せっかく「国体を護持し得た」んやから、世界平和のためにこそ、世界最強にならなあかん日本。

指差し小

 何かおかしい、と感じ始めてからはもう10年近く、ようやく「自虐史観」から脱却、覚醒できた私としては、その後に知ったいろんなことはホンマに勉強になります。今でも毎日、新しい知識が増えます。せやけど、知れば知るほど、何も変わらへん現実もあって、愕然とすることもありますね。

 一応保守的と思われてる産経新聞に「新聞に喝!」というコラムがあって、何人かの執筆者が書いてはるようですが、今日(3/27)の小谷賢とかいう人(日本大教授)には、がっかりでした(守り続けるウクライナの主権、理念に目を)。

ウクライナ軍があれほどの人命の犠牲を払いながら、なぜ戦い続けるのか、その理由について踏み込んだ分析はあまりみられない。一方、一部のメディアでは人命救助の観点からウクライナ側に降伏を促すような意見も散見される。多くの日本人にとって人命よりも大事なものはないし、戦争といえば太平洋戦争となるので、降伏を合理的と考えるのだろう。

 うん、この問題意識自体はええことやと思います。せやけどその後が。

だが個人的には、これは日本人に特有の考えのようにも思える。確かに太平洋戦争において日本は連合国に無条件降伏し、その結果、旧軍は解体され、沖縄の執政権は失ったものの、戦後日本は見事な経済復興を遂げた。この歴史の一部分だけ切り取ってみれば、一般の国民にとって無条件降伏は僥倖(ぎょうこう)だったと思えるかもしれない。

 ふうん、「太平洋戦争」ですか。そして出た!「無条件降伏」。見事に戦後教育をしっかり信じ切ってモノを書いてはるわけですね。ん?著書に『日本軍のインテリジェンス』?ま、読みもせんと批判するのはやめときますね。

 この人は昭和天皇のいわゆる玉音放送、「終戦の詔書」を読んだことがあるんやろか?いったいどこに「無条件降伏」なんて書いてあるんや?と。たしかにこれは「ポツダム宣言を受諾」したことになっていて、そのポツダム宣言には「軍隊の無条件降伏」とある、と言われますが、それって軍隊のことで、政府のことではないんですがね。

 それよりも、玉音放送で昭和天皇が直接国民に話されたことを、もっかいちゃんと聞け!と言いたいです。陛下は「ここに国体を護持し得て」と言うてはるんや。それを先に持って来んかい、という話です。文書には残ってへんけれど、戦後、天皇を裁いたり、罪に問うたりすることはせえへん、というのがアメリカの暗黙の了解やったわけですね。それのどこが無条件降伏やねん。

 もっと言えば、まだ戦争が終わるはるか前からアメリカは、天皇には絶対に手を触れたらあかん、ということを身をもって、それこそイヤというほど感じてたわけですね。それは何故かというと、日本兵がみな、最後の最後の一人まで、命を惜しまず戦い続けたからですね。

 それが目に見える形で現れたのが特攻隊であり、硫黄島であり、沖縄戦やったわけですね。もう世界中のどこの国よりも格段に強く、最後まで諦めへん、その精神はどこから来てるんやという問いの答えこそが、天皇やったわけです。

 たとえ戦争に勝ったとしても、日本からすぐに天皇を無くすことはでけへん、せやからこそ、何十年もかけてWGIP(ウォーギルトインフォメーションプログラム)を仕掛けて来たというわけですね。今、ウクライナの話をするんやったらそこまで言わんとあかんのとちゃいますか?小谷さん。

欧米では過去何百年も戦争を行い、その過程で主権や個人の自由、また国際法といった制度や理念を築き上げてきた。ウクライナの人々が戦い続けるのは、一義的には目の前の侵略者から自分たちの家族や国土を守るためだろうが、さらに突き詰めていけば、上記のような理念を守るというところにたどり着く。

 これはその通りですね。そして結語です。

 他方、日本は経済的な理由や台湾有事への危惧、といった理由で欧米に追随しているが、日本の政治家や企業経営者、何より新聞をはじめとする報道機関はもっとはっきりと、ウクライナの主権と、そこに住む人々の自由を守るためだと理念を語ってもいいように思う。

 これも別に間違いやないですが、そんなん、わかり切った話とちゃいますか?と思いました。書いてはることに、何の「芯」もあらへんわ。あ、小谷さんを直接知ってるわけでも何でもありませんよ、保守系と思われてる産経新聞でさえこの程度やから、まだまだやなあとがっかりした、というだけの話です(笑)。

 ついでに書いておきますと、小谷さんが書いてはるように、欧米は過去何百年もの間、戦争という殺し合いをして来てやっと最近、主権や個人の自由、また国際法といった制度や理念を築き上げて来たけれど、そんなもん、一人の年寄りの気まぐれで、あっという間に崩れてしまうのを今回、全世界が目の当たりにしてるわけですね。

 やっぱり、この世界で生き残るためには、ぜっっったいに負けへん「力」を持つしかあらへんのとちゃいますか。そしてそう考えると、例えば豊臣秀吉はエラかったんや。当時の日本には、世界中の鉄砲の数の半分があったんやで。朝鮮出兵は、明に対する牽制や。当時世界最強のスペインに対してさえも秀吉は恫喝して、一発かましてたんや。そのおかげでペリーが来るまで、誰も日本を征服しようとは思わへんかった、と。

 さらに付録です。今日たまたま送られて来たダイレクト出版のプロモーションPRで、下瀬雅允(しもせ まさちか)さんの名を知りました。「下瀬火薬」を発明、開発した人で、日露戦争はこれで勝ったようなもんやという話です。当時の世界最先端、世界最強の火薬を何と、日本人が作った、ということでした。

 日本こそが、世界平和に貢献できるんやという自信を、日本国民全員が持てるようになる日は来るんでしょうか。ここは怖れ多くも、明治天皇の有名な御製を書いておくことにしましょう。日露開戦の直前に明治天皇がお詠みになった歌ですね。

よもの海みなはらからと思ふ世になど波風のたちさわぐらむ

【文中リンク先URL】
https://www.sankei.com/article/20220327-LT6O4L4DBZIVHKCTV3KMGBESTE/?176943


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply