憲法一つよう変えへん日本人は、結局「中国」様に呑まれるんか?何でTSMCにお金を出すんや?

頷く小



 諸外国と比べて、圧倒的に「感染者数」も「死者数」も少ないのに、日本では何と「緊急事態宣言」中、ところがそれは諸外国と比べて、基本的には強制はでけへんという、圧倒的なユルさ。こんなもんでホンマに大丈夫なんか?と実は日本国民は思うてるわけですね。

 もう何もかもが中途半端に思えます。せやから余計に今はみんながイライラしてるんやと思います。とは言え、何となくワクチンもこれから行き渡りそうやから、何とか収まって来て、結局オリンピックは大丈夫そうやなあ、と感じていることも確かなようです。

 そしたら最近、「さざ波」「屁」で内閣参与を辞任した高橋洋一さんがYouTubeで、もう言いたい放題で、めっちゃ面白いです。今日(6/1)は「第178回 コロナ収束をデータに基づいて予測!コロナで潤った皆さん最後っ屁です。」。あはは、また出た、「屁」(笑)。

 コロナ禍はもうそろそろピークアウトする、と。くだらない議論はもうやめてほしい、そもそも「感染症の専門家」は普通の人と感覚が違う、ゼロにならないと収まらないと考えてるから意味がない、そんなもの、マネジメントできればいいんだからと、もう速射砲ですね。

 そういう「専門家」、コロナでさんざん稼いできた人たちは、いよいよもう終わりですね、テレビで騒ぐのも、今が最後のチャンス、この先はどうするんでしょうかね、と笑うてはります。もともと政府の中におった人ですから、この先、政府がどうしようとしてるかがようわかるようですね。

 危機管理という観点からは、多くの人が言うように、憲法に緊急事態条項が無いことが、実はめっちゃ危ないし、たまたま武漢コロナがこの程度で収まったから良かったものの、ホンマに生物兵器が使われたり、もっと精緻な作戦で使われたりしたら、今の日本の体制ではお手上げなんとちゃうか、とも言えそうです。せやからこそ憲法改正、スパイ法制定やらは、さっさとやらなあかんわけですね。

 そう言えば高橋洋一さんは3日前には憲法改正の話もしてはりました(第176回 憲法改正は本当に可能なのか?考えてみたら残念な現実が)。戦後70年、変えられへんかったから、確率から言うとめっちゃ難しいという話、と。憲法学者のことも「アホ」呼ばわりしてはって、めっちゃ面白いです。

この先は以下でお読みください。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
      【ナニワの激オコおばちゃん】

 ← 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply