復刻版『裏から見た支那人』。戦前の日本人の方がちゃんと見抜いてたな、「匪賊の社会」やて。

自転車小

 産経新聞は大阪では維新寄り、です。また、大阪のテレビ局は軒並み吉本と組んで、維新をバンバン露出しています。読売新聞は大阪府と包括連携協定を昨年末に結んでいます(本社と大阪府 包括連携協定)。「府」との連携やから、維新を応援してるわけではない、と言われてもなあ。

 そして一昨日の産経新聞に、何とネットで大騒ぎの「大阪港湾=中国武漢港提携」の話が載りました(武漢と提携「国防上問題ない」 大阪知事、「一帯一路」で物議も)。大阪では載ってへんかったから、WEB版だけなんでしょうか?ふふふ。さすがに「上海電力」の方の話はよう書かんかった、ということでしょうか。

 大阪府の吉村洋文知事は30日の府議会本会議で、府と大阪市の共同部局が昨年12月に結んだ中国・武漢との港湾提携について「国防の観点から、問題があるなら当然やめるべきだと思うが、そうとも思わない」と述べ、協力関係を維持する考えを示した。西野修平府議(自民)に対する答弁。

 そして私が昨日(5/31)の朝、この産経の記事をリツイートして

ついに維新の正体がバレたな
大阪を「中国」に売る、と。
こいつら売国奴やんか

と書いたら、何と「いいね」が1900も付きました(笑)。産経の記事にはたしかに

提携の覚書に「一帯一路」の文言はなく、日本の民間団体と武漢を抱える中国・湖北省人民政府が都内で主催した「説明会」の席上で提携が締結されたが、この説明会のプログラムに「一帯一路」の記載があった。

 と書いてあるので、何とか逃げ切ろうとしてるように思えますが、実はネット民が知りたいのは圧倒的に「咲洲メガソーラー」の話ですね。橋下徹くんは、これに関してはもうずうーっとダンマリですね。山口敬之さんが毎日、記事を更新して責めてはりますが、今の焦点は「あれは副市長案件、市長は知らんかった」ということで、果たして維新は逃げ切れるかどうか、というところでしょう。

 山口敬之さんは逆に「副市長案件」に関して、スゴい爆弾を持ってはるようなので、楽しみですね。もうすぐ記事がアップされるようです。いずれにしても今は米中戦争の真っただ中、という危機感が、維新にはまったくありませんね。

 そんな危険がいっぱいの「中国」で異変が起こってるのでは?ということでネットでもけっこう話題になっていますが、ここは一昨日(5/30)の遠藤誉さんの記事を見てみましょう(「習近平失脚」というデマの正体と真相)。

 少し前に、李克強・国務院総理の長文の論文が党の機関紙に掲載され、習近平の政策を暗に批判している、と騒がれたことがありましたが、この李克強さんが習近平にとって替わることは絶対にない、と遠藤さんは書いてはります。ちょっと長いですが、これが全て、みたいです。

 日本人は李克強がまるで個人の意思で何か発言していると勘違いして「習近平が失墜して李克強の人気が上昇している」とか「李克強が習近平をガン無視」といった類のことを書いては喜んでいるが、李克強はあくまでもチャイナ・セブン(中共中央政治局常務委員会委員7名)の合意の結果の一つを発表する役割をしているだけで、そこには寸分たりとも「個人の意思」はない!
 「個人の言葉」は皆無なのである。
 「分工」と言って、チャイナ・セブンの中で決めたことを、誰がどのような形で発表し実行していくかという「職掌」に沿って動いているだけである。
 おまけに李克強はすでに今年の全人代閉幕後の記者会見で「これが最後となる」と、自ら「退官」の意思を表明した。
 これも、そのようなことを公表して良いか否かは、事前にチャイナ・セブンで決めてから意思表明しているのだ。
 加えて、李克強は軍事委員会において、現在はいかなる職位も持っていない。
 したがって、あらゆる側面から見て、習近平に代わって李克強が今年秋に開催される党大会で「中国共産党中央委員会(中共中央)総書記」に選ばれる可能性はゼロである。

 なるほどー。李克強さんはない、と。そしたら何と今日(6/1)の「宮崎正弘の国際情勢解題」で、いやいや、やっぱり変やで、という話が出ていました(北京の奥の院、「異変」の兆しあり)。このところ、習近平の側近が次々と「落馬」してるそうです。自殺とか、退任とか。そして逆に李克強の団派が、、、

 そして李克強首相派の石泰峰(内蒙古自治区書記)は社会科学院長に出世したほか、李派の数名が昇進した。共青団は「次期のホープ」=胡春華を温存している。胡春華は王洋の後釜として広東省書記を務め、現在は副首相。習近平が徹底的に冷遇してきたが、雰囲気が変わっている。
 秋の党大会前、夏に長老があつまる北戴河会議で基本的な人事が内定する流れとなっている。

 たぶん、李克強の昇格はないけれど、李克強派、つまり「団派(共産主義青年団出身者)」がのし上がって来る、ということでしょうか。まあどうでもええけど、一応、そろそろ日本にも牙を剥いて来るであろう「中国」の動きは、しっかりと注目せなあきませんね。

 そしたらたまたま、ダイレクト出版のPRで、めっちゃ面白い文章がありましたので、コピペさせて貰います。1937(昭和12)年に出版され、何と戦後はGHQが焚書にしたという『裏から見た支那人』(笠井孝)の「復刻版」のPRです。

本の冒頭にはいきなり
こんな供述があります。
“私をして忌憚なく云わしむれば、
漢民族は四千年来の
スレッカラシであり、
頽廃民族であり、
従ってまた支那は、
東亜平静の癌でもある。
支那は一つの社会ではあるが、
国家ではない。
少くとも近代組織の法治国と、
見做すべき国ではない。
或は寧ろ支那は、
匪賊(=盗賊)の社会である
と云った方が、適評である。”
(『裏から見た支那人』P14)

 あはは、「支那は、匪賊の社会である」、もう戦前の日本人の方が本質をきちんと理解して、堂々と書いてるやんか。今の私ら日本人より、よっぽど進んでるやんか、という話ですね。そもそも「支那」は変換では出て来ませんからね。早う、戦前の日本の「常識」を取り戻したいものです。

【文中リンク先URL】
https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20211228-OYO1T50000/
https://www.sankei.com/article/20220530-AQIPDFTS75IGRFKJKPSLLTWNHM/?324235
https://twitter.com/logoslabo/status/1531440424748863489
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20220530-00298521
https://www.mag2.com/m/0001689840


人気ブログランキング

 ↑ 「支那は匪賊の社会」、と思う人はクリック!

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 1

There are no comments yet.

醜女桜  

No title

関東の皆さま
6月4日bsテレビ東京朝7時から石川和男の危機のカナリア⌈急浮上!上海電力問題の深層とは⌋が放送されます。どんな洗脳番組になるんだろ?

2022/06/03 (Fri) 12:21

Leave a reply