タイタニック号のはずの日本に投資を呼びかける?もはやお笑い恥さらし、矢野君と岸田君。

自転車小

 どうせ日本は連休中やから、国会会期中のこの期間に閣僚が外遊するのは別にかまわへんけど、キッシーの中途半端感は、尋常やないですね(首相が資産所得倍増に意欲、NISA抜本的拡充-水際対策も緩和)。

岸田文雄首相は5日、ロンドンの金融街シティーで行った講演で、貯蓄から投資への移行を大胆・抜本的に進め「投資による資産所得倍増を実現する」と表明した。具体的な政策として少額投資非課税制度(NISA)の抜本的拡充や預貯金を資産運用に誘導する新たな仕組みの創設を挙げた。

 この人、どこを見て、誰を見て政治をしてるんやろな、と思いますね。「インベスト・イン・キシダ(岸田に投資を)」と呼び掛けた、とか書いてますが、これって2013年に安倍ちゃんがニューヨークの証券取引所での演説で、「バイ・マイ・アベノミクス(アベノミクスは買い)」と言うてめっちゃウケたことをマネしたと言われていますね。しょーむな。

 そもそも「資産所得倍増」?おいおい、岸田くん、あんたは自民党総裁選のときに「国民所得倍増」とか言うてたくせに、いつの間にかそれを引っ込めたんとちゃうんか?ホンマに不誠実そのものの人ですね。人から言われた「良さげなこと」を、そのまま考えもせんと言うてるだけやろ?と。

 そもそも日本の財政はタイタニック号、いずれ破綻しますと言うたアホの矢野康治財務事務次官が、いまだに首も切られんとおること自体が、日本の恥さらしなんとちゃうか、と思いますね。しかも破綻するはずの日本国債を堂々と今も売ってるのが財務省やんか。自分が何を言うてるんかわかってへんな、矢野くんも岸田くんも。

 しかし、今回の「外遊」で、日本人にはめっちゃわかりにくい部分もあります。それをズバリ指摘してはるのが今日(5/6)の「宮崎正弘の国際情勢解題」です。昨日大騒ぎになった、ロシアによる日本人63人の入国禁止リスト発表に触れて書いてはります。「そもそも岸田首相は、なぜ外遊中にローマ法王と会う必要があったのか、と。

 NATOの代理戦争でもあるロシアvs ウクライナ戦争は、じつはカソリック vs東方正教会(ギリシア正教もしくはオーソドックスという)の宿命の対立が根っこにある戦争である。
ウクライナ正教会はロシア正教会と兄弟だが、カソリックがウクライナの西半分に深く浸透し、影響力を行使するようになり、ロシアからみれば異教徒の文化侵略と映るのだ。

 これは日本人には難しいですね。

 そのカソリック総本山を岸田首相は何の歴史的、宗教的な顧慮もなく表敬した。クレムリンが怒髪天をつくほどに怒るのは、宗教戦争とういう文脈からいえば当然だろう。

 まあ何をやってもダメダメな岸田くん、というのはようわかるわ(笑)。ただ、アメリカのバイデン政権の意向が強く働いてるんやないかな、と私は思うのですが。知らんけど。アメリカではついにインフレを抑えるために利上げをしようとしてるのに、この30年、インフレになったことがない日本から見たら、異世界の話ですね。

 コロナが来て、日本を除く全世界の先進国は一斉に大規模な財政出動をして、それこそアメリカは何百兆円も出したからこそインフレになって、それをちょっと冷ますために今回、利上げをするだけの話ですね。一人10万円をたった一回やっただけで、その後は「何もしてへん」日本政府は今、「何もせえへん」岸田政権やから、もう絶望的ですね。

 昨日(5/5)の「『新』経世済民新聞」で、藤井聡さんが同じことを書いてはりました。

いまの日本はホントに酷い状況です。
経済は、消費税増税とコロナ禍でボロボロになっているにも拘わらず、諸外国では当たり前の消費税減税や補償金給付が殆ど全く行われず、挙げ句の果てにロシア・ウクライナの問題でエネルギー価格が高騰してるのに、ガソリン税に引き下げすら行われない。
諸外国ではコロナ規制がどんどん撤廃されていくなか、日本では未だに岸田首相は「5類への引き下げは時期尚早」と宣い、行動規制はまだまだ継続し、経済は打撃を受け続ける始末。
結果、物価はトータルとして上昇しているのに、国民所得に直結するコアコアCPIはマイナス状況……これは輸入品が高騰によるインフレと、賃金下落を導くデフレが同時進行する、いわゆる「スタグフレーション」の状況になっているわけです。
このままだと日本は確実に衰退を続け、国民は地獄への道をまっしぐらに突き進む他有りません。

 このままやとホンマに絶望的になってしまうのですが藤井さんは、「実は、この日本を復活させることは、実に簡単な事だ、ということ」を書いた『日本復活!』という本を出したそうです。

まずはコロナの指定を5類に落とすと同時に、PB規律を凍結して、消費税を減税し、日本が成長軌道に乗るまでしっかり補償金を配布し、未来に向けた公的投資を拡大する……ということさえやれば、日本はウソの様に滅茶苦茶元気になり、あっという間に日本が復活することは確実なのです。

 もう10年以上も藤井さんにしても、三橋貴明さんにしても、同じことを言い続けてはりますね。答えは実は簡単なんや、という話です。せやけど今、大多数の日本人は「しょうがない」と思うてる、そのことが一番の問題なんや、ということですね。

 デフレ不況に陥り、パンデミックに苛まれ、さらには、ロシアのウクライナ侵攻に象徴される戦争が当たり前の時代になってしまったのです。このまま日本が、今までのように「しょうがない…」を続けていては、日本は21世紀中盤には、東アジアの極貧国の一つに凋落してしまうことは確実です。

 ということで、本の宣伝やないですが(笑)、繰り返しますと、実は答えは簡単な話なんや、ということですね。人の話を聞くだけのキッシーやら、アホの矢野くんにはわからん話なんでしょうけどね。今、私ら日本人が「しょうがない」と諦めたら、そこで終わってしまうんや、と覚悟を決めなあきませんね。

【文中リンク先URL】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-05/RBEI3KT1UM0W01
https://www.mag2.com/m/0001689840
https://38news.jp/economy/21732


人気ブログランキング

 ↑ 何で日本の財政がタイタニック号やねんな、と思う人はクリック!

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply