

本当に…
いいですか、〜なんだよ、〜しようね。
って、私がもし、おばちゃん様だったら「あなたに言われる筋合いはない」と思うと思います。
ewkefcさんの意見は、誰も聞いてないと思います。
気に入らない人皆んなに、いちいち反論しているの? 気が変わるとでも?笑

2021/03/01 (Mon) 18:53
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

知人のKさんからのメール

ewkefcさんのコメントについて、私の知人、Kさんから、
以下のようなメールが届きました。
ご本人の了解を得て転載させていただきます。

【以下転送】
>このところ毎日のように書いていますが、今の日本の国家としての「焦眉の急」は、Chinaによる尖閣への侵入問題やと思います。
・・・・・仰るとおりです。

(ewkefc)
> キミは資本主義経済による共同体運営を全く理解していないわけ。

・・・・・まず、「個人や企業の利潤を追い求めることを容認された社会・経済・政治システム」と定義できるのが資本主義経済。他方、社会主義を掲げる中国政府は、資本主義経済を利用して経済を発展させて、「社会・経済・政治システム」を100%管理しているのが中国政府。まさに、George Orwellの小説「1984年」を具現化したのが中国政府。この事実は誰も否定できないだろう。

次に、共同体とは、複数の人や団体が、同じ目的のために一緒に事業を行ったり、同じ条件・資格でかかわったりすることであり、なので、この単語は「共同で経営する」「共同で利用する」とか使われる。その帰結として、国家間にはWTOとかWHOとその他、国際間の共同体機関が存在する。そして、これらの機関が、その機能を発揮させることができるように努めるのが加盟国。

どころが、色んな国際機関に加盟国でありながら、その条例、条約を遵守しようとはしないのが中国政府。だとれば、資本主義経済による共同体運営、その意味を全く理解していないのはewkefc 、キミだ。嗚呼、恥ずかしい。無知蒙昧さ加減を丸出しだ。

(ewkefc)
> だから、幼稚な戦争ごっこの観点しか持たないのね。いいですか。国家が保有する軍事力は国家運営を超えた目的で使用されることはないわけ。

・・・・・国家が保有する軍事力は、国家運営を超えた目的で使用されることはあるのだ。日露戦争が勃発した時、諸外国は日本の必敗との予測を立てたが、アメリカで500万ポンド、英国で500万ポンドをユダヤ系銀行家から借り入れて我々の先人は戦った歴史の事実がある。ちなみに、元本と金利を払いおわったのは1984年のことだ。
だとすれば、「国家が保有する軍事力は国家運営を超えた目的で使用されることはないわけ」と言う ewkefc の論理は成り立たない。

「ナニワの激オコおちゃん」さん、ewkefc、この人物のアホさ加減を幾らでも論理的に証明できますが、アホを相手にするのは時間の無駄。

よって、このアホに「客観的立場に立ち、冷静に、論理的に分析しろ」とお伝えください。
【以上転載】

あはは、Kさん、ありがとうございます(笑)。

2021/03/02 (Tue) 01:20

Leave a reply