実は正式な国ではないことを利用して、上手く立ち回る台湾、TSMC。ダマされたらあかんで。

走る小

 政府が3年ぶりに「エネルギー基本計画」を発表したけれど、原発については何にも触れてへん、と一部では不評です(エネルギー基本計画、3年ぶり改訂を閣議決定)。まあそんなことよりも、「2050年カーボンニュートラル」を、そのまま受け入れてることの方がおかしいと私は思います。

 どっちやねん、というのと、ホンマにできるんか?という話です。CO2を本気で減らすんやったら現時点で可能な原発を増やすしかないやんか、と。国のエネルギーの話は、それが先の戦争の原因になったくらいに、国家の存立にとっては大事な話やのに、誰も責任を持ってストーリーを作ってへんことに、愕然としますね。

 まあ、総選挙前やし、岸田政権はこれからやから、とりあえずこれまでで調整のついてる話を出しとけ、みたいな感じなんでしょうか。結局いろんな利権がごちゃまぜになって、アクセルを踏みながらブレーキを踏むようなことが、あちこちで起こってるんやろうな、と、暗い将来しか思い浮かびません。

 えらい前置きが長うなったわ。いきなりですが、また台湾の話です。何でTSMCに4000億円も差し上げて、日本(熊本)に来てもらわなあかんねん、という話ですが、もう日本には半導体の技術はあらへんと、何と高橋洋一さんが断言してる、と(第302回 情けない日本の半導体産業。IT化を進めない既得権者たちがその原因だった。)。うーん、確かに言うてはるなあ。政府や業界の批判もしてはりますが、かなり突き放した言い方です。

 それに対して深田萌絵さんが激怒りです(高橋洋一先生の「日本は情報が無いから、スパイ防止法不要」はおかしくない?)。そらそうやな。ただ、この数か月で起きたこと、菅さん退陣、岸田政権成立が、微妙に色んなところに影響が及んでいるようです。元々経産省は、TSMCの誘致には反対やったんやとか。え?そしたら再生エネルギーは誰が?と、もう、ワケわからへんですね。

 そして昨日の柏原竜一さんの動画(アメリカに喧嘩を売ったTSMC)で、はっと気づいたことがありました。半導体が何でこんなに急に世界中で品不足になったんや?というのは実は、みんなが疑っていて、アメリカのレモンド商務長官が、世界の半導体大手メーカーに、どこにどれだけ売ってるんや?という情報を出せ、と言うた、と。

 ところがTSMCはその情報提供を拒否した、という話です(台湾TSMC、米政府の異例の情報開示要求に「ノー」)。あはは、間違いなく「中国」には、いっぱい流していそうですね。そしてその話は、深田萌絵さんがこれまでさんざんTSMCに、してやられて来た話ときっちり符合しますね。ウソをつくんですよ、あいつらは。

 アメリカでは今、TSMCがアリゾナ州に工場を建設中で、それにアメリカ政府の莫大な補助金を付ける話が議会で審議中なんやそうです。言うことを聞かへんかったら、補助金が吹っ飛ぶんとちゃうか?という話ですね。これは日本も無視するわけにいかんのとちゃいますか?

 そして話は柏原竜一さんの動画に戻ります。柏原さんは何と、台湾は民主国家とは言えへんのとちゃうか、と言うてはります。あまりに一部の財閥、企業の力が強い、と。それは例えばテリー・ゴウのフォックスコンや、モリス・チャンのTSMCやというわけです。「寡頭制国家」とも言える、と。

 そして実際、モリス・チャンはASEAN(東南アジア諸国連合)の代表やそうです。まるで国の代表やんか。さらに台湾では、武漢コロナワクチンは、この二人でないと海外から買い付けがでけへんかった、ということなんやそうです。

 つまり、台湾は正式には「国」ではないので、他国も「中国」さまの手前、直接には売れないので、私企業に売る形にせざるを得ない、という話です。柏原竜一さんは、こんなことでは台湾は、国家として成り立たないのではないか、しかも今も、独立国になろうとはしていない、米中どちらにもええ顔をする、鵺(ぬえ)的な行動を取っている、と分析してはります。

 なるほどー。第二次世界大戦後、台湾に乗り込んだ蒋介石、国民党につながる人たちは外省人で、いまだに中国大陸とは人的につながりがあるわけですね。政治的立場はどうであっても、上のテリー・ゴウ、モリス・チャンにしても外省人なわけで、せやからこそ実は、台湾が独立せずに、米中どちらにもええ顔をすることで儲けることができる、というわけですね。

 アメリカがどこまでそんな「鵺(ぬえ)的行動」を許すんやろうか、ということですね。ただ、ちょっとややこしい話ですが、今バイデンは、せっかくトランプさんが「中国」への締め付けをビシバシやってきたことを、どんどん緩めて来ています。

 今日(10/23)の「宮崎正弘の国際情勢解題」で、「バイデン、対中輸出規制を大幅に緩和 またも中国へハイテク輸出を連続して許可」と書いてはります。おいおい、今が一番肝心な時期やんか、バイデン!と言いたくなりますね。やっぱりバイデンは「中国」に取り込まれてたんやな。

 前も後ろも、右も左も、危なっかしい話ばっかりやんか。国際関係は、上手いこと、上手いこと、ズルく、ズルく、立ち回らなあかんのや。また書いとこ。パーマストンの言葉。

「わが英国には、永遠の友もいなければ、永遠の敵もいない。あるのは永遠の国益だけである。」

 まさに総選挙の真っ最中、日本の国益をしっかり考えることのできる国会議員を選びましょう。

【文中リンク先URL】
https://www.sankei.com/article/20211022-UADSJPO7GFM5TGBIQY4O3QW64I/?434480
https://www.youtube.com/watch?v=ayQiI9O_XAg&t=321s
https://www.youtube.com/watch?v=U6bAr-m0Nt4
https://www.youtube.com/watch?v=UWunKfJAUbg
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM200LW0Q1A021C2000000/?unlock=1
https://www.mag2.com/m/0001689840


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

「保守看板」の募金に、ご協力をお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply