大阪市内の看板・意見広告企画、第二弾!安定的な皇位の継承は「旧宮家の皇籍復帰」の一択やで。


 昨年の11月、大阪市で「大阪都構想」についての住民投票がありました。もう半年以上も経ったんですね。歴史ある政令指定都市の大阪市を、わざわざ廃止するやなんてムチャクチャや、と思う私は当時、公明党が愚かにも賛成派に回ったことで危機感を強め、当ブログの一読者の好意により提供された看板スペースを使い、私設クラウドファンドを募ったところ、思いがけず資金が集まり、以下の看板を掲出することができました。その節はホンマにありがとうございました。

 住民投票の結果、「都構想」は否決されました。やったー!!でしたね。この看板が、反対票を少しでも増やすことに貢献できたと思うと、めっちゃ嬉しいです。私がこのブログでギャーギャー騒ぐだけでは絶対に伝われへん人もいっぱいいてはるわけですから、自分にできることで動いてみて、たまたまかも知れんけど結果が残せて良かったなと、改めて読者の皆さんには感謝したいと思います。

 そして、私は調子に乗ります!(笑)。
 看板企画の第二弾、始めました!
 テーマは「安定的な皇位継承」です。

 今改めて振り返ってみると、この問題は小泉政権時の「皇室典範に関する有識者会議」が、「女性天皇」やら「女系天皇」、「女性宮家」などの異様な言葉が入った報告書を提出したところから始まったわけですね。

 当時すぐに、これはおかしいと声を上げた人もいましたが、今ほど注目されることはなかったように記憶しています。実はめっちゃヤバい話やったんですが何と、報告書提出の翌年(平成18(2006)年)に悠仁親王殿下がご誕生になったことで、いったんこの話は止まったままになっていたわけですね。

 日本と日本人が大嫌いで、日本を壊してしまいたいという邪(よこしま)な思いを持つ連中が、その後考えてきたことは、何とか愛子内親王殿下を持ち上げて「愛子天皇待望論」みたいな、どう考えても有り得へん、極めて不敬、不埒な議論を作り出して行こうということやったわけですね。

 本来はこんなもん、「有識者」という名の「物知らず」に諮るんやなくて、天皇、皇族のみでお決めになればええ話やと私は思います。とは言え、戦後「八月革命」によって「主権」は天皇から国民に移ったんやから、何でも国民が決めたらええんや、という発想の共産主義かぶれの法匪たちが、天皇、皇室の廃絶に向けて蠢いて来てたわけですね。

 そしたら、眞子内親王殿下にはまことに申し訳ございませんが、小室圭さんとの婚約内定という天祐が現れたわけですね。女性宮家をつくるというのは、「圭殿下」を認めることになるんやとみんなが理解し始めたわけですね。おいおい、それはまっぴらごめんやで、というのが多くの日本国民の感情やと思います。

 そしてこのことは、いずれ愛子内親王殿下にも当てはまる話で、ここに至ってようやく多くの日本国民が、さすがに「女系」はないやろ、と気い付いてしもたということですね。もはや、「愛子さまが天皇になれないのはかわいそう」などという雰囲気で国民をごまかすことなんか、ぜっっったいにでけへんレベルまで、バレてしもた、と。

 わかってしもたら至極、単純明快な話なんですが、まだまだ油断したらあきませんね。これについては正しい報道をしている産経新聞は今日(7/8)の朝刊で触れていました(皇位継承「男系男子皇籍復帰」案もなお残る女系の道)。

 安定的な皇位継承策などを議論する政府の有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾長)が、旧宮家の男系男子が皇籍に復帰する案を選択肢として検討している。皇統に属する男系男子による皇位継承資格を維持するための一歩となるが、母方にのみ天皇の血筋を引く女系への皇位継承資格の拡大も完全には否定されておらず、女系天皇につながる道がなお残っている。

 そうや。まだ「女系」の道が残されてるんや。どうもこの記事によると、今回は結論は出さずに引き延ばしに出て来るようですね。あかん、あかん、「女系・女性」天皇も、「女性宮家」も、完全に叩き潰さんとあかんのや!

 ということで、上に載せたような看板を出したいと思います。どうか、皆さまの浄財をお寄せください。上の写真のスペースの、向かって左側の部分も使わせていただけることになりました。もし資金が集まれば、それも使って、もっと目立つような工夫をしたいと考えています。よろしくお願い申し上げます。

■看板設置場所:大阪市内、阪神高速道路の(某)入口手前
■募金期間:約3週間(想定)
■看板掲出開始:8月上旬(想定)
■募金方法:
・画面の一番下の「おばちゃんに直接メール」もしくは
gekioko@logoslabo.co.jpに、メールアドレスを入れて送信してください。
・折り返し、振込先(三菱UFJ/ジャパンネット)の口座情報を返信させていただきます。
・銀行振り込みのみの対応です。領収書の発行も可能です。
・阪神高速の(某)もお知らせします。

【文中リンク先URL】
https://www.sankei.com/article/20210707-TJ6MTC5DSFMZDFMJRKF52ZLDDI/?419356


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply