ウソはつくわ負けは認めへんわ、自己矛盾でも平気。これぞ朝日新聞の見事なおバカぶり(拍手!)

自転車小

 私ら日本人は、いや、人間やったら誰でも、ウソをつかれたらイヤな気分になりますよね。私が「覚醒」して知った「自虐史観」は、それこそウソで成り立ってるわけですね。「南京大虐殺」も「従軍慰安婦」も、ただのウソ、そしてそれらを広めたのが朝日新聞なわけですね。

 平気で日本を貶めることをずうーっとやり続けてるのに、そんな新聞社がまだあることに、ぞっとします。まだまだあかん、戦わなあきませんね。私が入れて貰うてるメーリングリストに今日(1/25)、面白い投稿があり、公開OKとのことやったんで、全文コピペさせて貰います(ちょっと改行してます)。

「名護市長選挙結果を受け入れない朝日新聞」
空花です
朝日新聞など興味はないでしょうが、お付き合いください。
25日朝日朝刊は発狂したように、名護市長選挙結果を報じている。
1.天声人語、2.総合欄、3.社説、4.社会面
4か所にわたっていずれも負け惜しみ口調で選挙結果を受け入れようとしない言葉を並べている。
要約すると、
(1)辺野古「黙認」の現職市長再選、争点隠し。
(2)投票率過去最低、住民は諦めている。
(3)移設容認と短絡するな。
(4)民意はオール沖縄支持、戦い続ける。
などである。
まず投票率であるが、過去最低といいながらも68.32%、これはこの日に行われた全国各地の市長選挙結果を見ても、はるかに高い投票率である。大抵現職再選の場合は、住民の安定志向の為得票率は低くでるもの。鹿屋市では過去最低の35.40%で3選。秦野市では36.24%過去最低で現職再選だった。
反対に、現職を倒した沖縄県南城市では、69.12%であった。これに関する朝日の論評は声なしである。
選挙結果こそが2回連続の民意であるのに、朝日はそれを認めず、「投票を通じて自らの意志を示し、代表を選ぶことに、有権者が意義を見出せなくなれば、民主主義の土台が危い」と叫ぶ。
「普天間の一日も早い危険性除去という当初の目的は置き去りにされている」というが、名護市辺野古地区の住民は、普天間の危険除去という大義に従い、海兵隊の移転を受け入れてきた。私はそれを取材してきた。(沖縄ノート)
朝日新聞は、自己矛盾に気づかない狼狽ぶりである。私が冒頭で、「発狂したようだ」書いたのはこのことである。

 沖縄サヨクのアホどもは、この名護市長選挙は勝てると思てたようですね。ざまあ、なんですが、実はその裏には「そうだったのか、沖縄」という、それこそ覚醒を促すようなチラシを、沖縄で、地道に、繰り返し撒き続けている人たちもいてはったそうです。

 沖縄の人たちも、ウソばっかり、ダブルスタンダード(二重基準)ばっかりの朝日新聞やら、沖縄二紙(琉球新報、沖縄タイムス)の書いてることが、どうもおかしいと、気付き始めたんやと思いますね。まあその前に、「中国」がこれだけヤバいことになってるのに「基地反対」って、アタマおかしい、となるのは当然と言えば当然かも知れません。

 この名護市長選挙については「パチ倒」さんも昨日(1/24)取り上げてはりましたね(イデオロギーvs生活)。この図はネットでも広く流れていたのでコピペさせて貰いましょう。

 テレビ、新聞しか見やへん情報弱者の年寄りはいずれ消えて行く、と。「パチ倒」さんがいつも書いてはるように、「みんな(特に若い人)、選挙に行こう!」ですね。そしてこの記事の後半で、朝日新聞のことも書いてはりました。

せっかくなので朝日新聞の昨年5月26日の社説を載せておきましょう。
朝日新聞さん北京五輪は実施すべきという主張なんですけど、
相変わらずのダブスタ、ブーメランぶりはやはり朝日新聞だなと
読んだ人を必ず納得させる内容となっています。

 あはは、ナットクのダブスタ、というわけですね。朝日新聞をちゃんと読んではる、上の空花さんや、「パチ倒」のブログ主さんには感謝、ですね。もう読むのも苦痛ですからね(笑)。

 そしたら今日(1/26)の産経新聞の「正論」で、麗澤大学准教授のジェイソン・モーガンさんが、「五輪開催の懸念はどこへ消えた」と書いてはりました。あれだけ東京オリンピックは中止せよ、と言うてた人たちが、北京オリンピックには「しーーーーーん」としてるのは、朝日新聞だけやなくて、英語圏でも一緒やというわけです。

 アメリカ人ジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタイン氏とか、オーストラリア国立大学名誉教授の歴史学者、ガバン・マコーマック氏が、めっちゃ辛辣に東京五輪批判をしてたことを紹介してはります。せやのに、

 しかし、北京五輪については、エーデルスタイン氏も、マコーマック氏も沈黙しているようだ。
 最近、エーデルスタイン氏が書いた記事は、感染力が強いオミクロン変異株の流行に対し、日本が水際対策を強化したことをめぐり、日本が「外国人嫌悪」の国だと厳しく批判するもので、日本叩きが変わらない。
 しかしネット上で検索してみても、エーデルスタイン氏が北京五輪を批判する記事は見つからない。マコーマック氏も同様だ。「APJ・JF」で検索しても、北京五輪に懐疑的な論文は見当たらない。

 (※APJ・JF=アジア太平洋ジャーナル・ジャパン・フォーカス)
 もう、サヨクのバカさ加減が、このこと一つとっても、多くの人に気付かれ始めてるんやないかと思いたいですね。ジェイソン・モーガンさんはこう結んではります。

 コロナ禍は許せないが、北京のジェノサイドオリンピックには目をつぶるのだろうか。左翼が常に依存しているダブルスタンダード(二重の基準)によるものだとしても、あまりに理不尽なことである。

 うーん、理不尽やからこそサヨクなんでしょうね(笑)。

【文中リンク先URL】
https://pachitou.com/2022/01/24/%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bcvs%e7%94%9f%e6%b4%bb/
https://www.sankei.com/article/20220125-YJ4B7AGIONPMTMXVZW4EEZWN3A/?424807


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply