一つの中国原則と一つの中国政策は別?えっ、知らんかった。曖昧でもええことと悪いことがある。

指差し小

 私は渡邉哲也さんの有料情報(渡邉哲也の今世界で何が起きているのか)を購読していますが、情報が毎日更新されるので有難いです。あ、渡邉さんの結婚式の仲人は麻生太郎氏なので、その点は割り引いて?考える必要がありますが。ご本人は「仲人ではなく、結婚立会人を努めて頂きました」と書いてはるようですが。

 昨日(1/27)の記事タイトルは「必読!米国競争法2022公表 COCOM復活に動き始める」。上院で可決されたが下院で遅れていた対中包括法案(米国競争法2022)が、やっと下院でも審議が始まることになったことを報じてはります。COCOM(ココム)とは、米ソ冷戦が激しかった頃の「対共産圏輸出統制委員会」ですね。

 いよいよ今度は米中冷戦の中で、対「中国」でそのCOCOMが復活するようなもの、というわけですね。渡邉さんがその参考資料としてCISTEC(一般財団法人 安全保障貿易情報センター)が出している「米上院の『2021 戦略的競争法案』と関連法の注目されるポイント」という文書を覗いてみましたが、何やらめっちゃ大変そうなのは、何となくわかります(笑)。

 私はその中で「参考サイト」としてリンクが貼ってあった「一つの中国原則」と「一つの中国政策」の違い」というのが文字通りめっちゃ参考になって、有難かったです(笑)。え?何が違うんや?な話ですね。東京外国語大学の小笠原欣幸さんの記事です。

 中国の「一つの中国原則」とアメリカの「一つの中国政策」は別物である。これは英語文献では ‘One China principle’ と ‘One China’ policy と表記し区別される(引用符がない場合もある)。この用語の使い分けは,米中関係の中核問題である台湾について,米中双方の立場・利害が異なることを示す。しかし,両者を混同させた報道・解説も多々見られる。これは,日本メディアに限らず,米メディア,台湾メディアでも長きにわたって発生している現象である。

 よう考えたら実は、曖昧にすることによって逆に、その場その場で柔軟な対応ができるという、身もフタもない話になりそうです。せやけどこれが、外交の真髄なんとちゃうかな、とも思いました。あ、もちろん、上の記事は完璧に解説してあるので、そんなことは書いてませんが(笑)。

 そしてこれを読んで私は、結局、憲法9条もおんなじやんか、とも思いました。軍備は禁じたはずやのに「前項の目的を達するため」の語があるので、自衛のための戦力は認められるんや、という解釈がある、と。これを入れたのは芦田均やったので「芦田修正」と言われていますが、歴代政府は実はこれを認めてへんとか。認めたら憲法改正せんでもええ、ということになるからでしょうか。

 いずれにしても、ホンマに「中国」が台湾、尖閣、沖縄に侵攻して来たら、日本は戦わなあかんのや、そのために今、何をしとかなあかんのか、ということを、特に現場の自衛隊員は一番ようわかってることと思いますね。もう何十年も言われてますが(笑)。

 さっさと憲法改正せんかい、と思うたらまた、アホの立憲民主党が審議拒否してる、と(衆院憲法審査会 立民が開会応じず2月以降に開催の見通し)。なんでこいつらの言うことを聞かなあかんのか、ようわかりませんね。

 そして佐渡金山の件は結局、推薦することに決めたというニュースが流れて来ました。たしか韓国側は手ぐすね引いて待ってるらしいから、何か起こりそうですね。もともとは推薦はやめるつもりでおった外務省に、負けたらあかんで岸田くん、と言うておきましょう。

 曖昧にした方が上手くいくこともあるけれど、絶対に譲ったらあかん話もあるわけですね。うーん、岸田くん、とてもわかってはいないように見えますね。心配や、心配や。

【文中リンク先URL】
https://foomii.com/00049/2022012708143590227
https://www.cistec.or.jp/service/uschina/37-20210428.pdf
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ogasawara/analysis/one_china_principle_and_policy.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220126/k10013450811000.html


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply