プーチンが極悪人やとしても、米民主党の陰で戦争を起こす奴らの方が、鬼か悪魔なんとちゃうか。

頷く小

 今日もまた、ウクライナの話です。世界史が大きく変わる瞬間やと思て、お付き合いください(及川幸久さん調やな笑)。ツイッター界隈では2/27に、ナザレンコ・アンドリーさん(@nippon_ukuraina)が、橋下徹くんのツイートを引用リツイートして「この人の言っていることを聞かないでください」と批判したことから、大騒ぎになっていました。

 ナザレンコさんは日本在住のウクライナ人で、このところほとんど不眠不休で発信してはりますね。橋下くんはナザレンコさんが、自分もウクライナに行って(帰って)戦う、と言うたことに対してワケのわからん絡みをしていました。

 橋下くんの言い分をめっちゃ大ざっぱに言うと、どうせロシアには負けるんやから、犠牲が大きくなる前に逃げろ、みたいな話です。当然ものごっつい批判が巻き起こって「こんな奴はテレビに出すな」みたいなことになっています。その他にもいつものことながら、意味不明のツイートをしまくって、百田尚樹さんからもまた批判されています。

 しもた!橋下くんのことなんかどうでもよかったんや。今も彼は必死になって朝から晩までツイートを続けてるみたいですが、ナザレンコさんの今のところの最新のリツイートをコピペしておきましょう。

橋下さん、連続で投稿していらっしゃいますが、侵略戦争を始めた側に対する批判より、被害者への説得が圧倒的に多いように見えます。家が放火された人に助言しつつ、放火犯の責任に触れないことは、不自然だと思います。人災は災害と違って、責任者がいます。加害者を止めないと自家もいつか狙われます

 さて、何もかもがトンチンカンな橋下くんの話はもうやめて、私が入れて貰うてるメーリングリストで、今回のウクライナ戦争について、めっちゃ深く説明してくれている記事が紹介されていました(「プーチンの戦争」真の動機とバイデンの悪辣|山岡鉄秀)。2/28の「有料メルマガ記事」の「特別公開」やそうです。

 先に書いておきますと、今はもう世界中で、プーチンはヒトラー以上の極悪人、ということになって来ましたし、それもその通りやとは思いますが、何でプーチンが全面侵攻に出たんかをしっかり理解しとかんと、この先の予測も外れてしまうので、感情的になったらあかんと思いますね。

 山岡さんはこの戦争は「プーチンにとっては『祖国奪還戦争』」やと言うてはります。

プーチンはたとえ武力を行使してでも、かつての大ロシアに回帰したいと熱望しています。「プーチンはかつてのソ連の勢力圏復活を目指している」と主張する識者もいますが、プーチンが目指しているのはさらに昔の古代帝国なのです。

この視点がないと、現在の全面侵攻作戦はやはり説明できません。東部親ロシア派住民の保護と治安維持目的というストーリーからはあまりにも飛躍しているからです。

 そういえばプーチンもロシア人も、日本で言う「北方領土」は、第二次世界大戦の結果、正当に得た領土やとホンマに思てますからね。条約やら協定やら国際法なんかどうでもええんですね。欲しいと思たら獲りに行くだけの話ですね。

そして、もうひとつのポイントが、ロシアは単にウクライナのNATO加盟を恐れているというよりも、ヤヌコビッチ政権がクーデターで倒れた後の政権自体が、完全にアメリカの傀儡であり、ロシアにとっての脅威であると見なしている、という点です。

 ウクライナは地政学的に言うても、ロシアに対しても西側(NATO)に対しても、上手くやりながら、微妙な中立を保たなければならなかった、というわけです。

しかし、ウクライナはそれができませんでした。アメリカ民主党政権によって、ロシアに対する噛ませ犬として使われ続けてしまったのです。また、自らアメリカ民主党政権に自国の安全保障を委ねてしまいました。

 そうや、結局「噛ませ犬」やったんや。そして2013年、ウクライナがEUに入ろうとしたことで、バランスが崩れてしもたわけですね。

プーチンはヤヌコビッチ大統領に最後通牒を突き付け、協定を拒否して、代わりにロシアからの150億ドルの支援を受け取るか、制裁を受けるかの選択を迫ります。
ヤヌコビッチが急遽、協定締結準備を停止すると、2014年、オバマ政権に支援されたクーデターが発生し、ヤヌコビッチを退陣に追い込みます。背後からロシアを敵視するグローバリストのジョージ・ソロスの支援があったとも噂されています。
すると、プーチンは対抗措置としてクリミアを併合しますが、オバマ政権は危険を感じるウクライナに軍備を提供することなく、ロシアに対する経済制裁を実施します。
これでウクライナとロシアの対立は決定的なものになってしまいますが、ウクライナはさらにアメリカ民主党政権に追随する道を選んで行きます。

 この後、当時オバマ大統領の元で副大統領やったバイデンが、息子(ハンター・バイデン)に、ポロシェンコ大統領から利益供与をさせた、と。さらに2019年には「NATOとEUへの加盟を努力義務とすること」を憲法に書き込ませたりした、と。

 さらに、アメリカ国防省の管理下に生物学研究所を置いて、生物兵器を研究させたりとか、トランプ攻撃であるロシアゲートに次いで、ヒラリー・クリントンが主導するウクライナゲートなるキャンペーンにも積極的に関与させられたりして来た、ということにも触れてはります。

2021年9月には、大統領となったバイデンの下で、ウクライナはNATOを中心とした大規模軍事演習に参加し、10月には対戦車ミサイルシステム(ジャベリン)を180基配備しました。

 よう考えたらこれって、思いっきりロシアにケンカを売ってるようなもんやんか。

つまり、プーチンが主張するウクライナの非武装化と中立化とは、単にウクライナのNATO加盟を阻止するだけではなく、アメリカの先兵と化してアンチロシアで利用されるウクライナの政権を叩き潰すという意味があったのです。

 もちろん、だからと言って今回の侵攻は肯定できるものではないと山岡さんは断ってはります。そして。

しかし、過去何百年にも渡って他国による支配を受けて来たウクライナは、緩衝地帯国家という特殊な立場に居ながら、地理的に遠く離れた悪辣なアメリカ民主党政権に追随し、利用され、あれほど便宜を図ったにも拘らず、梯子を外されて棄てられ、ロシアに蹂躙される羽目に陥ったのです。
言い換えれば、自らの安全保障をアメリカ民主党政権に委ねる賭けに出て、大失敗に終わったということです。

 つまりはアメリカ民主党政権に利用されて捨てられただけやというわけですね。そしてその後ろには、ジョージ・ソロスみたいなグローバリストがおるというわけです。ウクライナで一般人が何人死のうが、それこそロシアにしたってこの後、制裁でボロボロになって崩壊しようが、どうでもええわけです。

 つまりはわざと世界中で戦争を起こして混乱に陥れることで、自分たちだけは上手いこと儲けて甘い汁を吸う奴らがホンマにおるということですね。ロシアの、ウクライナの、それぞれの人たちが連綿と繋いできた歴史や伝統、民族としての記憶、みたいなもんにはまっっっったく興味もあらへん、ということですね。

 プーチンが極悪人やとしても、その後ろにおる戦争が大好きな奴らの方がよっぽど悪辣、鬼か悪魔としか言いようがないと思いますね。今私ら人類が、ホンマに滅ぼさなあかんのは、そっちの方なんとちゃうか。

 実は上で書いたナザレンコさんのツイートには、いつも「ディープステート」を批判している馬渕睦夫さんを否定?するようなものもありました。目の前に見えている「敵」「味方」だけを見てたら間違うと思いますね。

 それより私ら日本人、この先どないするんや?ということで、山岡さんの記事の締めをコピペしておきましょう。

アメリカに安全保障を依存する日本は、このウクライナの悲劇に大至急学ばなければ、明日は我が身となることでしょう。

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/nippon_ukuraina/status/1497910922173562882
https://twitter.com/nippon_ukuraina/status/1500040312382959616
https://hanada-plus.jp/articles/959


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply