やっと盛り上がりたいのに何か気持ち悪いわ。東京五輪は日本人でない人たちに乗っ取られたんか?

パンチ小

 政府の武漢コロナ禍対応のドタバタぶりは、もう子供が見ても、目も当てられへん状況になって来ましたね。マスゴミは政府批判ができたら何でもええから、何かにこじつけて批判しようと手ぐすねひいて待ってるところにズボズボ入って行ってますね。緊張感も何もあらへんグダグダぶりです。

 やっぱり菅さんは、番頭さんとしては良かったかも知れんけど、トップはムリやったなあ、とがっかりですね。これから自民党、どないすんねやろ?と心配になります。もう遅いかもですが、とにかく私ら日本国民は、少しでもマシなゴミ(カス)を拾うて行くしかないんや(悲)。

 ずっと武漢コロナ対応を批判してはる藤井聡さんが今日(7/19)の産経新聞の「正論」に書いてはります(「ゼロコロナ」という病の処方箋)。理路整然とはこういう文章のことやな、と思いました。

 菅義偉首相の4度目の緊急事態宣言の発出を耳にしたとき、啞然(あぜん)とした心持ちとなった国民は多かろうと思う。そもそも、「五輪を絶対にやる」という菅首相の方針から言うなら、軽々なる緊急事態宣言などあり得ないはずだったからだ。

 確かに唖然としましたね。それで何で五輪はやるんや?と言うのももっともやし、高齢者のワクチン接種は進んでるし、これまでの3回の緊急事態宣言の状況とはもう全然違うやんか、と。

 つまり今回の緊急事態宣言は「緊急事態でない状況」だったわけであり、だから多くの国民は、「なるほど…菅首相は五輪開催中の感染拡大を恐れ、それを抑え込みたいという『政治的意図』のために国民の行動を規制するという暴挙に出たのだろう」と解釈したのである。結果、多くの国民はそんな菅氏の「ご都合主義」に辟易(へきえき)し、大きな嫌悪の念を向け始めているのである。

 そうそう、もはや批判とかではなくて「嫌悪の念」やで、菅さん。「それ、おかしいやん、なんでやねん?」と。藤井聡さんはそんな政府の不条理な判断の背後には、「尾身茂氏を中心とした政府系の専門家たち」の「ゼロコロナ」志向があるからや、と書いてはります。「こうしたゼロコロナ志向は極めて『危険』なものだ」と。

 たとえインチキな「感染症の専門家」の言うことであっても、トータルで判断して進むのが政治家なんとちゃうんか?というわけですね。英国のボリス・ジョンソンは間違いなく「政治家」ですね(英首相、対コロナで「賭け」 感染急増でも規制解除)。

 英イングランドで導入中の新型コロナウイルス感染規制が、19日にほぼ全面的に解除される見通しとなった。ロックダウン(都市封鎖)や厳しい規制下に1年半近く置かれてきた国民が待ち望んだ「自由の日」。ただ、変異株が猛威を振るう中での解除はリスクを伴い、ジョンソン首相は「大いなる賭け」(英メディア)に出た形だ。

 英国ではワクチン接種がけっこう進んでるという状況はあるものの、トップの果敢な判断で筋を通して行くことは大事ですね。自分だけは責任を取りたくないという人が集まっている日本政府では、何一つ、筋の通った政策はできず、ふらふらとブレまくるだけの醜態をさらしているわけですね。

 上で藤井さんが書いてはるように

最大の戦犯は「視聴率」のためにコロナリスクを煽(あお)りに煽りまくったTV(テレビ)マスコミに他ならない

 のは確かなんですが、そんなん、今さらわかり切った話やというわけですね。そこで

 つまり、TV、専門家、政治家の三者がそれぞれ公益を度外視したご都合主義で「ゼロコロナという病」を蔓延(まんえん)させてしまったのである。

 政治家の責任は重大、と。教育の現場ではもっと悲惨な話がゴロゴロ出て来ていますね(西村虎之助 @JzByYwmCH1ZJumu)。米子松蔭高校野球部の主将のツイートです。

僕たちは夏の大会に向けて、甲子園目指して、必死に練習してきました。部員から陽性者は出ていません。校長先生含め学校は最後の最後まで出場できる道を探してくれました。試合もできずに、このまま終わってしまうのは、あまりにも辛いです。何とか出場する道を模索していただけませんか?

 せやけどこのツイートにすら、「コロナ脳」の人たちがわんさといますね。橋下くんも激怒、とかで騒ぎが大きくなっています。「コロナ脳」もアタマが痛いですが、日本中が「責任を取りたくない」人だらけになってるのがようわかります。

 そうは言うても、オリンピックが始まったらそれなりに盛り上がるやろう、と思いたいですが、ブレーキをかけられる話ばっかり出て来ますね。隣の半島人が、横断幕を掲げてIOCに怒られたら、今度は垂れ幕とか。

 表彰式授与のスタッフの制服が大批判を浴びたけど、どうもそのままみたいやし。着物でええやんと思うのに、何か気持ち悪い、安っぽい服です。さらに代々木公園には、気持ち悪い人の顔のバルーンが上がっています。

 当初、五輪の開閉会式の総合統括をするはずやった狂言師の野村萬斎さんは、アイヌの踊りには反対やったとか、それで辞任したのに今回それが復活するとか。まだまだぎょっとする話が出て来そうでイヤーな感じです。

 なんでこうなってしもたんや?オリンピックも結局「日本人やない人たち」に乗っ取られてしもたんか?そろそろ「お人好しな日本人」は返上せなあかんのとちゃいますか?

 政府のグダグダぶりにはがっかりし、開幕直前のワクワクも何も感じられへん、おどおどとした不思議な雰囲気のオリンピックになってしまいそうです。あとちょっと、何とか盛り上げて行きたいもんです。

【文中リンク先URL】
https://www.sankei.com/article/20210719-FVVQB3WQBNOOTIPPPR3FFGHXC4/?503452
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071000357&g=int
https://twitter.com/JzByYwmCH1ZJumu/status/1416615427837358081


人気ブログランキング

 ↑励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

  クラウドファンド(募金)実施中です!

第二弾看板・意見広告クラウドファンド「安定的な皇位の継承」。【お詫び】と【再度のお願い】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply