聖徳太子の頃からとうに日本人は、今で言う民主主義を実践してた。天皇の役割も変わってへん。

走る小

 昔、高校の時の歴史の先生が「人間が手で作るもの」は、時代が古いほどよう出来てる、と言うてはりました。時代が下るほど、手作りのものはレベルが低くなって来てるんや、ということですね。何かわかるような気がしますね。

 岡本太郎が、縄文土器と出会ってとんでもない衝撃を受けた話は有名ですね。「縄文時代」のことをもっともっと知りたいと思います。読みたい本は山のようにあり、知りたいことは次から次と出て来ます。最近は本もあるけど、動画がけっこう手っ取り早く、理解を深めることができたりしますね。

 英国の歴史家、トインビーは、日本を独立した一文明圏としてとらえてた話も有名ですね。日本を貶めたいだけの、戦後のアホな三流歴史家と、それに従うサヨク教育者は決して認めようとはしませんが。縄文遺跡は沖縄から北海道まで、ざくざく出て来てるんですね。

 そしてよく言われるのが、殺し合いをした形跡がほとんどない、人を殺す武器らしきものが出て来ない、ということですね。さらに最近知った話ですが、何と、どう見ても産まれながらの、今でいう「障害者」が、それなりに成長してから亡くなったと推定される骨も出て来てる、と。

 私ら日本人の祖先である縄文人は、優しかったんやなあ、と嬉しい気持ちになりますね。たぶんそれは、「食うに困らへん」かったからなんやろうな、と思いますね。海の幸、山の幸、川の幸、豊かな四季の恵みに囲まれていたから、殺し合いなんかする必要がなかったんや、と。

 あと、私の学生時代には、縄文時代は狩猟採集生活をしてたのが、弥生時代になって大陸、半島から米作、農耕技術が渡って来たんやと習いましたが、それは違うようですね。縄文時代には既に農耕があったことが実証されてるそうです。

 食うに困らへんから、当時の人は時間を見つけては、楽しみながら色んなものを作る中で、縄文土器はどんどん芸術性を高めていったんやということなんでしょうね。精神的には現代の私ら日本人より、よっぽど豊かで幸せな毎日やんか。

 せやからこそ、日本人には「和」を尊ぶ心がDNAとして残ってるんや、と思いました。今年は「聖徳太子1400年御遠忌」、実は先日、大阪市立美術館へ行って「千四百年御聖忌記念特別展 聖徳太子 日出づる処の天子」を観てきました。

 そして聖徳太子と言えば「十七条憲法」、その第一条は「和を以て貴しとなす」、あまりにも有名ですが、ちょっと誤解したらあきませんよ、という話がありました。人気ブログ「ねずさんのひとりごと」で有名な小名木善行さんのYouTube動画「むすび大学チャンネル」の、昨日(10/27)「教科書に載ってない十七条憲法の嘘」の配信です。

 25分ほどの話なので、ぜひ聞いてみてください。小名木さんの話の面白いのは、きちんと原典を示して、文章の中の漢字の成り立ちから説明してくれはることですね。第一条の「和を以て貴しとなす」の後には実は、意見が違うことがあっても、身分の上下に関係なくみんなでしっかり議論しなさい、と書いてある、と。つまり議論をする時には「和」が大事、ということをまず、言うてるんやそうです。

 言いたいことがあっても「和」が大事やから、我慢して黙って従え、などと解釈するのは全く逆の話なんや、ということです。むしろ「和」は、議論する時の心構えを言うてる、という話でした。せやからこそ、第三条の「詔承必謹」、「詔(みことのり)を承(う)けては必ず謹め」が生きて来るんや、ということなんやそうです。

 これを戦後のアホ左翼学者は、天皇絶対主義、みたいに言うけれど、違うんや。みんなでとことん話し合って決めたことが、天皇の「詔(みことのり)」になって出されるわけですね。みんなで話し合って決めたことは、後になってグダグダ言うな、という話です。

 私らの世代は、日本は戦後、アメリカから民主主義を教えて貰うた、みたいに教育されてますが、全然違いましたね。聖徳太子の頃から既に日本人は、今で言う民主主義をちゃんと理解して実践してたんやで、という話やんか。国会でできた法律は今も、天皇の御名御璽をもって発布されるんや。今も昔も、何も変わらへん!

 日本人、もっとしっかりせなあかん!昔の人から笑われるやんか。ちゃんと正しい歴史を学んで、日本人としての誇りを取り戻したいもんです。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=jSdWHsX34aU


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

「保守看板」の募金に、ご協力をお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply