やっぱり国賊やな、細川、村山、小泉、鳩山、菅(かん)。福島にちゃんと謝って日本から出て行け!

走る小

 もうこの話は一週間近く前になりますが、思い出してもハラ立つので書きました(日本の元首相5人がEUに書簡 原発「グリーン」に認定反対)。そもそもこの書簡の中に、ウソ(甲状腺がん)が書いてあるわけですからね。自分らの主張の「反原発」のためならウソも平気なわけですね。とても日本人とは思えん振舞いですね。福島の人たちにきちんと謝って、日本から出て行け!と怒鳴りたい気分です。

 昨日(2/2)、は高市さんがちゃんと反撃してくれてはりました(自民・高市氏「5人の首相経験者に抗議」「甲状腺がん」書簡で)が、つくずく、この30年ほど日本をダメにしてきた奴らはこいつらやったんやと、改めてハラが立ちますね。ま、それを選ぶアホな日本人が少なからずおる、と言うのもアタマが痛いですね。

 菅(かん)については他にも、書くのもアホらしい、維新とかとのいざこざがあるみたいですが、もうどうでもええわ。早う国会から消えてくれと、切に祈りたいですね。ところでこいつらは、どうも「中国」の工作にかかってるっぽいですね。あ、根拠は何もありませんよ、私の印象です(笑)。

 昨日の青山さんの動画(【ぼくらの国会・第277回】ニュースの尻尾「日本が丸々中国を支えている」)で、自民党の国防議連での勉強会があって、遠藤誉さんが、かなり踏み込んだ話をしてはったことを紹介してはりました。タイトルの通り、「中国」の軍事技術は、実質的に日本が丸々助けてるようなもんや、という話です。

 具体的には一昨年、菅(すが)さんで大騒ぎになった日本学術会議が、2015年に中国科学技術協会と協力覚書を交わしていたという話ですね。以前は「中国」は、アメリカから技術を盗んでいたが、今は日本からもっと易々と技術を盗み、それが台湾侵攻のための軍事技術に化けている、という話です。

 そんなもん、前からずっと言われてるやんか、という話なんですがね。そして今まさに準備中の経済安全保障法案についても、何と「中国」の語がないんやそうです。この前の国会決議とおんなじやな。「中国」も「非難」もなく「人権侵害」はやめて「人権状況」て、一体何のこっちゃ、な話でしたね。

 ところが「中国」さんは、日本の国会決議後、即座に批判して来たと(「乱暴な内政干渉」と批判 衆院の決議採択―中国)。気を遣うて「中国」の名前も出さへんかったのに、結局怒られてるんやんか、アホちゃうか。お間抜けそのものですね、日本政府、岸田くん。

 ただ、毎日の「史上最大の感染者」の報道に、テレビしか見やへん多くの日本国民が目を奪われてしもていて、めっちゃ危険な「中国」のことがスルーされているのがコワいですね。ヤバいヤバいと、これからもしつこく声を上げて行きましょう。

 実は今日(2/3)、自宅マンションの上水道漏れ修復工事のために、全棟、朝の9時から5時まで断水やったんです。そこで自宅を脱出して(笑)、昨日オープンしたばかりの⼤阪中之島美術館の、開館記念の展覧会に行って来ました(Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり―)。

 展覧順路の冒頭は、大阪にゆかりのある佐伯祐三でした。最近の展覧会では絵によっては撮影OKの表示があります。今日のオマケで(笑)私が撮ったナマ写真を貼り付けておきます。

大阪中之島美術館
佐伯祐三「郵便配達夫」

【文中リンク先URL】
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1c20255c48193f145a54e9ce7d6ffcb80cdfc1d
https://www.sankei.com/article/20220202-XRVCARCBZJKQDIKA5CFYW3VKWY/
https://www.youtube.com/watch?v=2RFcg38-Jo0
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022020101047&g=int
https://nakka-art.jp/exhibition-post/hello-super-collection/


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply