男系継承という伝統を二千年以上も持ち続けられたんは、日本人の「信じることのできる力」や。

自転車小

 私は「覚醒」するまでは、特に皇位継承にも関心はありませんでした。ホンマに恥ずかしい話ですね。そんな大事な話はもう決まってるんとちゃうんか?というぐらいの気持ちやったと思います。皇位継承の話がめっちゃヤバかったのは、今にして思えば、小泉政権時の「皇室典範に関する有識者会議」が、平成17(2005)年の11月に、「女性天皇」「女系天皇」なる面妖な語を含む「報告書」を出した時ですね。

 Wikipediaによると、全国紙で懸念を表明したのは産経新聞だけやったみたいですね。そして何と寛仁(ともひと)親王殿下(ヒゲの殿下)がこの報告書を批判して、旧皇族の皇族復帰とか、養子の話、宮家の再興の提案をしてはったようですね。うーん、知らんかったわ。

 で、平成19(2007)年1月に悠仁親王殿下がご誕生になったことで、この議論は沙汰やみになったわけですね。そらそうや、皇位継承者がいてはる前で、なんでそんな話をせなあかんねん、というわけですね。紀子妃殿下、グッドジョブ!やったわけですね(軽い言い方ですみません)。

 そして改めて、こんなおぞましい、「女性天皇」「女系天皇」の語を平気で報告書に書かせた奴は誰なんや、という話にせなあかんと思います。私は当時の宮内庁長官の羽毛田信吾(はけたしんご)氏がめっちゃ怪しいと思てます。何の根拠もありませんが。

 さてめっちゃ前置きが長うなってしもたわ。今日はこの皇位継承に関する話で、ずっと疑問に思てたことが一つ、解決した話です。色んな人が色んなことを言うてますし、私が入れて貰うてるメーリングリストでも、時々論争があって、めっちゃ勉強になります。

 そんな中で、遺伝子やらDNAの話をする人が必ず出て来ますね。挙句にはDNA鑑定をしたらええ、とか、とんでもないことを言う人もいます。たしかに親子、親族のホンマの関係は、今ではかなりの程度、鑑定できるようですね。「万世一系」とエラそうに言うんやったら、調べたらええねん、ということでしょうか。

 私は、「そんなことしたらあかん」もしくは「そんなことせんでもええ」と言いたいです。理屈はありません。そんな恐れ多いことをよう言えるな、という感覚です。とは言え、百田尚樹さんも、『日本国紀』の中で、「私は十中八九、〇〇天皇の時代に断絶があったと思う」などと軽いことを書いてはります。

 何がウケるか、に関しては天才的に鋭い人やし、所詮、人の書き物、「話としては面白い」というレベルで読み流してたらええやんかとは思いますが、正式にこれを追及するためにDNA鑑定なんて、絶対にして欲しくありませんね。

 そしてその感覚が正しいことを、私が入れて貰うてるメーリングリストの論争の中で、ある人が書いてはったんです。私的なメーリングリストなのでコピペするわけにはいきませんから、私が理解した書き方でお伝えします。

 「男系継承」は理屈ではなく、結果的に二千年以上続いてきた「伝統」やというわけです。もし、「間男」がおったら男系が途絶えるなんて、昔の人だって考えたはずや、と。せやけど日本人はずっと、天皇家にはそんなことは有り得へんと、ずっと信じて来たんや、ということですね。

 せやからこそ日本では、「中国」からは何でも取り入れて来たけれど、「宦官制度」は取り入れへんかったんや、と書いてはります。他人を信じることがでけへん国と、信じることのできる日本との違いですね。もし不義の子がおったとしても、そのことを全員が知らんかったら、それは存在せえへんかったことになる、存在せえへんもんは、「意味がない」ということです。

 そうなんです。せやから、DNA鑑定は「意味がない」んです。なるほどー、と感服した話でした。うーん、一つだけバラしましょう、そのことを書いてはったんは、谷田川惣さんです。『入門 「女性天皇」と「女系天皇」はどう違うのか 今さら人に聞けない天皇・皇室の基礎知識』を、竹田恒泰さんと共著で出しはった人ですね。

 「万世一系」は、まさしく、私ら日本人の「信じることのできる力」によって二千年以上にわたって受け継がれ、それが伝統になって来たんやということですね。こんな素晴らしい伝統を持つ日本という国を、ぜっっっったいに「中国」なんかに蹂躙させたらあかん!


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply