橋下君が何で薄っぺらいのか、ようわかったわ篠田さん。ガラパゴスの日本憲法学では日本滅亡や。

 ふふふ。買いましたよ、『月刊Hanada』7月号。さすが橋下徹くん、超有名人やから表紙にバンバン名前が出ますね(笑)。ユーチューブ界隈では多くの人が取り上げていますが、ここ数日、「上海電力」の件には橋下くんはだんまりですね。逃げおおせると思てるんやろか。いや、もうヤバ過ぎますね。

 山口敬之さんは、この公開の月刊誌の他にも有料メルマガで発信をし、ユーチューブ動画でも発信をしてはります。めっちゃ立体的。とは言え、目の前にある事実、公開されている証拠だけでも、とんでもないことが行われたことが容易に推測できるので、やっぱり橋下くん、詰んでますね。

 月刊Hanadaで私が今日初めて知った事実は、大阪市のメガソーラーの話は実は橋下くんの前任者の平松さんの頃から計画があって、その時は咲洲(さきしま)ではなく、その北側の夢洲(ゆめしま)で計画されてたそうです。いつの間にか、スルっと咲洲に変わってた、と。

 橋下くんはちゃんと「入札」してるんやから問題はない、とユーチューブで叫んでましたが、その入札がめっちゃええかげんやったことが、これでもかという資料とともに山口さんが書いてくれてはります。

 太陽光発電の実績もない、できたばかりの会社で、普通は入札には必須の納税証明すらあらへんはずの会社が落札して、契約書にあった工事完成の期日をはるか過ぎてから工事が始められたと。そしていつの間にか入札した会社ではない「上海電力」が、実際の事業者にすり替わってた、という話ですね。

 どう考えても、最初から「上海電力」を入れるために仕組んだとしか思われへんややこしさです。そして小坪しんやさんは今日(5/28)は、自民党大阪市議の重鎮、木下吉信さんの自筆の質問主意書を公開してくれてはります。さらにそれを、闇のクマさんがユーチューブで大拡散、です(【橋下徹が大絶叫!「なんでアンタが動くんだぁ!」遂に関西随一の超大物議員が大阪市議会に質問主意書提出の緊急事態!】もう橋下も吉村府知事も松井市長も大阪港湾局・上海電力問題を軽視できなくなったぞ)。

 闇のクマさんはやや飛ばし気味に(失礼)言うてはりますが、どうも高市早苗さんにも話は入ってるような、、、と。ひえーーー。

 とは言え山口敬之さんは、この件ではまだ維新については一切、触れてません、とのことでした。あくまで橋下くん批判に絞ってはります。維新の中にも、これはヤバい、と思う人がおるんかも知れません。それにしても吉村くんのツイートは微妙ですね。アウト、とちゃうか(吉村洋文(大阪府知事)@hiroyoshimura)。

「ネット世界の想像」が記事になったので、参考までに。大阪府市が一帯一路に参加することはありません。明確に否定しておきます。なお、大阪港湾局は、同様の覚書を、台湾の港、東南アジアの港、欧米の港、韓国や中国の他の港等、合計16の港と締結しています。日本国内の他の主要港も各自で同様です。

 「ネット世界の想像」って、やけに挑発的やな。もちろん、山口さんも、闇のクマさんも激オコ、でした(笑)。ところでせっかく『月刊Hanada』を読んだので、もう一つ、橋下さんネタの記事です(「橋下徹氏に見る憲法学通説の病理」篠田英朗)。

 ロシア・ウクライナ戦争は、日本国内の問題状況も描き出した。私個人は、橋下徹氏にツイッターで繰り返し罵倒される経験をした。ただし、その内容は、篠田は「アホ」「心底頭悪い」「頭がおかしくなった」といった主張が繰り返しなされているだけの中身の乏しいものであった。

 橋下くん何でそんなに篠田さんに怒ってるんや?な話なんですが、

事の発端は、橋下氏がテレビ番組等で主張し続けていたウクライナ降伏論について、私が「お茶の間平和主義」と描写する文章を書いたことであった。

 篠田さんが書いた記事では

降伏が一般市民の生命を救う方法だという主張に裏付けはなく、降伏すれば粛清などの殺戮が始まることも当然予測しなければならない

とか、

日本の特殊な1945年当時の歴史だけを振り回して他国の運命を云々する主張をするのは、あまりに国際社会の原則と当該地域の事情を軽視したガラパゴスな態度だ

と書いたあたりが逆鱗に触れたんとちゃうか、と想像してはります。そして橋下くんに影響を与えた人、つまり橋下くんが信奉してるのが、伊藤真さんなんやそうです。

 伊藤真氏は、平均的な憲法学者も顔負けのバリバリの護憲派であり、徹底したいわゆる絶対平和主義の信奉者である。

 なあんや、橋下くんはやっぱりベースはサヨク風、ということやな。たしか「日本は中国には迷惑をかけた」とか言うてたしな。篠田さんは、「日本の憲法学の価値観を振り回して国際問題を論じることは、的外れなガラパゴスな態度でしかない」とまとめてはります。

 残念ながら、このガラパゴス主義は、日本社会に根深く存在する価値観である。むしろ戦後日本の伝統的な価値観の反映だと言ってよい。しかしだからこそ、ウクライナ情勢について謎のツイートをし続ける橋下氏を通じて、このガラパゴス主義の限界も露呈してくるのである。

 ま、世界から笑われるだけの話ですね。あっ、しもた。またどうでもええ(笑)橋下くんのことを長々と書いてしもたわ。ただ、篠田さんの言うように、日本にはまだ根深く「ガラパゴス主義」が存在してるんやから、「それは世界では通用せえへんのや」と、しっかり声を上げて行かなあきませんね。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=8iQa5iHnLlk
https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1528597252377571328


人気ブログランキング

 ↑ 橋下くんが何で薄っぺらいんか、わかった、と思う人はクリック!

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply