謹賀新年。「よもの海みなはらからと思ふ世になど波風のたちさわぐらむ」。敵は内側におるんや。


 あけましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今のところ日本には、ミサイルも弾(タマ)も飛んで来てはいませんが、せやから今は安心とはとても言えるわけがありませんね。数年前、香港の民主派の人たちは、ある日いきなり逮捕されるやなんて、想像もしてへんかったと思いますね。国際世論が許さへん、と。現実は、もうじっとしてたらいずれ私ら日本人も、アホな習近平が率いる中国共産党の意のままになってしまうんやということですね。

 よもの海みなはらからと思ふ世になど波風のたちさわぐらむ

 よく知られた明治天皇の御製(ぎょせい:天皇陛下がお詠みになった和歌)ですね。大東亜戦争の開戦直前の昭和16(1941)年9月6日、ホンマにアメリカと戦争をするんか?を検討するための御前会議で、昭和天皇がこの歌を2回、朗じられたわけですね。

 明治天皇がこの歌をお詠みになったのは、明治37(1904)年、日露戦争の開戦直前やった、と。万葉の昔から日本の天皇は平和主義者やったということですね。世界が日本人だけやったらどんなに平和なんやろうと、つくづく思います。

 え?侵略戦争?ちゃう!攻めて来よったから守っただけの話や。まだまだウソで書き換えられた歴史を、早う元に戻さなあきませんね。教科書もひどいもんです。伊勢雅臣さんが書いた『判定! 高校「歴史総合」教科書 こんなに違う歴史記述』を、元旦の「宮崎正弘の国際情勢解題」の書評欄で取り上げてはりました。

 近現代史において幕末「攘夷」の評価、日清戦争、台湾統治、日露戦争、朝鮮統治、日華事変、大東亜戦争の八つをテーマに選択し、七社の教科書を読み比べて、斬り込む。
 高校生にこんな歴史を教えて愛国心が育つのだろうか?
 根本の文科行政のいびつさ、左翼教師らの猖獗が続いている現実が明らかになる。

 敵は何と、身内におったわけですね。頭がおかしい人もいれば、わかっててやってる奴もいれば、お金だけが欲しい奴もおることでしょう。まだまだうじゃうじゃおる、そんな汚らわしい人たちを何としてでも追い落とすべく、今年はしっかり戦うて行く決意を新たにしたいと思いました。

 改めて、本年もよろしくお願いいたします。

【文中リンク先URL】
https://www.mag2.com/m/0001689840


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply