安倍ちゃんの「台湾有事」発言は深いで。岸田くんの影はあらへんな。世界は一気に変わるんやで。

指差し小

 私が入れて貰うてるメーリングリストに、面白いブログ記事が紹介されていました「純日本人会」です。ブログのサブタイトルが「被差別民族日本人は、結束して差別と闘おう!」。あはは、面白い!書いてはるのは栗原茂男さん。本も書いてはるんですね。このブログの、今日(12/18)の最新記事の紹介でした(安倍元首相の「台湾有事」発言)。

 この安倍ちゃんの発言は、前に私も書きましたね(世界で対「中国」への風向きが変わって来た?新聞にも「支那」と出たで。日本は乗り遅れたらあかん。)。やっぱりこの発言は、実は世界中で注目されてるような気がします。

 安倍ちゃんの発言と、「中国」の激越な反応が、安倍ちゃんが12/8に出演したBSフジLIVE「プライムニュース」に出たときの画像として出ていたので、それを貼り付けます(笑)。

 安倍ちゃん発言については私は、前に、もう一つ書きました(米中戦争たけなわ。バイデンは押される一方やんか。ウォール街は対中投資を増やしてるとか。)。そこでは、実は安倍ちゃんの「重要影響事態」は、その数か月前に、麻生さんが「存立危機事態」と言うたことから後退してる、という話でした。つまり、「存立危機事態」なら自衛隊は米軍とともに戦うが、「重要影響事態」なら自衛隊は米軍の後方支援をするだけで、戦わない、という意味なんや、と。

 そしてその発言は間違いなく、アメリカとはしっかり擦り合わせがされている、というものでした。えらい前振りが長くなりましたが、最初に紹介した「純日本人会」ブログも同じことを書いてはったのでした。何とこの安倍発言について、台湾民政府に問い合わせたんやそうです。そして以下、確認できた、と。

①安倍元首相の当該発言が米国防総省との意思共有の下に行われていること、
②米国務省等の政府部門が従来採ってきた曖昧政策ではもはや足りず、より明確な形で「台湾有事」における防衛の意思を示すべきとの考え方が米国防総省にもあること、
③台湾を始めとして特にアジア方面の防衛ではもはや日本が一定の主導的な役割を果たさなければならない状況になってきていること、
④当該発言には本来言及されてしかるべき蔡英文の中華民国亡命政府や中華民国軍に関する言及が全く無いこと、
⑤当該発言では中華民国亡命政府の対外政策における尖閣諸島の領有権主張に対して全く遠慮せず、尖閣諸島を日本が防衛するべき日本の領土と何度も繰り返していること(従って今回の安倍元首相の発言は一般の台湾人レベルでは歓迎されている一方、中華民国亡命政府には無視或いは批判すらされている模様)、
⑥米国の《台湾関係法》(中華民国亡命政府に台湾の代理占領を継続させた法律)の日本版を制定することには否定的な考えであること(日本は台湾の占領国ではなく領有国であるから当然である=日属米占)、
⑦いわゆる「台湾有事」は従来における有事と平時の境が無くなってきていると認識していること(即ち平時に日本が介入する余地もあるということ)、等が窺える。

 めっちゃ重要なので全部コピペさしてもらいました。是非、リンク先で詳しい話をお読みください。そもそも台湾は、日清戦争後の1895年から1945年まで、日本領やったわけですね。そして今言われている「一つの中国」について書いてくれてはります。

米国が述べている「一つの中国」は中国を代表する政府は一つであり、現在はそれは「中華人民共和国政府」ただ一つであり、「中華民国政府」は台北市に設置された亡命政府であり、台湾は中華に属するのではないと言う意味。
では台湾は何処の国に属するか?第二次大戦後に日本を占領した米軍は大日本帝国を分割占領統治をし、台湾だけは米軍が統治せずに蒋介石が率いる「中華民国亡命政府」に代理統治をさせた。蒋介石は歴史を捻じ曲げて日本の不可分の領土である台湾は中華の領土であり、日本が台湾を泥棒をしたので自分が取り戻したと、便乗戦勝国の立場で主張し続けた。東西冷戦下で蒋介石の主張を黙認した米英。本当はそれは違うと米英は蒋介石に三度警告したと、元台湾民政府の要人から聞いている。とは言え全体としては東西冷戦下で台湾の法的地位に対する米国の態度は曖昧さを継続した。

 つまり実は、はっきり言うて、ずっと曖昧にして来た、というわけですね。よう考えたら、それぞれがその曖昧さを利用して、裏では上手いこと甘い汁を吸うて来てたわけです。それは実は、最近までの香港も同じやったわけですね。ところがこのところ、「中国」は失策続き、ずいぶんと分が悪うなって来てる、というわけです。コピペばかりですみませんが、

それでも中国は今回の安倍元首相の「台湾有事」発言やその後の日本政府の対応に対して感情的に噛みついて見せる以外になす術がなく(特に駐中国大使の反論は中国国内では報道すらされていないようで、これまでと全く異なる日本側の強硬な姿勢に中国が相当驚き焦っているのは間違いない)、台湾の中華民国亡命政府は蔡英文政権の私利的な独裁化が進んでおり、その統治能力自体が内外から疑われてきているので、来るべき時期は案外遠くはないのではないかとも感じられる。

 ははあ、何と、蔡英文さんさえ批判されてるというわけですね。もろ手を上げて台湾は親日、蔡英文さん、頑張れー、などと言うてるのは、無邪気な日本人だけなんかも知れません。いやあ、世界は邪悪やな。キツネとタヌキの化かし合い、日本人、ダマされたらあかんな。

 そして岸田くんの影はどこにもあらへん。親中まる出しの林芳正氏を外相に付けたことで、決定的にバイデン政権からも忌避されてるんかも知れません。訪米のスケジュールが全然決まらへん、と(岸田首相、年内訪米を見送り 1月通常国会前の実現で調整中=関係筋)。あっかんわー、岸田くん。

【文中リンク先URL】
http://www.junnihon.com/
http://www.junnihon.com/?p=7422
https://naniwakawaraban.jp/2021/12/03/%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%a7%e5%af%be%e3%80%8c%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%80%8d%e3%81%ae%e9%a2%a8%e5%90%91%e3%81%8d%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%9d%a5%e3%81%9f%ef%bc%9f%e6%96%b0%e8%81%9e/
https://www.fnn.jp/articles/-/282106
https://naniwakawaraban.jp/2021/12/08/%e7%b1%b3%e4%b8%ad%e6%88%a6%e4%ba%89%e3%81%9f%e3%81%91%e3%81%aa%e3%82%8f%e3%80%82%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%87%e3%83%b3%e3%81%af%e6%8a%bc%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e4%b8%80%e6%96%b9%e3%82%84%e3%82%93/
https://jp.reuters.com/article/%E5%B2%B8%E7%94%B0%E9%A6%96%E7%9B%B8-%E5%B9%B4%E5%86%85%E8%A8%AA%E7%B1%B3%E3%82%92%E8%A6%8B%E9%80%81%E3%82%8A%E3%80%801%E6%9C%88%E9%80%9A%E5%B8%B8%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E5%89%8D%E3%81%AE%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%A7%E8%AA%BF%E6%95%B4%E4%B8%AD%EF%BC%9D%E9%96%A2%E4%BF%82%E7%AD%8B-idJPL4N2T006R


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply