サンリオもポリコレに負けたんか。何が弱者や、ホンマに大事な人権がわかってへん堕落した左翼。

頷く小

ボタンを変えてみましたー(笑)。ポチっとしてね。

 私は日頃、共産党や立憲民主党に対して「アホや、アホや」とクサしていますが、まあそれは事実やとしても(笑)、説得力はありませんよね。反省します。同じく私はいつもアホやと思てる「ポリコレ」についても今日(2/6)の産経新聞に、めっちゃ説得力のある記事が出ていました(マイメロが差別?堕落した左翼のポリコレ)。評論家、小浜逸郎(こはま・いつお)さんですね。

 サンリオがテレビアニメ「おねがいマイメロディ」シリーズに登場する毒舌キャラクター「ママ」の「名言」を使ったグッズの発売中止を発表した。商品に印刷された「女の敵は、いつだって女なのよ」といった表現がジェンダーバイアス(性的偏見)を助長するという、ツイッター上などの批判を受けてのこととされている。

 ネットで少し騒ぎになっていましたね。Ⓒマーク付きの画像も出ていたのでコピペさして貰います。

 いやあ、この名言集、どれもこれも秀逸やんか。こういう知的な営みを否定するポリコレ、サヨクはホンマにアホですね。あ、また言うてしもた。ちゃんと小浜さんの記事を読みましょう。花王がかつて「#Be WHITE」プロジェクトを休止したことにも触れて、

 「女の敵は女」「Be WHITE(白くなれ)」といった表現が差別を助長するかは議論が分かれるところだが、いずれにしても、批判や不買運動で傷つくことを恐れた企業のこうした動きは功利的な動機に基づくもので、差別問題の解決によい意味で貢献するとは思えない。このたびのサンリオの場合も、せっかく議論が深化するきっかけを作ったのに、それを封鎖してしまっては、「ポリティカル・コレクトネス」の言い分を一方的に通す結果にしかならない。

 そりゃあ企業側にしたら、袋叩きにされたらコワいですからね。小浜さんはこの「ポリコレ」ブームの社会心理的な背景として、二つのキーポイントを指摘してはります。一つは意識の「個人化」です。高度経済成長からバブル経済の過程で、

人々は家族や地域、さまざまな団体に頼らなくても個人で豊かに暮らせるようになった結果、個人としてどう生きたいかという意識を肥大化させる一方、他人との連帯意識を衰弱させていった

というわけです。豊かになって、「個人、個人、個人」となってしもた、と。そしてポリコレブームの社会心理的な背景のもう一つのキーポイントは、「左翼の堕落」やと言い切ってはります。もともと左翼にはちゃんとした意義があったのに、それを忘れてるんとちゃうか?という話です。その意義とは、

一つは、反権力の姿勢を貫くこと、もう一つは、国民の人権を守ること。

 たしかに「反権力」と「人権」、いかにも左翼、その通りですね。そして小浜さんは後者の「人権」について、左翼はホンマに大事な事は何もしてへん、と言うてはります。

 最大野党は政府与党の消費増税に徹底抗戦することもなければ、国民貧困化の原因である緊縮財政(政府はこれを「財政健全化」と呼ぶ)という急所を突くこともしなかった。左翼は本来、国民を貧困化に追い込んだという事態が何よりも人権侵害に当たると訴えるべきなのに、その自覚と認識が欠落していたのである。代わりに、人権問題として彼らの頭に浮かぶのは人々のアイデンティティー問題、例えば女性、LGBT、障害者、アイヌ、在日などの人々の問題を訴えることであった。個人化した時代、左翼は社会的連帯ではなく、個別のアイデンティティーを問う問題で存在感を示そうとしている。これがポリコレブームの真相なのである。

 国民の貧困化という大問題が目の前にあるのに、それには何も言わず、上で例示されている人たちをあらかじめ「弱者」としてカテゴリーで括り、そこに運動の照準を定めてしまうことで、他の政治課題を見えなくさせている、というわけです。

 個人化した人々はそれぞれに孤立化を深め、社会集団としての名を与えられることもなく、各自のつらさを生きている。じつは多数を占める彼らこそが、「弱者」の名にふさわしい。彼らはグローバリズムの犠牲者なのに、彼らを視野に収めず、特定の人々だけを「弱者」としてノミネートする。これは左翼リベラルの堕落であり、退廃である。この堕落と退廃を助長し、真の弱者の存在を忘れさせているものこそ、ポリコレブームなのである。

 さすが小浜さん、迫力がありますね。「ポリコレ棒」という語もネットでは頻出していて、感覚的にはようわかりますね。あいつら、叩きまくるんですわ。それを「左翼リベラルの堕落と退廃」と言うてくれはってスッキリ、ですね(笑)。

 要は、ちゃんと考えてへんのですよ、あいつらは。運動するのに楽なこと、目に見えてわかりやすそうなことばっかりやってるから、おかしなことになってるんやと思いました。日本ではポリコレは流行らんやろう、とタカをくくっていましたが、サンリオもビビッてしもてる現在、なかなかアタマが痛いですね。

 負けたらあかん、その都度、声を上げて「左翼の堕落と退廃」を糾弾して行きましょう。

【文中リンク先URL】
https://www.sankei.com/article/20220204-TD4DGWFFUJK2PO3LTHBYSNMFIA/?993323


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply