いつも「決められへん」岸田くん、「憲法改正」も維新のペースに乗せられたらあかんのやで。

頷く小

 よう考えたら(考えんでもww)今回の総選挙で、とりあえず憲法改正に前向きな政党の議員数で三分の二を超えていることが、結構注目され始めていますね(改憲に「前向き」3分の2超…議論進展は見通せず)。

 衆院選では自民、公明両党と日本維新の会、国民民主党など憲法改正に前向きな勢力が、国会発議に必要な総定数の3分の2(310議席)を超えた。ただ、立憲民主、共産両党は国会での憲法論議自体に後ろ向きで、議論が円滑に進むかは見通せない状況だ。

 まあ立憲共産党は、もし今までと同様にこれからも「憲法審査会」を開かせへんかったり、グダグダ言うようやったらもう、無視してもええと思いますが、事はそんなに簡単ではありませんね。今日(11/5)の青山繁晴さんの「ぼく国」でも言うてはりました(【ぼくらの国会・第237回】ニュースの尻尾「維新に大反論 9条改正」)。

 今回「大勝利」の維新に、憲法改正の主導権を取られたらあかん、という話ですね。これはホンマに慎重にならんとあきませんね。維新は「統治機構の改革」とか「憲法裁判所の設置」を言うてますが、結構ヤバい話でもあります。

 いずれにしても、キッシー(岸田首相)も大見得を切ったわけやから、さっさと取り掛からんとあかんわけで、そこでまた維新がいろんな条件を付けてきたりするのには、振り回されんとってほしいですね。足して二で割る、みたいな解決が、実は最悪なもんになってしまう例はいくらでもありますからね。

 しかももちろん、維新だけやのうて、公明、国民民主なんかの提案も一応は聞いていかなあかんわけですから、これは結構しっかりした人がグイグイやらんと結局、議論百出で、いつまでもまとまらんと漂流する危険性もある、と。

 私自身の考えは、実は「全部変えてしまえ派」なんですけどね。デキの悪い学生のレポートみたいな、コピペだらけの英文和訳調の現憲法は、ただひたすら恥ずかしいだけやと思うてます。いったん大日本帝国憲法に戻して、そこから改正するのが筋なんとちゃうか、と思うてます。

 まあしかし、現実的には現憲法を70年以上も使うて来たわけやし、その70年を否定するのもまためんどくさいし、色んな不都合も出て来るやろうし、今の日本の政治状況ではたぶん不可能なので、とりあえず自衛隊を軍にすることと、緊急事態条項だけはさっさと作れ、という言ところで落ち着いたらええな、と考えています。

 そして維新の松井代表は、早速煽りを入れて来ていますね(「参院選と同時に国民投票を」憲法改正で維新代表)。人の話を聞くキッシー、まあたフラフラー、ふらふらー、しそうやな(笑)。こういう戦いは「先手必勝」なんやで。

 そう言えば昨日(11/4)の「ぼく国」では青山さんは、自民党の大阪に対して、去年、「都構想」をかろうじて否決したんやったら、「都構想は否決しましたが我々は今後の大阪をこうします」とすぐさま出さんかい、と言うてはりました。その通りですね(【ぼくらの国会・第236回】ニュースの尻尾「驕るナ 岸田総理 総選挙」)。

 何やかんや言うても、コロナの中で吉村さんはよう頑張ってはるやんか、と思わせられたのが全て、でしたね。たとえやってる内容は怪しくても、毎日のようにテレビに出てたら結局、不思議なことに親近感が湧いて来るんや、というわけです。そしてそのことを、維新は一番よう知ってたわけですね。

 話それたわ。つまり大阪の自民党は、さてこれからどうするんか、という方向を「先手必勝」で示さなあかんかった、と。うーん、そんなんできる人も余裕もなかった、といことやろか。そして今回急浮上してきたこの憲法改正、もし高市さんやったら上手いことやってくれはるように思いますね。とは言え高市さんは、他にやることがいっぱいありますからね。高市さんが5人ぐらいほしいわ。

 なお、私が入れて貰うてるメーリングリストには、高名なジャーナリストや学者さん、弁護士さんがいっぱいいてはって、ものごっついレベルの高い話をタダでいつも読ませて貰うてるんですが、あ、もちろん非公開なので、そのまま出すわけにはいきませんが、参考になる話がありました。

 維新が出してる「憲法裁判所の設置」は間違いや、という話です。現在の日本の三権分立の中では、裁判所は、国会の立法に対して直接判断を下されへん、ということです。あくまでも国会が作った法律の施行によって何らかの被害?不都合?が生じた時に、裁判を起こして初めて、その法律の施行の結果についての判断を下す、ということですね。

 どうも維新は最高裁判所に、国会の作る法律が憲法に違反してないかどうか、判断させたいみたいです。危ない話やんか。最近、私ら日本国民は、裁判官がいかにええかげんなもんか、だいぶわかって来ましたからね。これは無理やと思います。

 そして実際のところ、ドイツにはこの憲法裁判所があって、しょっちゅう国会の法律に違憲判決を出していて、一方では国会が毎年のように憲法改正をしていて、結果、「いたちごっこ」になってるんやそうです。あー、せやからドイツでは憲法改正がしょっちゅうあるんか、と変にナットクですね。

 いずれにしてもスピードが大事。0泊3日でグラスゴーに行ってきた岸田さん、そのスピード感で憲法改正もやって下さいね。せやけど、ぜっっったいに維新には振り回されたらあかんで、と言うときましょう。

【文中リンク先URL】
https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20211101-OYT1T50082/
https://www.youtube.com/watch?v=egiEXe4ZCqQ
https://www.sankei.com/article/20211102-QSDKQB2F4NNAHFEUMX6XFVWTXM/
https://www.youtube.com/watch?v=RNSqkIrAhbc


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply