建国の昔から日本は世界平和を願うてたんや。その言葉「八紘為宇」の碑を置いてる会社もあるし。

頷く小

 明後日の23日(水)に日本の国会で、ゼレンスキー大統領がリモート演説をするはずですが、何を言うんでしょうかね。「日本は日露戦争に勝ち、世界の有色人種に希望を与えた」なんて言うはずはあらへんな。ゼレンスキー大統領は人種差別主義者のネオナチと、割と親しいそうやし。

 やっぱり「ヒロシマ・ナガサキ」なんやろか。せやけど日本が頑なに守って来たことになってる「非核三原則」は逆に、絶対にダメ、と言いそうやし(笑)。ある意味で不謹慎かも知れませんが、めっちゃ楽しみやな。ゼレンスキー大統領を操ってる奴らのアタマの中が、ちょっぴり覗けるかも知れませんね。

 戦争中はいろんな情報が錯綜するわけで、そんな中でも毅然と自国の国益を主張できるかどうかは難しい問題ですね。てか、今日(3/21)またダイレクト出版からの案内で、面白い動画を知りました(【日本語字幕】松岡洋右 国際連盟脱退演説 “我が代表堂々退場す” – Yosuke Matsuoka Speech “Good Bye! League of Nations!”)。

 何と松岡洋右が国連で演説して、国連を脱退するその瞬間の映像(動画)が残ってるんですね。彼は英語も堪能やったことは有名ですが、何より堂々としてますね。松岡自身はずっと、満洲問題に関しては何とかして世界の理解を得ようと、各国を飛び回って説得して奮闘してたけれど、日本政府の方が朝日新聞の煽りに乗せられて、「国連からの脱退」を命じた、というのが歴史の事実なんですね。

 今のロシアのプーチン悪魔化に通じるものを感じてしまいます。とは言え当時の日本と今のロシアは似てる、などと言うと乱暴すぎて、しかもそれを利用する奴らもいますから、単純な比較はやめておきましょう。何か動きがある時は必ずその裏に「意図」があるという、当たり前のことを常に考えんとあきませんね。話は戻って松岡の演説です。

「極東問題の根本的原因は中国の無政府状態である。長年間 中国は主権国家としての国際的な義務を怠ってきた。隣国である日本は最大の被害者だ。」

 素晴らしい!(拍手)ですね。まあしかし、全世界は日本のことは理解でけへんのかも知れません。松岡がいた当時の日本では、日本は万世一系の天皇を戴く万邦無比の国という誇りを、大人から子供まで持っていたからこそ、最後まで戦えた、とうことでしょうか。もちろん、戦略の間違いやら陸海軍の確執、みたいな反省はあるにしても、です。

 国民の意識の中には確実に、国、国家というものがあったんやろなあ、と思います。今の日本ではテレビのインチキコメンテーターが平気で、逃げろ、とか「中国」には譲歩しろとか、言うてますからね。戦後教育によって、背骨が抜き取られてしもたようなもんですね。

 話が飛びついでに(笑)先日、産経新聞の「PR特集」でビックリした企画がありました。2/11の建国記念の日の掲載ですね。

 この大阪冶金興業という会社は、金属の熱処理加工に特殊な技術を持ってはるようで、宇宙・航空、エネルギーの国際、国家プロジェクトに参画してるそうです。「軍事」とは書いてへんけど、そういうことなんやろなあ。そして最後まで読んでビックリしました。

 先代から受け継いだ言葉があります。「八紘為(一)宇=はっこうい(いち)う」です。戦後、全否定されましたが、本来は人種の別なく人類が仲良く暮らせる世界を目指そうという理念です。ITERに参加する思いも同じ。先代は社屋の屋上に、この言葉を刻んだ碑を置いていました。このたび完成する三木工場の新棟にも、この言葉を刻んだ碑を建立し、さざれ石とともに置きました。(※ITER(イーター):核融合エネルギー研究開発の国際プロジェクト)

 ひえーー。今の日本で、「八紘為宇」の碑を会社に置いてるって、スゴいですね。そうや!日本こそが、全世界の平和の理想を、建国の昔から持っている、世界でただ一つの国なんや。もっともっと自信を持って、もっともっと世界に、日本が持ってる理想を訴えていかなあかん!と思いました。まだまだやな。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=W8PMGfioOuM&t=11s


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply