岸田政権の下で政調会長なら、総選挙の公約作りにも関われる。高市さん、いよいよこれからや!

指差し小

 毎日言い訳をしていますが(笑)展開が早くて、最新情報について行くだけでアップアップです。そしたら、しばらく小坪しんやさんのブログを読んでへんかったことに気付きました。小坪さん、すみませーん。小坪さんが、総裁選では岸田さんを支持することを表明してはったところまでは読んでました。

 その時に、あー、やっぱり現役の「議員」さんは、義理や貸し借りや、組織のことで、いろいろと大変なんやなあ、と感じたことを思い出しました。今日(10/1)、その時からの続きを読み返して、小坪さんの読みの速さと正確さがめっちゃようわかりました。

 そして私の幼稚な予測、というより願望(高市早苗さん、一回目の投票で過半数を制して総裁に。有り得へん話やないで。最後の追い込みや!)は、もし小坪さんのブログを読んでたら、絶対あり得へんとわかってたんやな、と恥ずかしくなりました。

 つまり、自民党員・党友票と言うのは、まるっきりマスゴミの誘導通りになることをきっちり予測してはったわけです。なぜなら「自民党員」の実態を、地方議会の議員として、一番ようわかってはるからですね。さらに昨日私が「自民党員の中にも「中国」人がいっぱいおるんとちゃうやろか。それぐらい疑いを持たなあかん。」と書いたことについても、とうに指摘してはりました。

 実態はまさに、その気になればやりたい放題される可能性もあって、しかもそれを防ぐことも、仮に大規模不正をされたとしても、それを不正と証明することすらでけへん仕組みになってるということがわかり、戦慄を覚えました。記事はこちらですね。
【政治家の目線】党員票の実態、実は”政治に関心が薄い”のが現実。縁故で入党を要請した方の比率が非常に高いため。結果、テレビの影響を強く受ける。
総裁選、不正投票問題。他国から大規模にやられても、立証する方法すらない。それでも自民党員が必要な理由。

 小坪さんはさらに、これではあかんから、と自民党総裁選の仕組みの修正案まで提案してくれてはります。ただそれって、とんでもなく規模の大きな話なので、限りなく実現可能性は低い、と。ええーっ。なんか絶望的な恐ろしい話ですね。遅くとも岸田さんの総裁任期終了、つまり次回の総裁選までには何とかしてほしいな。

 それにしても、形の上では「一私党」の総裁選びやから、法的な制限はあらへんわけで、そこが付け入られるスキでもある、というわけですね。難しいな。恐らく基本的には性善説で運用されてきたものやから、厳密には穴だらけになってしまうわけですね。少しでもその穴を塞いでいくしかなさそうです。

 さてこの間、つまり総裁選の真っ最中に、小坪さんはスゴい実績も残してはりました(ウイグル協会が岸田氏に謝意 担当補佐官の新設表明に)。

自民党総裁選(29日投開票)に出馬している岸田文雄前政調会長は25日、日本ウイグル協会の于田(うだ)ケリム会長らと国会内で面会した。岸田氏は中国政府による新疆(しんきょう)ウイグル自治区などでの人権弾圧に対応する人権問題担当の首相補佐官新設を表明しており、于田氏は謝意を伝えた。

 総裁選の真っ最中の超多忙な中、奇跡的にスケジュールを組むことができたんやそうです。

 総裁選の候補者が、中国当局に抗議する民族団体の関係者と面会するのは異例。在日ウイグル人支援に取り組む地方議員有志による「全国地方議員の会」が両者の面会を仲介した。

 へえー、岸田さんと会えたのは「異例」なんやそうです。そしてこの「全国地方議員の会」の幹事長が小坪しんやさん、というわけですね。「人権問題担当の首相補佐官」を、わざわざ新たに設置することを約束、ですからね。前国会の最後の最後に、二階派の妨害により対中非難のウイグル決議がでけへんかったので、次の国会ではすぐにでも決議を出すことにはなってるようです。

 ただ、国会決議は何の法的拘束力もないのでむしろ、首相補佐官の設置は、実際に話が進むことは間違いなさそうです。小坪しんやさん、グッドジョブ!やんか。あ、今問題になってるのは、ウイグル人は(チベット、モンゴル、香港もそうですが)法的な国籍は「中国」になるわけですね。

 せめて日本に逃げて来ているウイグル人たちを、何とか助けたい、という話です。少なくともこれに関わる省庁は外務省と法務省なので、省庁横断的な動きができる首相補佐官を新たに置く、という話です。ここまで報道されたからには、必ず実現されることと思われます。

 話の順序が逆になりますが、つくずく、今回の総裁選で「小石河(小泉・石破・河野)連合」を潰せたことはよかったなあ、と思います。これで、直前まで河野当確、と信じて擦り寄り始めてた竹中平蔵くんもガックリやと思います。ざまあ(笑)。

 そしたら昨日のコメント欄で「令和晴耕雨読人」さんが、今日(10/1)の三橋貴明さんのブログで、高市早苗さんの政調会長就任はええことや、と書いてはったと知らせてくれはりました。

政調会長は自民党の「あらゆる政策立案」のキャスティングボートを握ります。

 大臣になると所管があるけれど、政調会長は「あらゆる」政策に関われるんやということですね。そして

 総選挙の公約を作らなければならない時期に、自民党の政調会長が高市氏であることは、これは相当に影響が大きいと思います。

 そうかあ。総選挙の公約作りにまで関われるんや。もう最適任やんか。ちなみに三橋さんは、明日は岸田さんが「新自由主義の転換」を主張する一方で「財政再建の旗は降ろさない」と言うてることの矛盾を突くんやそうです。

 しっかり政策の中身を見て、正しい批判をして行きましょう。いずれ近い将来に必ず高市早苗さんが総理大臣になる日は来ると思います。話は戻りますが、もし高市さんが今回、奇跡的に総裁選に勝ってたとしたら逆に、組閣からして大混乱になってたと思われます。

 そして首相就任後は、第一次安倍政権のときみたいに、マスゴミが全力を挙げて潰しにかかって来たであろうことを考えると、実は今回、高市さんはめっちゃうまいポジションに付けたと考えられますね。やっぱり安倍ちゃんは策士やなあ。

【文中リンク先URL】
https://samurai20.jp/
https://naniwakawaraban.jp/2021/09/24/%e9%ab%98%e5%b8%82%e6%97%a9%e8%8b%97%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%81%e4%b8%80%e5%9b%9e%e7%9b%ae%e3%81%ae%e6%8a%95%e7%a5%a8%e3%81%a7%e9%81%8e%e5%8d%8a%e6%95%b0%e3%82%92%e5%88%b6%e3%81%97%e3%81%a6%e7%b7%8f/
https://naniwakawaraban.jp/2021/09/30/%e8%87%aa%e6%b0%91%e5%85%9a%e5%93%a1%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ab%e3%82%82%e3%80%8c%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%80%8d%e4%ba%ba%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%81%8a%e3%82%8b%e3%82%93%e3%81%a8/
https://samurai20.jp/2021/09/kasiwara/
https://samurai20.jp/2021/09/sousaisen-4/
https://www.sankei.com/article/20210925-L3NFHZUGRNLE3HQD3Q5KODMDBA/
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12701189285.html


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply