日本が餌食になるだけの気候サミット。自分がカモネギになるのがわかってへんな、アホな官僚。

走る小


 毎日のようにハラの立つことが報道されますが、今日は暗澹とする話です。産経新聞のコラム「ソロモンの頭巾」長辻象平さんの記事(「気候危機」の素顔 あおられると日本は沈む)です。
 地球温暖化防止策の「パリ協定」に米国が復帰したことで米欧を中心に「脱炭素社会」への動きが風雲急を告げている。
 昨年10月に「2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロ」を宣言したばかりの日本は、手前の30年時点の削減目標の上積みを、4月の気候サミットなどで余儀なくされる雲行きだ。
 地球温暖化対策と経済活動は表裏一体。目標値の高さ比べで二酸化炭素(CO2)削減の国際交渉に臨めば日本社会の行く手に落日の運命が待っている。
 この動きの元になっているのが、今や怪しげな「地球温暖化」説ですね。
 地球温暖化説は90年前後の冷戦終結と入れ替わるように出現した。最初の声は英国からだった。CO2の排出削減で、冷戦に勝利した米国の独走を押さえ込む意図が欧州連合(EU)に働いたとする分析もある。
 ヨーロッパの人たちは腹黒いですね。そして
先進国のみがCO2削減義務を負う「京都議定書」が誕生したのは97年のことだった。
 しかし、議定書に定められたCO2削減の負担は欧州に有利で、日本に不利なものだった。なおかつ日本に高い削減率を求めた米国はその後、議定書から離脱する。京都会議に出席した米国のゴア副大統領(当時)は米国の議定書不参加を当初から承知していたのだから交渉は恐ろしい。
 アメリカ人も負けてませんね。日本だけがやっぱり一人負けしてるんとちゃうか?じっさい、京都議定書は2005年に発効し、
 京都議定書の期間中、日本は排出枠を海外から購入。排出大国の中国は削減義務を負うことなく、笑いが止まらない好条件で日本などから環境技術を手に入れた。
 もう「中国」からも利用されまくってるわけですね。あーアホらし。長辻象平さんは警告を発してはります。
 CO2で火花を散らす経済戦争が始まっているにもかかわらず、その緊張感を欠いたまま気候サミットに出席しようとしているのが今の日本の姿なのだ。
 戦争の一例が日本のハイブリッド車(HV)への風当たりだ。京都議定書の採択と同時期に登場したトヨタのプリウスは環境に優しい自動車として世界の注目を集めたが、パリ協定の下ではガソリン車の一種として電気自動車(EV)に淘汰(とうた)されかねない。日本の主力産業が危機に直面しているのに危機感は薄い。
 新しいルールを決められたら、日本は必死になってそれを守るために努力して、素晴らしい開発をしてそれをクリアしても、結局その技術は盗まれて利用されて、その後にまたいきなりルールを変えられて、今度は逆に悪者にされてしまい、またしても技術をむしり取られるという構図になってるわけですね。

 そんな日本は「狼(おおかみ)の焼き肉パーティーに子羊が出掛けていくのと変わらない」と長辻さんは書いてはります。早う気い付け!日本人、と言いたいですね。ホンマに暗澹とする話です。多くの人が「2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロ」なんか無理や、むしろ危険や、と発言してはりますが、日本政府、官僚には、まっっったく危機感がない、ということですね。

 子供の頃から自分が褒められることが一番好きで、いつも周りにはええ顔をしたがる優等生ばっかりの日本の官僚はもう、危なっかしくて見てられへんで。国民を犠牲にし、国を売り渡しても、全く何にも気い付かへん、ただのアホなんかも知れませんね。

 今もまだ尾を引くLINE事件への信じられへん対応を見てると、ホンマに絶望的な気分になります。幕末、維新の頃の日本人の方がよっぽどしっかりしてたんとちゃうか、と思えてきますね。もちろん、当時でもあくどい奴らはいっぱいおったにしても、もうちょっと考え方のスケールが大きかったんとちゃうか、と思います。

 嘆いてばかりおってもしゃーないから、声を上げて行きましょう。「中国」だけやあらへん、アメリカも含めて世界中が今、日本を盗りに来てるんやで、今はもう戦争中なんやで、と。

【文中リンク先URL】
https://special.sankei.com/a/column/article/20210331/0001.html

※サイトを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。


 ← 気候サミットは日本がカモにされるんやと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 3

There are no comments yet.

八目山人  

CO2排出権取引

[京都議定書の期間中、日本は排出枠を海外から購入。]この排出権取引について、詳しいことが新聞にもテレビにもネットにも一切出てきません。
日本製鉄など相当払わされているんではないかと思われます。それでインドやブラジルに出ていくのではないか。調べてくれませんか。

2021/04/01 (Thu) 05:28

みかん  

いつも更新ありがとうございます

LINEですが 、職場の同僚からたびたび勧められていました。LINE同士だと電話も無料でできるから!と。(そんないい話があるのでしょうか?あっても私はやらないけど)
先日は別の同僚から「あなたはLINEやってないから(お知らせしたいことを一斉送信できなくて)、困るわ~」と嘆かれました。

その後すぐに問題発覚したので、これでみんな危機感持ってくれると思いきや…そんなことない( ´_ゝ`)
政府も一時停止くらいの措置なんだし、これからはきっと大丈夫、と思いたいのではないでしょうか。
危機管理は政府が率先して行い、国民に禁止や警告をしてほしいと切実に思います。


また、おばちゃんさまの29日発信で、ウイグル問題をサンデーモーニングが取りあげたことを知りました。(信用ならない番組だけにやはり、裏に何かあるんか?と勘ぐってしまいます)
水谷尚子氏が出演されたそうですが…
氏のことは中国やウイグル問題に詳しい方として、清水ともみさんの著書「命がけの証言」でも紹介されていました。

でも私はちょっと水谷氏に懸念がアリマス。
『反日解剖』という著書を読んだ時、氏は靖国神社について
「嫌がる中国人の気持ちもわかる。もう戦犯が祀られている靖国神社はやめて、別な施設を作ればいいのに」という主旨のことを書いていたので…
せっかく普遍的な人権問題に取り組んでも、根っこが東京裁判史観だと、結局中国との情報戦に負けてしまうのではないかって恐れています。杞憂だといいんですけど…

気候サミットも… ああ~ほんとに不安です。

2021/04/01 (Thu) 09:17

ナポレオン・ソロ  

地球温暖化対策は真逆の対策です

ソロです。
>>地球温暖化現象対策は、真逆の対策です
英国のノーザンプトン大学の気象学者たちが、言うには、16世紀後半から200年程続いた小氷期が、太陽の活動を表す、黒点の喪失によって2015年から始まり、2030年から本格化すると、警告を発していますね。

是は、日本でも大きな影響を齎し、200年間に三回も、餓死者100万人を超す飢饉があって、その所為で、江戸時代の総人口は2500万人のまま260年変わりませんでしたが、食糧備蓄を増やそうと新田開発に地方を入れた所為で、コメの生産高が約三倍強になって、米本位制を取っていた江戸経済は、完全にデフレ状態となって、米価が暴落したのに、加増はしなかったので、武家層の生活が圧迫されて、江戸末期には、郷士「=農業兼業の武士」が一般的になった、ダカラ、中には、武士を返上して農民や町民になる人が増えた(葛飾北斎や安藤広重その他大勢)のです。

小氷期になれば、高緯度地域にある欧州全域、北米、ロシアが凍り付きますね、16世紀のターナーの絵で凍り付いた、テムズ川の絵がありますが、ブリテンがあの状態になると、スカンジナビア半島あたりは、人が住めない部分が多くなるかもしれません。 それに年間の消費電力量が現在の数倍~十数倍になり、どうしても原発が必要になりますね、日本のプルトニウムも燃やせる4S炉の開発・完成が待たれますね。

日本が集られるのは、日本が金余りだからですから、国がもっと公共投資を進めて、日本ン宙を近代化してしまえば良いのです。

それに例えば、オーストラリアのサンデー砂漠を買い取って、緑化事業を始めるとか、地球の為になる=人類の為にもなる事をコツコツ始めて行くと、南半半球でも人口が増え始め、人口過密も解消するでしょう。

2021/04/01 (Thu) 11:32

Leave a reply