ガソリン代がたった3円しか下がらへんでも平気な人でなし財務官僚。減税の方が何倍も下がるのに。

自転車小

 経済のことに関しては、今まで色んなグラフを見て来ましたが、もう誰が見てもこれはあかんやろ、と思えるようなグラフでも、どうにでも解釈できてしまうんやと思うと、経済学って、何やねん、と思いたくなりますね。

 今日(2/4)の三橋貴明さんのブログ(政府支出とGDP、税収の相関関係が高い理由)に載ってるグラフです。

 日本のGDPはこの19年間、ほとんど増えてへんし、それは先進国中でもダントツの最低やという話ですね。そしてその原因はどうも、ずっと続いてる緊縮財政と消費増税やということはもう、わかりすぎるくらいわかってるはずやのに、財務省に気を遣うて御用学者は誰も言わへん、ということが続いてるわけですね。

 そして御用学者でなくても、自分だけがこっそり儲けたいという根性の卑しいデービッド・アトキンソンみたいな奴が、屁理屈でこの間違いをこの先も続けさせようとしてるわけですね(日本を惑わす「そう見えるでしょう経済学」の盲点)。ニワトリが先か卵が先か、みたいな話に似てるような気もせんでもないですが、三橋さんにかかれば一発ですね。

 因果関係をしっかりと確認すれば、
「政府の支出を増やせば、GDPは成長する」
「所得の合計であるGDPを増やせば、税収は増える」
 が、当たり前であることが誰にでも理解できると思うのですが。
 この状況で、
「政府の支出を増やせばGDPが成長するならば、増税すればGDPが成長するはず」
 などと、因果関係を逆さまにした言いがかりをつけてくるとは。そういうのを、日本語で「詭弁」というのですよ。

 あはは、アトキンソン君は「言いがかり」で「詭弁」と(笑)。やっぱり日本人とはちゃうな。とは言え、そもそも財務省のトップが、我が国の財政は「タイタニック号」などとアホなことを堂々と言うてるわけですから、アタマが痛いですね。そう言えば最近もまた財務省の横暴がようわかる話が出ていましたね。

 ガソリン高騰に対して政府は、ぜっっっったいに税金の話をせえへんかったわけですが、やっとこさ萩生田経産大臣が口にしたわけです(ガソリン高騰続けば、トリガー条項発動も視野…経産相「追加政策が必要なら果敢に挑戦」)。ちゃんと法律があるのにそれを使おうとせえへんかったわけですが、さすがに萩生田くんがやっと言うた、と。

 そこら辺の雰囲気は高橋洋一さんが面白く解説してくれてはります(ガソリン税、岸田得意の卓袱台返しは出ない!Zの言うとおりですから)。財務省の思考回路を完全に把握してる上に、キッシーのこともようわかってるから、高橋さんの言う通り、何も動かへんのでしょうね。

 ガソリン減税のかわりに今やろうとしてるのは、流通に対する補助金で、それやと今、リッター160円とかに高騰してる値段を、せいぜい3~4円下げるぐらいにしかならへん、しかも流通業者がポッポないないしてもわからへん、と。

 ところが減税やと、160円のうちの、何と50円が税金なんやそうです。うち本税が25円、暫定が25円と。エグい話やなあ。財務省にとっては「減税」の語は「禁句」なわけですね。あーあ、こいつらは、仁徳天皇の「民のかまど」の話は知らんねんやろなあ。あ、知っててもオレには関係ない、てなもんですね。

 日本の官僚に期待もでけへんのはもう、絶望的やんか。自分らで作った持続化給付金の制度で、自分でインチキ申請してちょろまかした経産官僚は、さすがに逮捕されて実刑判決が出てましたが、私ら日本国民は、政府の中にドロボーを飼うてたんかいなと、やっぱり絶望的な気分になりますね。

 上の動画では高橋さんは「財政再建至上主義」と笑うてはりますね。「財政再建」ができて国の経済が滅びても、自分には関係ない、と言うのが財務官僚なわけですね。あーアホらし。国会議員にはしっかりと勉強してほしいけど、私ら国民も、みんなが賢うならんとあきませんね。これからも次から次へとアホの矢野康治財務事務次官みたいなんが出て来ることになるわけですからね。

【文中リンク先URL】
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12724955548.html
https://toyokeizai.net/articles/-/508019
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220130-OYT1T50117/
https://www.youtube.com/watch?v=3Kek5oQ3sLk


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply