自由と民主主義の国アメリカで、あからさまな言論封殺。あかんやろ、バイデン民主党政権。

頷く小

 産経新聞は日本では保守系とされていますが、それでも世界を操る?奴らの言いなりになってることはわかる気がします。去年の10月に突然、橋下徹くんを「正論」のメンバーにしたし、同じタイミングでフジテレビの2つの報道番組のキャスターにしましたからね。フジサンケイグループのトップに指令が行ったんやろなあ、と思うたもんです。

 日本のゼレンスキーにするつもりやったんが、ちょっと性格が悪すぎて(笑)失敗したようですね。しかも「上海電力」疑惑というオマケまで付いて来て、もうこの人(橋下くん)は、使いようがないんとちゃいますか?(笑)。

 そして産経新聞の中にも、ちゃんとあちら側(今で言うと米民主党)の意向をしっかり汲み取って発言する人、黒瀬悦成くんが今や、東京本社編集局副編集長兼外信部編集委員、ですからね。前に書きましたが何とこの黒瀬くん、今アメリカの大統領が「バイデンでよかった」と平気で書く人ですからね(えっ、実はバイデンでよかった?惨劇の張本人をアゲてどないすんねや?プーチン以上の悪魔やで。)。

 この人の発言は今後も要注意やと思いますね。とは言え、産経新聞の中にもちょっとまともな人もおって、今日(5/13)の記事に注目、です(緯度経度 バイデン政権「偽情報」対策の波紋)。古森義久さん、産経新聞のワシントン駐在、客員特派員という立場ですね。

 黒瀬くんがあからさまな反トランプならばこの古森さんは、隠れトランプ支持なんとちゃうか、と思います。まあホンマにトランプさんを支持する記事なんか書いたら、産経でも即クビ、でしょうからね(笑)。古森さんの今日の記事は、ネットではみんな、もう知ってるで、な話がほとんどなんですが、日本のマスゴミ、全国紙に載るということにちょっと意味があると思います。

 米国の民主党バイデン政権が「偽情報統治委員会(DGB)」という組織を4月末に新設した。米国内や対外関係を混乱させる虚偽情報「Disinformation」を監視・管理し、反撃するための政府機関だという。国土安全保障省内に設けられた。

 先に結論から言うておきますと、ようこんなもん、自由と民主主義の国アメリカで作ったな、というぐらいにレベルが低く、さすがにアホ左翼のバイデン政権やな、という代物です。そして想像通り、激烈な反対が共和党から出て来ている、と。

 この新組織DGBの事務局長に、ニナ・ジャンコウィッツ氏が任命された、と。ところが何とこのニナおばちゃんて、めっちゃヤバい人やんか、という話です。

 同氏は民主党の女性活動家としても知られてきた。2016年の大統領選挙前後にはトランプ氏への批判を表明し続けてきた。その一環としてトランプ氏がロシア政府と癒着していたとする「スティール文書」を事実だと断ずる発言を17年はじめ以降、何回もしてきた。
 スティール文書はその後、民主党クリントン陣営が資金を出して専属の法律事務所を通じイギリスの元諜報員に作成させていたことが判明した。しかも内容の多くも虚偽と証された。

 おっと、古森さん、「スティール文書」についてまた書きはりましたね。これはオバマやヒラリーが後ろにおって、トランプさんを引きずり降ろすために、イギリス政府諜報機関の元工作員のクリス・スティール氏にお金を渡して、インチキ文書を書かせた、という話ですね。

 ジャンコウィッツ氏はさらに、前回の大統領選終盤の20年10月の当時の民主党候補バイデン氏の次男ハンター氏が使ったパソコンから、中国とウクライナの腐敗企業との疑惑の交信を重ねた記録が発見されたとするニューヨーク・ポスト紙報道を「ロシア側が流した偽情報だ」と断定した。だがこの報道は正しかったことが裏づけられた。

 おおー、さらにハンター・バイデンの、ネットでは超有名なあの「地獄からのラップトップ(パソコン)」の話も!それを否定しようとして来たおばちゃんを、新しい組織の事務局長に任命するって、もう意図が見え見えやんか、という話ですね。

 米国共和党は、上下両院議員を挙げてこれに抗議する活動を展開しているそうです。5月4日の国土安全保障委員会の公聴会でも、国土安全保障省のアレハンドロ・マヨルカス長官を喚問した、と。

 同公聴会ではさらに共和党側のランド・ポール、ジョン・ケネディ両議員らが「政府が情報の虚偽か真実かを決めるのでは、ジョージ・オーウェルの小説『1984年』に登場する言論独裁の『真実省』と同じではないか」とも批判した。

 さすが共和党、そのものズバリの批判ですね。この先この組織は、徹底的に無力化されるか廃止されるんとちゃうやろか。いずれにしても民主党は焦りまくってる、ということなんかも知れません。事実を知られることが怖い、と。

 大統領を盗まれたアメリカも、やっとここまで立て直して来たか、と感慨深いですね。あ、まだ安心はできませんね。ウクライナ戦争もまだどうなるかわかりませんし。プーチンでなくても、米民主党がヤケクソになって、とんでもないことを仕掛けて来るかも知れません。それこそプーチンに核を使わせて、第三次世界大戦にまで引きずり込もうとするかも知れませんからね。

 ちなみに私は読売やら日経、朝日新聞は読んでませんからわかりませんが、やっぱり風向きはだんだん変わって来てるんとちゃうか、と思い始めています。あかんで、バイデン、と。

【文中リンク先URL】
https://naniwakawaraban.jp/2022/03/23/%e3%81%88%e3%81%a3%e3%80%81%e5%ae%9f%e3%81%af%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%87%e3%83%b3%e3%81%a7%e3%82%88%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%9f%e6%83%a8%e5%8a%87%e3%81%ae%e5%bc%b5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%82%92/
https://www.sankei.com/article/20220513-UNIO6HLHM5OKBATZML44LERHQE/?555251


人気ブログランキング

 ↑ バイデン政権が言論封殺、あかんやろ、と思う人はクリック!

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply