否定されても平気で「愛子天皇」を書きまくる反日メディアと共産主義者。日本人、負けたらあかん。

走る小

 今日はちょっと快哉を叫んだ話と、ちょっと反省せなあかんなと言う話がありました。快哉は、今日(1/19)の産経新聞「正論」の、竹内久美子さんの記事です(「愛子天皇」待望論は国を滅ぼす)。「よう言うた!」と拍手ですね。有料記事なのでコピペはほどほどにしますが、要は私みたいに、「これで『女系推進』は吹っ飛んだ」と喜んでたらあかん、という話です。

 年末から年初にかけて私は
日本語が不自由なんか?「愛子天皇待望論」のデイリー新潮。野田元首相もね。報告書を読んだ?
落ちぶれた『文藝春秋』。「愛子天皇」かいな。高市さんの発言も切り取って皇統廃絶に邁進中。
を書いて、先日の皇位継承に関する有識者会議の報告書が出たことで、「愛子天皇」待望論なんか有り得へんのや、と勝ち誇ったように書いて来ました。

 ところが、です。竹内久美子さんは、これで安心したらあかんのや、と言うてはるわけですね。

 最近、週刊誌やインターネットで投稿される動画、そのコメント欄など主にネット上の言論の場がひどいことになっている。気味悪いほどに足並みを揃(そろ)え、秋篠宮家の一挙手一投足を貶(おとし)める。一方で秋篠宮家がこんなにもひどいのなら、あとはもう、愛子さまに天皇になっていただくより他はない、と愛子天皇論を展開する。
 信頼のおける雑誌と思っていた老舗出版社の週刊誌2誌までもが、「愛子天皇が誕生する日」「愛子天皇に前のめり」などというタイトルを掲げている。

 これは私も、上の記事の中で批判したことですね。ところが

 いくつかの証言によると、某コメント欄にこのような意見に反論を書いても反映されないし、反映されたとしても、たった数秒のうちにバッドマークが大量につく。それは人間がしているのではなく、機械が、特にAI(人工知能)が行っている証拠だろう。明らかに組織的な「言論統制」「言論誘導」が展開されているのだ。

 いやあ、確かに不気味ですね。竹内久美子さんはツイッターでも盛んに発信してはって、毎週土曜日にはツイデモ(ツイッターデモ:ハッシュタグをつけた語を拡散すること)もやって、頑張ってはります。それでも日本の伝統ある雑誌に、とんでもない記事が記事が出ることを嘆いてはります。そして

 皇室と日本国を滅ぼしたい勢力が、なぜこれほどまでに幅を利かせることになったのだろう。それは、皇室のことに国民は口出ししてはならない、不敬であるという国民のおとなしさ、ルール遵守(じゅんしゅ)の精神に対し、皇室破壊、日本国滅亡を狙うかのように、朝日、毎日、NHK、共産などの反日左翼、外国の勢力が付け入り、勢力を伸ばしてきた結果ではあるまいか。

 全国紙の産経新聞に、ようここまで書けましたね。「朝日、毎日、NHK、共産などの反日左翼、外国の勢力」。まだまだ日本を壊したいと考えてる奴らがうじゃうじゃおるわけですね。そしたら何と昨日(1/18)、ネットメディアでは割とメジャー?な「PRESIDENT Online」でも「トンデモ」記事が出ていました(「なぜ愛子天皇ではダメなのか」国民の支持がない象徴天皇制は絶対に維持できない)。

 タイトルだけで、げんなりです。このジャーナリスト・元木昌彦さんてよう知らんけど、ようこんなアホ記事が書けるなあ、と思います。え?「講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任」やて。もうパヨパヨまる出しやけど、メジャーやんか(驚)。

 誰がこんなアホ記事を信じるんやと言うても、「ウソも百回」の国の心情を持つ人たちは、何べんでも書きまくり、載せまくるというわけですね。やっぱり油断したらあかんのや。竹内久美子さんは最後にこう締めてはります。

 皇室をめぐる不健全な状況は、不敬の名の下に考えることや調べることをやめた国民の怠慢に責任の一端がある。今、最も警戒すべきは、怠惰で無責任、言論誘導にたやすく乗ってしまう国民なのだ。

 そうや。私ら国民は反省せなあかん。そしたら今日(1/19)、経営科学出版の有料メールマガジンの付録企画の「著作家・宇山卓栄氏のメールマガジン」が配信されていました。あ、おんなじことを言うてはります。

「小室氏のおかげで、
 女系継承の可能性は消えた」
という楽観論を述べる
保守派が少なからずおり、
危機感に乏しいと言わざるを得ません。

 え、それって私のことやんか、と。宇山さんは書いてはります。小室くんのおかげで、「女系天皇」は葬られたと思うてても、

一方、女系派は秋篠宮家を貶め、
悠仁親王殿下の正統性を奪い、
愛子内親王殿下を次期天皇にしよう
と画策しています。
彼らの煽動の勢いの方が
優勢なのは明白です。

 うーん、たしかに竹内久美子さんも「老舗出版社の週刊誌2誌までも」が「愛子天皇待望論」を書いてたと言うてはりましたね。そして宇山さんは一つ、重要な視点を書いてくれてはります。

 皇位継承についてはいずれにしても「皇室典範」を改正せなあかんわけですが、戦前は「皇室典範」は憲法と並び立つもので「典憲体制」と呼ばれ、議会はこれに介入することはでけへんかった、と。つまり、天皇が主宰する皇室会議でしか決められへんものやったわけですね。

 ところが戦後、「国民主権」というインチキのもとに、「皇室典範」は法律と同格とされてしまい、その内容は国会で変えることができるようになってしもてるわけです。もしこれがあの悪夢の民主党政権の時やったらと思うと、ぞっとしますね。宇山さんは言います。

将来、
河野太郎氏や立憲民主党の一派のような
女系容認派の政権が誕生し、
皇室典範を改正されてしまえば、
女性天皇や女系天皇が
実現してしまいます。

 うーん、日本国民、まだまだやな。共産主義者に乗っ取られた日本のマスゴミがある限り、その危険性はなくならへん、と。手前味噌ですが、私が皆さんのご支援によって、今も出させて貰うてるこの看板。

 まだしばらく掲載を続けなあかんなあ。この看板を作る時の案に、最初は「愛子天皇」の語があったのをやめにしたことを思い出しました。逆に日本を壊したい奴らは、ますます堂々とこの気持ち悪い、不敬極まりない語を、平気で使いまくっているわけですね。

 あかん!日本と日本人が大嫌いな連中の好きにはさせへんで。もっともっと私ら日本人は、賢うなりましょう。

【文中リンク先URL】
https://www.sankei.com/article/20220119-X6OOMHWPENIY3APDWEXKDZSXG4/?874118
https://naniwakawaraban.jp/2022/01/04/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%81%8c%e4%b8%8d%e8%87%aa%e7%94%b1%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%8b%ef%bc%9f%e3%80%8c%e6%84%9b%e5%ad%90%e5%a4%a9%e7%9a%87%e5%be%85%e6%9c%9b%e8%ab%96%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%83%87/
https://naniwakawaraban.jp/2021/12/11/%e8%90%bd%e3%81%a1%e3%81%b6%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%8e%e6%96%87%e8%97%9d%e6%98%a5%e7%a7%8b%e3%80%8f%e3%80%82%e3%80%8c%e6%84%9b%e5%ad%90%e5%a4%a9%e7%9a%87%e3%80%8d%e3%81%8b%e3%81%84%e3%81%aa%e3%80%82/
https://president.jp/articles/-/53868


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply