中共史上、最高位の高官のアメリカ亡命。持ち出した情報がパンドラの箱を開け、世界が動くんか?

自転車小

 ちょっとした事件が、後から見たら大異変の前触れやった、というような話はいくらでもありますね。アメリカの保守系ニュースサイト「RedState」が報じている話を、「BonaFidr」という、「オールドメディアが伝えない海外のニュース」を伝える日本のサイトが転載してくれてはります(「米国に亡命したチャイナ政府高官は国安分副部長のドン・ジンウェイ(董经纬)」)。

 今年の2月、この董经纬さんが、娘が通う大学のあるカリフォルニアに渡航して、アメリカの国防情報局(DIA)に保護を求めたようです。この人が持ち出した情報が以下です。

・現在SARS-CoV-2として知られているウイルスの初期の病原性研究
・米国および世界へのCOVID-19の拡散と被害の予測モデル
・SARS-CoV-2の研究やその他の生物兵器の研究に、具体的にどの組織や政府が資金提供したかを示す財務記録
・チャイナに(米国の軍事機密に関する)情報を提供している米国市民の名前
・米国で働いている、または米国の大学に通っているチャイナのスパイの名前
・チャイナ政府から金銭を受け取った米国のビジネスマンや公務員の財務記録
・米国政府高官がチャイナのスパイやロシアの外国諜報機関(SVR)メンバーと(おそらくそうとは知らずに)行った面会の詳細
・チャイナ政府はどのようにしてCIAの通信システムにアクセスし、CIAと協力していた数十人のチャイナの人民が死亡することにつながったか
また、董は国防情報局(DIA)に、ハンター・バイデンのラップトップに搭載されていたハードディスクのコピーを提供している。そのハードディスクは、ハンターの卑猥画像中毒問題や、彼(およびジョー)が行っていたチャイナ企業とのビジネス取引に関して、チャイナ政府が持っている情報を示している。

 うわあ、めっちゃヤバい話ばっかりやんか。このドン・ジンウェイ(董经纬)さんが正式に亡命したということになれば、中国共産党始まって以来、最高位の亡命者になるんやそうです。この話の解説をユーチューブで柏原竜一さんがしてくれてはります(速報!中国の情報機関中国国家安全部幹部が亡命)。

 柏原竜一さんは、結局、「中国」人は全員、「金と家族の事」しか考えてへん、せやからいつかは必ず崩壊するんやろな、という意味のことを言うてはります。その通りですね。これだけの材料が揃ってたら、何でもありやとは思うけれど、何とバイデンにも都合の悪い話も入ってるところが、予断を許しませんね。

 このドン・ジンウェイ(董经纬)さんを今、保護してるのはDIAですが、私ら一般人が知ってるアメリカの情報機関と言えば、CIAかFBIぐらいでしょう。実は数え方によってはその機関数は10以上にもなり、DIAはそのうちの一つ、なわけで、上の記事の最後には「この亡命者は(DIA以外の)他の諜報機関や法執行機関を腰が抜けるほど恐れさせている」と書かれています。

 文字通り、「パンドラの箱を開けた」ようなことになってるんとちゃうやろか。そういう意味で私は最初に「大異変」の前触れになるんかな、と書きました。ファウチが、コロナは武漢から漏れたかも知れんと言い始めたのは、このことを知ったからかも知れません。今、時計の針が、ぎゅんぎゅんと元に戻って来てるような感じがします。

 「BonaFidr」の他の記事では、「FBI捜査官らが1月6日の「議事堂襲撃事件」とミシガン州知事の誘拐未遂事件の計画と実行に関与していた可能性が高い――FOXニュースのタッカー・カールソン氏がRevolver Newsの調査報道を紹介」というのもあります。この話は「張陽チャンネル」さんが解説してくれてはります(FBIなのか?【第201回】)。

 面白いのは、先日の米ロ首脳会談に際しての海外報道機関によるインタビューに対して、プーチンがこのことを知ってたことが明らかになりました。1月6日の議事堂襲撃事件のとき、議事堂の中で女性が銃撃されて亡くなったのですが、それを実行したのはFBIやんか、とプーチンさんが言うたそうです。ひえーーー。

 もういろんな事がバレ始めてますね。「悪は滅びるんや」と言いたいところですが、いやいや、油断したらあかん。アリゾナ州マリコパ郡での米大統領選再集計は、いよいよ来週あたりに報告が出て来ますが、どう見ても、大規模な不正があったと発表されることは間違いなさそうです。ドミノ倒しが始まるか?と言われています。

 そしたら深田萌絵さんは今日も元気です(米TSMC包囲網、習近平大打撃。その秘策とは!?)。車載用半導体チップが突然、品不足になって、全世界の自動車メーカーが今、大慌てになっているわけですが、どうもその犯人は「中国」とツルんで来たTSMCとちゃうんか?とだんだんバレてきてるようです。日本にもTSMCをちゃんと監視させるような方向に持って行かれるような話でした。

 軍も持たず、スパイ防止法もなく、裁判所は犯罪者に有利に動く、そんな日本のユルユルな状態は、結局アメリカという外圧でしか変えることがでけへんのやろか。情けない話ですが、それでも中華人民共和国・日本自治区になってしまうよりはマシですね。やっぱり自分の国は、自分で守らなあかんのや。

【文中リンク先URL】
https://redstate.com/jenvanlaar/2021/06/17/breaking-chinese-defector-confirmed-as-top-counterintelligence-official-n398374
https://bonafidr.com/2021/06/18/%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e3%81%ab%e4%ba%a1%e5%91%bd%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%8a%e6%94%bf%e5%ba%9c%e9%ab%98%e5%ae%98%e3%81%af%e5%9b%bd%e5%ae%89%e9%83%a8%e5%89%af%e9%83%a8%e9%95%b7/
https://www.youtube.com/watch?v=4CZQb-N856o&t=605s
https://bonafidr.com/2021/06/17/fbi%e6%8d%9c%e6%9f%bb%e5%ae%98%e3%82%89%e3%81%8c1%e6%9c%886%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%80%8c%e8%ad%b0%e4%ba%8b%e5%a0%82%e8%a5%b2%e6%92%83%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%83%9f%e3%82%b7%e3%82%ac/
https://www.youtube.com/watch?v=mKW1Gf95JrU
https://www.youtube.com/watch?v=_5LtJ_VYEtk


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
      【ナニワの激オコおばちゃん】
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply