一触即発のウクライナ、キツネとタヌキの化かし合いも始まって、スパイ天国の日本は大丈夫なんか?

パンチ小

 世界中が北京オリンピックにくぎ付けになっている間に、色んなことが進んでいそうです。それでも今日(2/10)は、男子フィギュアで羽生結弦選手が果敢に4回転半に挑戦し、完全着地には失敗したけれど、世界初跳躍の記録が残り4位に終わった、と。それでも日本は銀、銅、大したもんですね。

 今世界で進んでいる色んなこと、の一つはウクライナですね。今日(2/10)の「宮崎正弘の国際情勢解題」のタイトルは「ロシア強襲艦が十一隻、黒海のオデッサ沖へ」。もう準備万端やな。そしてさらに

 キエフ(ウクライナの首都)に至近距離はベラルーシ。
数万規模のロシア軍が到着し、積雪90センチの節減でベラルーシ軍と2月10日から「軍事訓練」に入る。
ベラルーシの空軍基地はフル稼働、兵員ならびに兵器が空輸された。戦車、装甲車は陸続と鉄道輸送された。ベラルーシにはS400ミサイルが配備され、NATOのミサイル攻撃に構える。

 「まさに一触即発」なんやとか。そして日本随一のロシアウォッチャー、北野幸伯さんがダイレクト出版から出してはるメルマガ、「パワーゲーム」で、プーチンの足元が揺らいでるという衝撃の話がありました。

「全ロシア将校協会」という団体があります。
要するに将校を束ねる団体ですね。
その団体が、プーチンへの「公開書簡」を公開し、
「プーチン辞任」を要求したのです。

 ちゃんと出典(ソース)も書いてくれてはります(Обращение Общероссийского офицерского собрания к президенту и гражданам Российской Федерации:全ロシア将校会議から大統領およびロシア連邦国民へのあいさつ)。

「全ロシア将校協会」という団体があります。
要するに将校を束ねる団体ですね。
その団体が、プーチンへの「公開書簡」を公開し、
「プーチン辞任」を要求したのです。
この協会のイヴァショフ会長は、元上級大将。
少し前まで、「親プーチン」と思われていて、
しばしば(プーチンの悪口禁止の)国営テレビにも
出演していました。
では、彼と全ロシア将校協会は、
なぜ反プーチンに転じたのでしょうか?
理由は、ロシアが
ウクライナ侵攻の準備を進めていること。
要するに全ロシア将校協会は、
ウクライナとの戦争に反対なのです。

 北野さんは簡単に説明してくれてはりますが、つまりは今、NATOと戦争をしたっていずれ負けるから、やめとけ、という話です。北野さんは

私は、プーチンについて、
「優秀な【 戦術家 】だが、
【 戦略家 】ではない。
だから勝てば勝つほど苦しくなる」
と常々いっています。

 つまり、プーチンはこれまで、チェチェン戦争、ジョージア戦争、シリア内戦への介入、ISとの戦い、ウクライナ内戦への介入などで、ことごとく勝利してきた、と。そして2014年3月にはクリミアを無血でウクライナから奪い、ロシアの英雄になった、と。

 ところがその後のロシアは経済制裁によってガタガタになってるわけですね。つまり戦術的には勝利したけれど、戦略的には敗北してるんやというわけです。

 今日(2/10)の産経新聞では、日本在住のウクライナ人国際政治学者、グレンコ・アンドリー氏へのインタビュー記事が出ていました。「これまでとは危機のレベル違う」と。グレンコさんはウクライナはNATOに入るべき、という立場のようです。

 戦争を始めて儲けようとする奴らがあちこちにおることは間違いないのですが、グレンコさんはウクライナ人ですから、国を守って欲しいと考えてはりますね。

「日本は米国と足並みをそろえ、国際社会の一員として『価値観外交』を推進すべきだ。貿易や商売ではなく、人権や国家主権、国際的正義にのっとって行動してほしい」

 グレンコさんは真っ直ぐな人やと思いますが、「国際的正義」って、、、と思いますね。そしてウソ情報もいっぱいばら撒かれます。もう一週間前のニュースですね(ロシア、侵攻の口実へ動画捏造か 米「情報を入手」)。

【ワシントン=坂口幸裕】米国務省のプライス報道官は3日の記者会見で、ロシアがウクライナに再侵攻する口実をでっち上げるための動画をつくっているとの情報を入手したと明らかにした。「ロシアの情報機関が捏造(ねつぞう)したものだ」と非難した。米政府は侵攻を正当化するための準備の一環とみて警戒を強めている。

 例によって「キツネとタヌキの化かし合い」が始まっているんでしょうか。あっ。この記事のコメント欄に何とウソのニュースの池上彰くんがコメントしてました。毒にも薬にもならへんけど、コピペしてあげましょう。

アメリカ側の発表に対し、ロシア政府は「でっち上げの虚偽情報だ」と否定するはずです。その一方で、いまごろロシア国内では、極秘のプロジェクトがどうしてアメリカ側に漏れたのか、情報源探しにやっきとなっていることでしょう。こうした発表は、ロシア国内にあるアメリカの情報源が突き止められてしまうリスクを負っていますが、なんとしてもロシアの侵略を防ぐための決断でしょう。もちろんアメリカの情報機関による欺瞞作戦である可能性も排除できないのですが。

 まあ、たしかにそう言うことですね。それにしても、諜報機関もあらへん、スパイ防止法もあらへんこの日本、さらにお人好しでお間抜けな岸田内閣、もう心配しかありませんね。

【文中リンク先URL】
https://www.mag2.com/m/0001689840
http://ooc.su/news/obrashhenie_obshherossijskogo_oficerskogo_sobranija_k_prezidentu_i_grazhdanam_rossijskoj_federacii/2022-01-31-79?fbclid=IwAR2PimuTHdfkV3OegwLuOajfjYsbBxmiTWOriThAgNJF-R4rh-NY15DJSLY
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN03FUA0T00C22A2000000/


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply