経産省は日の丸半導体を潰した前科者。政治家は官僚に、また同じ失敗をさせたらあかんやろ。

走る小



 もう毎日、気になって気になってしゃーないので、また同じ話になってしまいます。半導体の話。3日前の日経の記事です(TSMC日本拠点、イビデンなど20社超と連携 半導体開発)。イビデンの名前が出ています。そして今日(6/3)の深田さんの辛辣な話です(TSMCに血税+最先端技術寄贈決定!!日本の終わりは政府主導で始まる)。

 イビデンは世界最先端の半導体のパッケージ技術を持ってるんやそうです。次に狙われるのはこれ、と言うてた通りの話になってるみたいです。深田さんはイビデンの中の人にも話を聞いたそうで、実は2000年代に、経産省からも、日韓議連の政治家からも圧力を受けまくって、サムソンに技術を教えてあげたそうです。

 結果はその技術と国(韓国)からの支援で、サムソンはメモリーを安く生産することができるようになって、イビデンはメモリー市場から撤退せざるを得なくなった、ということです。アホらし。そしてそれと同じことを、今度はTSMCにしようとしてるわけですね。何やねん、経産省は。

 深田さんは先日立ち上がった半導体戦略推進議員連盟を標的に、これらの政治家を糾弾してはります。イビデンはこのままやとまた、日本の官僚に潰されることになるんや、という話ですね。もうアタマがくらくらしますね。

 昨日も紹介しましたが、「サンタバーバラのおっさんのしょーむない話」が、毎日この話を説明してくれてはります。
深田萌絵さんの問題提起を活かすために
湯之上氏の話を聞いて、半導体戦略を出せないのはぼんくらやろ!

 上の1本目では、どうも今回発表された、茨城県つくば市の産業技術総合研究所での研究開発への支援190億円は、シャンシャンで決まってしまいそうやということでした。そして2本目では、衆議院のインターネット中継で、参考人として呼ばれて発言してはった、湯之上隆さんのことを紹介してはりました。

この先は以下でお読みください。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
      【ナニワの激オコおばちゃん】

 ← 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

人気ブログランキング

ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply