チャイナはもうあかんからこれからは台湾や、というのはええんやけど、実はややこしいんや。


 深田萌絵さんの情報発信、毎日頑張ってはりますね。YouTubeはほぼ毎日、無料と有料があり、他にメルマガもあり、そして本もいっぱい出してはります。今回読んだのはこの『ソーシャルメディアと経済戦争』(扶桑社新書)です。

 「ビジネスプロパガンダ」をしっかり見抜かなあかん、という話ですね。

 最近、次のようなキーワードを頻繁に見聞きするようになっただろう。
 ファブレス、脱炭素、シェアリングエコノミー、多様性、デジタルトランスフォーメーション・・・・。
 もし、これら雑誌やメディアを賑わすビジネスキーワードの多くが、「巧妙に作り上げられたプロパガンダ」だと言ったら、あなたは信じるだろうか。

 と書き始めてはります。

 32歳で起業してITビジネスの現場に出ると、そうしたキーワードやトレンドが自然発生的なモノではなく、何者かが作り出し、SNSやメディアで宣伝し、世論と政治を誘導する巧妙な「ビジネスプロパガンダ」だと分かった。

 最初に上げたいくつかの言葉は全部、「中国」や欧米エスタブリッシュメント(支配階級)が利益を手にする構造になってるんや、ということやそうです。そうですね。たとえば「脱炭素」は、実は「中国」が一番トクをするわけやし、「デジタルトランスフォーメーション」を突き詰めれば、「中国」が最も望む「データ監視社会」の構築に貢献することになるんやというわけですね。

 そしてやっぱり深田さんに語らせたら、「中国」人、台湾人には一番警戒せなあきませんね。

 ファーウェイは実質的に同郷、血縁でまとまったコングロマリット(複合企業)とみなしてもおかしくない。だからこそ、米司法省はファーウェイに対して組織犯罪を取り締まるRICO法を法的根拠として利用した。
 この監視ビジネスのグローバル展開を実質的に掌握しているのは中国共産党ではない。大陸で生まれ、中国と台湾の両岸で栄える浙江財閥であり、青幇というマフィアなのである。

 まあしかし、最近では習近平ですら、ヤクザの棟梁みたいなもんやと世界中が認識し始めてるんとちゃいますか。ある日突然、勝手に法律を変える無法国家ですからね。ファーウェイは何とかトランプさんも頑張ったおかげで世界から排除される流れになってはいますが。まだまだ心配のタネは尽きません。

 「中国」ではもう、世界中を送電網でつなぐ「スーパーグリッド」という構想があって、トランプさんの統治最終年の2020年に、すんでのところでアメリカの送電網を「中国」企業に乗っ取られる?ところやったそうです。日本でも今、着々と進んでいますね。大丈夫なんか?

 日本では今、台湾は親日国やから安心、みたいな雰囲気がありますが、これは実はめっちゃ警戒せなあかん話なんですね。

ビジネスは常に「家が栄えるため」の一族経営なので、子供たちを相反する二つのグループに入れて活動させることも多い。
 例えば、宋家のチャーリー宋が娘の宋慶齢と宋美齢を中華人民共和国と中華民国の二手に分けて工作させたり、蒋介石が宋美齢を使って米国から資金援助を得ながらも、息子の蔣経国をソ連のモスク大学へ留学させてソビエトからの黄埔軍官学校運営の援助を得たり、敵対する国家から同時に支援を得ていた。

 そうそう、昔からやってることは変わってへんのや。日本人、甘すぎるんとちゃうか。深田さんは1993年の「ラファイエット級フリゲート艦事件」にも触れてくれてはります。

 この事件は、台湾海軍がフランスのトムソン社からから買ったラファイエット艦を通常価格の2倍で購入し、その分がディベートとしてフランスの政治家、台湾の兵器ディーラー、中国の政治家の手に渡り、技術と兵器は中国へ移転して台湾には空っぽの艦が納品されたという事件だ。

 この事件では何と、14人の重要証人が殺害されたんやとか。あーコワ。

 台湾社会から消えたようで、時折再浮上する青幇の名前だが、当時の頭領の杜月笙の弁護士だった蔡六乗とその孫がソフトバンクやアリババを資金的に支え、台湾や中国の半導体支配工作を支えているところからもその存在がうかがえる。

 いやあ、ホンマにお人好しの日本人、ヤバすぎますね。「中国」はもうあかんから、台湾と仲良うせなあかんのやというのは一面では正しいですが、そんな単純なもんでもないんやで、ということを何べんでも強調しておきましょう。

 深田さんはこの後、そしたら私ら日本人はどないしたらええんや、という話もちゃんと書いてはります。
 話がまだまだ続きますので、今日はここまでにしときます。すみません。


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

  クラウドファンド(募金)実施中です!

第二弾看板・意見広告クラウドファンド、順調スタート!今回は「安定的な皇位の継承」や!

【文中リンク先URL】
https://naniwakawaraban.jp/wp-admin/post.php?post=1975&action=edit

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply