単なる「言いがかり」でも、テレビ局の捏造で成立してしまう仕組みを知らなあかん。フジ住宅裁判。

指差し小

 毎日フジ住宅裁判のことを書かせて貰うて来ました。悪いのはもちろん、とんでもない「言いがかり」を付けて裁判に訴えるなどという、無法なことをする人たちなんですが、それには日本と日本人が大嫌いな反日の弁護士と、戦後自虐史教育をたっぷりと刷り込まれたおかしな裁判官が加担してるんや、というところまで見て来ました。

 そして今日は繰り返しになりますが、この「言いがかり」裁判には、日本人ではない人に(一部)乗っ取られたテレビ局も大いに加担していることも確認して行きたいと思います。今日の記事の内容は、前に書いた「ウソ話を放送するABC(朝日放送)、もはや犯罪やな。あんたら日本人か?フジ住宅裁判の報道。」と同じですが、「これから」のことを書いて行こうと思います。

 フジ住宅裁判の控訴審判決が言い渡された翌日の、昨年11月19日(金)の朝、大阪のテレビ局、朝日放送(ABC)の看板番組である『おはよう朝日です』で、フジ住宅裁判に関する、事実に反するとんでもない報道がされた、という話です。

 この番組全体は、朝の5時から8時までという、えらい長い番組なんですが、フジ住宅裁判について報道された部分を、私が個人的にピックアップして編集しました。私が個人的に動画データを格納していますので、閲覧ご希望の方には、閲覧用URLをお教えします。長さは12分51秒です。

「閲覧用URLを教えろ」と書いて、私にメールを送ってください。
アドレスはこちらです:
gekioko@logoslabo.co.jp
折り返し、URLをお送りします。

 え?何でそこまでするんかって?もう黙っておれんと思たんです。事実に反することを、公共の電波を使って堂々と報道し、まるでフジ住宅の中では、在日韓国人のパート社員に対して、朝から晩までずっと、差別的な「ヘイト」発言が行われてる、みたいな話を捏造して報道したんです。

 実は一審の判決が下された時にも、NHKや毎日放送(MBS)が、やはりかなり偏った報道をしていました。そのためフジ住宅では、決まりかけていた商談がキャンセルになったこともあったそうです。もう、とんでもない損害を現実に、フジ住宅さんは蒙ってはるわけです。

 毎日まじめにこつこつと働いてはるフジ住宅の社員さんにとっては、もう憤懣やる方ない話やと思いますね。このまま泣き寝入りしててええんやろか?と私は思いました。そこで、まずは多くの人に、「ホンマの話」を知ってもらうことから始めよう、というわけです。

 公共の電波に著作権も何もない、と言いたいんですが、そういうわけにもいきませんので、あくまで私がメールをいただいた方に、「個人的に」お知らせする、という形にしました。「個人的に」このエゲつない番組が多くの人に知られていくことで、ホンマの話が逆に広まってくれれば、と思います。

【以下は先日(11/19)の記事の一部のコピペです】
 そして今日のABCのひどい報道です。MCの岩本計介さんが大仰に話します。

フジ住宅では、2013年ごろから従業員に対して、雑誌記事などが配布され始めました。
そこには、韓国、中国の出身者たちに対して、「うそつき」とか「野生動物」とか
「虚言と虚飾の国」とか書いてますが、とにかく罵詈雑言ですね、
そんな悪口を書いて、これを従業員に配ってたんです。
これで深く傷ついたとして、在日韓国人の従業員が裁判を起こしたんです。

 スタジオのキャスターやゲストは「おおーっ」と声を上げます。そらそうや、もしもホンマにそんなことをしてる会社があったら、もっともっと大騒ぎになるで。もう完全なウソですね。まるで罵詈雑言を毎日のように、その従業員に対して浴びせていたように話を作っています。

 そんなことはもちろん、裁判の中でさえ、一切認められてはいません。「うそつき」「野生動物」などの言葉は、配布資料の中にはたしかにあったけれど、それは雑誌の中に書かれている言葉であって、そんな言葉が原告のA子さんに向けられたりしたことは一切なかったことを、原告のA子さん自身が証言もしています。私も聞きました。

 一方で裁判では、原告A子さん側の弁護士が「在日は死ねよ」の言葉をあげつらっていました。配布資料の中にあったその言葉は、あるインターネット動画の紹介をした中の、コメント欄に書かれていた言葉です(資料現物のコピーのPDF。10頁の真ん中あたり)。誰が誰に向けて書いたものかも定かではありません。もちろん、今井会長も、フジ住宅の誰も、そんなことを言うたことも書いたこともありません。

 一審の時の被告尋問で、原告側の弁護士が、被告の今井会長に対して、「『在日は死ねよ』はヘイトやと思うか」と聞いた時、今井さんは「それはあかんでしょ」と即座にきっぱりと答えてはりました。そんなことを言うはずがないからです。つまり、フジ住宅の中では今も昔も、そんな、人を傷つけるようなことを言いふらすような人なんか、全くいてはらへんのです。

 そのことは実は、原告のA子さんが一番良く知っていると思われます。せやからこそ、会社からの資料配布が続いていても、今も会社をやめずにずっと勤め続けてはるわけですね。今回も複数のテレビ局の取材に答えて「会社には変わってほしい」と言うてはります。自分がイヤやといういことはするな、と言うてるだけのことですね。ご自分に対しては、周りの社員からは一切、嫌がらせも何もあらへんからですね。

 まあ番組のMCの岩本計介さんは、台本を読んでるだけなんやろうと思いたいですが、ホンマに酷い話ですね。間違いなく、局(ABC)の中に、日本と日本人を貶めようという悪意を持った人間がおるとしか思えません。私ら日本国民が戦わなあかん相手は、まだまだいっぱい潜んでるんやで、と言うておきましょう。絶対負けへんで!
【以上、前記事(11/19)のコピペ】

【文中リンク先URL】
https://naniwakawaraban.jp/2021/11/19/%e3%82%a6%e3%82%bd%e8%a9%b1%e3%82%92%e6%94%be%e9%80%81%e3%81%99%e3%82%8babc%ef%bc%88%e6%9c%9d%e6%97%a5%e6%94%be%e9%80%81%ef%bc%89%e3%80%81%e3%82%82%e3%81%af%e3%82%84%e7%8a%af%e7%bd%aa%e3%82%84/
https://www.fuji-jutaku.co.jp/sites/default/files/2020-07/QA_doc.pdf


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply