神武天皇の肇国の精神で、うしはく中共ではなく、しらす日本の国柄を、しっかり守らなあかんな。


 まさか今の日本で、共産主義者が革命を起こして「天皇制」が廃止されるやなんて考えてる人はおらへんと思いますし、私も、そんなことは有り得へんと思っています。せやけど、そうなって欲しいとホンマに考えてる人が実際におることは事実のようです。

 最近もしつこくしつこく、堂々と「愛子天皇待望論」を言う人が後を絶ちません。『週刊女性』とか『女性自身』とかの週刊誌は、無いこと無いことを書き立てて、秋篠宮家バッシングをやりたい放題です。時が時なら不敬罪で「○刑!」と言いたいところです。

 昨日(1/9)にはこんな新聞広告が出ていました。

 何で今頃、津田左右吉やねん。『明治維新の研究』の横に『古事記及び日本書紀の研究』の広告も出ています。はっきり言いましょう、こういう人たちが戦後、「敗戦利得者」として日本の歴史学会を自虐史観、東京裁判史観に染め上げて行った人たちです。毎日ワンズって、毎日新聞系列なんか?どうでもええけど。

 たまたまでしょうが、伊勢雅臣さんのメルマガ『国際派日本人養成講座』の昨日(1/9)の記事が「126代にわたって継承されている神武天皇の祈り」でした。

 古事記・日本書紀(あわせて「記紀」)に述べられている神武天皇の物語を厳密に検討して、「歴史的史実ではない」としたのは、戦前の津田左右吉・早稲田大学教授です。津田氏の説は「津田史観」として今日の歴史学・考古学の主流とされています。

 そして『古事記及び日本書紀の研究』の記述を読んでみると、その論拠はえらい乱暴な話やと書いてはります。

 様々な矛盾や疑問点は神武東征が作られた「説話」である、と解釈することで解消する、だから神武東征は歴史的事実ではない、というのは、いかにも乱暴な議論です。

 いかにもサヨクチックな暴論というわけですね。

 記紀の神話が「歴史的事実ではない、作られた説話だ」という津田説は、こういう強引な論理から出てきているのです。後述するように、神武東征があったと考えなければ説明できない史実が一つでも出てくれば、崩壊する論理です。

 この後はぜひ続きを読んでいただければと思いますが、実際のところ、最近の考古学の進歩によって「神武東征」がホンマにあったことが、かなりの程度、実証されるようになってきたという話です。これについては私もだいぶ前ですが、「神武天皇は実在したし、卑弥呼もおったで。事実に即して建国の歴史を取り戻さなあかん。」で、長浜浩明さんの『日本の誕生 皇室と日本人のルーツ』(WAC)を取り上げて書かせてもらいました。

 結論から先に言うと、戦後はとにかく古事記、日本書紀については必ず否定する、というのが前提になってたわけですね。その上で、そうは言うてもこの長浜さんみたいに、建築や、土木の専門家なんかが入ってきて、どんどん新しい事実が分かってきた、と。しかも「炭素14年代法」みたいなめっちゃ精度の高い測定法も確立してて、それこそ「事実」が明らかになると、もうこれまでの説明では辻褄が合わへんようになってきて、しかもとうとう神武天皇の実在が証明されたりしてきたわけですね。

 あ、すみません、自分の過去記事を引用してしまいました(笑)。最初の伊勢雅臣さんのメルマガに戻りましょう。この後、伊勢さんは「知らす」と「領(うしは)く」の話をしてくれてはります。この言葉も私は「覚醒」してから知りました。日本人の基礎知識、ですね。そして伊勢さんはまとめのところでこう書いてはります。

 大化の改新にしろ、明治維新にしろ、常に神武天皇の掲げられた「一つ屋根(宇)の大御宝と知ろしめせ」という国家ビジョンに立ち返りつつ、その時々の時代の課題に応えようとしたものです。

 明治天皇の教育勅語にしても、昭和天皇のいくつかの詔勅にしても、必ず「皇祖皇宗」の語がありますね。これはずばり、神武天皇と歴代天皇のことを指していて、大きな変革期には必ず、肇国(ちょうこく:国を始める)の精神に戻りなさい、ということなんやそうです。

 そしたら今日(1/10)の産経新聞の「正論」に、ジェイソン・モーガンさんが、「『白船』襲来と日本国政の危機に」を書いてはりました。

 2022年の今、日本を威嚇する外国籍の船は、中国海警法の下で法執行機関を装い武装した「第2の海軍」ともされる海警船で、合衆国の黒船ならぬ「白船」だ。

 ジェイソンさんに言わすれば、これは「幕末ならぬ目の前の国難」というわけです。ホンマやな。

 中国共産党が日本、さらに全世界に押し付けようとしている悪夢の「新秩序」を砕くまでの道は、文明の国・日本が、かつて西洋の帝国からアジアの国々を守るために失った独立を取り戻し、米国の新植民地から脱却することだ。

 まさに今こそ、神武天皇の肇国の精神に立ち返り、中国共産党の「領(うしは)く」国ではなくて、「知らす」国である日本を、しっかり守っていかなあきませんね。ジェイソンさんの最後の文です。

 そうしない限り、次世代が日本という国を受け継ぐことができなくなり、日本国が中国共産党の支配下に入りかねない。

 中華人民共和国・日本自治区になってしもたら、私ら日本人の臓器は好き勝手に抜き取られるんやで、と警告しておくことにしましょう。【文中リンク先URL】

https://ameblo.jp/jog-info/entry-12720251003.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-690.html
https://www.sankei.com/article/20220110-XKJ4EJEXGFPRJEOMXTX46P2M2Q/?908765


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply