上海電力は氷山の一角。「中国」の「静かなる侵略」やとわかってへんな、橋下・松井・吉村君。

パンチ小

 いやあ、ネット時代はスゴいですね。いろんな事が同時並行で進むので(あ、当たり前か)、ヘタすると半日後には、情報の意味が変わってしまうこともありますね。テレビや新聞に出る話は、「それ、もう聞いたで」な話ばかりになってしまいます。

 さて今ネットでは大騒ぎの橋下徹くんの「上海電力」疑惑、どんどん拡大してるように思います。石平さんが今朝(6/3)、怒りのツイートをしてはりました

橋下徹氏が便所という汚い言葉を使って月刊HANADAを攻撃していることに驚いた。それは、この雑誌の講読者と執筆陣全員に対する侮辱であり、言葉の暴力だ。しかし、かりそめにも一公党の代表を務めた人間は、市井のチンピラ程度の下品な罵詈雑言して良いのか?

 そしたら何と、橋下くんがそれに噛みついていました。しょーむないのでコピペはせんと、リンクだけにしときますが(笑)。もう、今回の「上海電力」に関しては、周り中に噛みついてる感じですね。そして、待ちに待った山口敬之さんの記事原稿が、有料メルマガで配信されました(【橋下徹研究(15)】 「維新はもはや保守政党とは呼べない」 「『副市長案件』の決定的矛盾」)。

 同じ内容が今日中?にWEBメディアの『月刊Hanadaプラス』に載るそうです。こちらは誰でも読めます。冒頭だけコピペさせて貰います。

 大阪市の「咲洲メガソーラー」への上海電力の不透明な参入問題について、私が告発を始めたのは3月下旬だが、その後2ヶ月にわたって大阪市長の松井一郎氏と大阪府知事の吉村洋文氏は基本的に沈黙を守っていた。ところが先週、ほとんど同じタイミングで異口同音に発信を始めた。

 そうなんです。松井くん、吉村くんがいっせいに同じことを言い始めたんです。「あれは副市長案件や、橋下さんは知らんかった」と。そして入札の手続きには違法性はなく、問題はない、と。ちゃうちゃう、問題にしてるのは入札やのうて、インフラ事業に「中国」国営企業を入れてええんか?ということなんですが、それにはいっっっさい答えませんね。

 そして応援団も現われました、と。高橋洋一さんですね(491回 上海電力の問題を真面目に解説したら拍子抜け。今のところ何もない)。高橋さんは当時は大阪市の特別顧問やったけれど、この件は職掌外やったと断った上で、この件は大阪市の市有地の賃貸借契約、月額55万円なので、小さい話、通常なら局長案件レベル、と言うてはります。

 上の山口さんの記事では、まさにそこを、突っ込んではります。そんな小さい?案件が、何で「副市長案件」に格上げされてたんや?と。そこにこそ、橋下くんの意図があったんとちゃうか?というわけですね。その当時の担当の副市長は田中清剛氏で、何と今は大阪府の副知事として、吉村くんの右腕となって活躍してはります。

 ははあ、ここらへんでみんな、かつて関わった者どうしで口裏合わせをしてるんやな、と勘繰りたくなるのは、私だけやないですよ。何と百田尚樹さんが今日(6/3)の動画(気まぐれライブ「山口さんが、とうとうカードを切った!」)で言うてはります。

 百田さんは、私が上にあげた山口敬之さんの今日の有料メルマガも読んだ上で話してはりました。さあ、話はどんどん大きくなりますよ。一昨日(6/1)は、小坪しんやさんが、メディアを引き連れて、議員団が「咲洲メガソーラー」を視察した様子を写真、動画付きでブログにアップ(上海電力の咲州メガソーラーに有志議員団が視察を敢行。地上波メディアも同行)してはりました。

 果たして同行した「地上波メディア」は報道するんやろか。在版の放送局は軒並み維新寄りですからね。今のところの私の想定では、維新はぜっっっったいに、今の「上海電力」には触れずに、「入札には違法性はない」ということだけで逃げ切ろうとして来ると思いますね。

 そしたら何と、超人気YouTube動画の「闇のクマさん」が、きっちり刺してくれてはりました(【国会騒然!『あらゆる角度から中国が侵入している!』西側諸国の対応と比べてみよう】上海電力も太陽光パネルもNHK党の勇気ある10億円議席買収告発も西側諸国の対応と比べればどれほど大問題なのかわかるぞ!)。アメリカでは既に、太陽光パネルすら、「中国」からは輸入でけへんことになったとか。

 日本も同調させられるのは時間の問題と思われますね。さあ、どこまで逃げ切ることができるんやろか。そしたらさっき、YouTube動画「【売国】橋下徹・維新が招く中国「静かなる侵略」【WiLL増刊号】」が公開されました。白川司さんの話ですが、何と竹中平蔵氏の名前まで出て来ます。大阪を中心に、「スマートシティ」を作る、そのシステムは「中国」のもの、とか。おいおい、大阪を「中国」に売るなや、という話ですね。

 「上海電力」が一気に注目され始めた今こそ、ここで「中国」の「静かなる侵略」を食い止めんと、いずれ日本は「中国」の属国になりますね。「上海電力」は実は氷山の一角やったというわけです。そしてそんな危機感は、橋下くん、松井くん、吉村くんには、いっっっっっさいありません。危ない!危ない!と叫び続けることにしましょう。

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/liyonyon/status/1532477131972018177
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/1532494508222402560
https://foomii.com/00248/2022060309143995297
https://www.youtube.com/watch?v=P01hKoMzj0Q
https://www.youtube.com/watch?v=sa_sKbx6c74
https://samurai20.jp/2022/06/shanghai-electric-power/
https://www.youtube.com/watch?v=LyPhYSNi2ww
https://www.youtube.com/watch?v=1eTVHoGTW68


人気ブログランキング

 ↑ 上海電力問題は氷山の一角、と思う人はクリック!

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply