常識やん、9.11米同時多発テロはインチキ。それでも世界は動く。自分の国は自分で守らなあかん。

走る小

 よう考えたら(考えなくても笑)今日は「9.11」でしたね。21年前の今日、「アメリカ同時多発テロ事件」が起こった日ですね。飛行機が突っ込んで、高層ビル「ワールドトレードセンター」が2棟とも崩れ落ちてしまいました、と。今では飛行機が突っ込むところは合成ビデオやということもだいぶ知られては来ましたが、正式にはそんなことにはなっていませんね。

 それだけではなく、その他にもおかしな点は、いっっっぱいあるのに、いまだに真相はわかりません。「余計なこと=真実」を言うた人で、亡くなってる人も結構いるようなので、恐ろしいですね。こういうのを見ると、CIAが裏におるんかも知れん安倍さん暗殺事件も、結局はうやむやにされてしまうんやろかと、絶望的な気分になりますね。

 そして今で言うとそのインチキは、コロナの茶番ですね。そういえば先日ビル・ゲイツが日本に来てました。何と勲章をあげるんやとか。軽井沢に近隣住民の反対を無視して地下三階建ての要塞みたいな別荘を建てたようです。来んとってほしいわ。穢らわしい。

 ゲイツも出資してるCDC(米疾病対策センター)の日本事務所とかも作るようですね(米感染症対策の司令塔、CDC日本事務所を新設の考え…バイデン氏が表明)。もうアメリカの(たぶんCIA)の言いなりやな、岸田くん。あ、CIAもFBIとともに、今や反トランプですからね。

 「中国」を片付けた後の狙いはどうも日本とちゃうか、と思われますね。ホンマに危ない話です。とりあえず私ら日本人は、まず目の前の敵、「中国」に今、最大限の警戒をせなあかんわけですが、それもまたもう、ボロボロですね。

 親中・媚中を隠しもせんようになった河野太郎くんが、デジタル庁として何とあの「TikTok(ティックトック)」と連携するんやとか(河野さん大丈夫? TikTokがデジタル庁と連携でマイナンバー啓発動画、小林前経済安保相も疑問)。ネットでは大騒ぎですが、マスゴミは沈黙ですね。

 日本の政府の中も、もうズブズブに「中国」に侵略され切っていますね。そしたら今日の「宮崎正弘の国際情勢解題」の書評欄で、宮崎さんが門田隆将さんの『日中友好侵略史』(産経新聞出版)を取り上げてはりました。

 重厚な労作で、中国という邪悪な存在を外交の裏面から、様々なエピソードを交えて解き明かす。本書の基軸は「日中友好」なるものが、中国の、間接的な、しかし高等戦術を駆使した日本「侵略」であったという外交戦術の本質をえぐる視点にある。
日本は中国共産党のマインド・コントロールにみごとに引っかかった。しかも、その工作に協力した日本人が多くいたのだから始末に負えない。

 たしかに昭和三十年代まで戦争体験組の一部に中国に対する『贖罪意識』とかの不可思議な心象を抱いていた人々の一群があった。また中国からの引き上げ組の一部には郷愁があったし、インテリには古代からの中華文化への憧れがあった。
もうひとつ加えると無事に帰還できた日本兵の蒋介石に対する温情に対して感謝の気持ちが強くあった。恩返しをしたいと台湾防衛に白団や根本・元中将らが蒋介石のもとに馳せ参じた。金門島防衛の参謀役は根本だった。

 おっと、この根本中将の話は私も先日、書きましたよね。実は私も学生時代、最初は「第二外国語」に「中国語」を選んだんでした。教材が少なく(言い訳)挫折して、フランス語に変えましたが。「これからは中国の時代や」と思われた時期が確かにあったんですね。

 宮崎さんの書評では、もちろん門田さんの本の中のことですが、個人名もいっぱい出て来ます。公明党の話も出て来ます。

 創価学会、公明党が雪崩をうって親中路線を突っ走る引き金を引いたのは有吉佐和子だったのだ。やがて「池田が身元引受人となって創価大学が受け入れた海外留学生第一号の程永華は、2010年に駐日大使となった」。
 かくて「公明党が『中国の代弁者』であるのは、はるか半世紀以上前から始まった中国共産党の『対日工作』による」のである。

 この1年かそこらで、「中国」の危険性はとんでもないレベルにまで高まって来ているというのに、今の日本は全体が、驚くほどのんびりしていますね。

 六世紀に仏教が伝来してから九世紀の遣唐使廃止まで、日本政治は中国の『下』だった。大和朝廷には強い主権意識がまだ希薄だった。シナが文明と文化の先進国と誤解しておおくの留学生が派遣されたが、学ぶベき本質を習得するや殆どが帰国した。逆に日本へ派遣された遣日使の多くは日本に留まり、帰国を希望しなかった。
帰化人、渡来人の多くはなぜ自分たちの国に帰らず日本への永住を望んだのか。
「もはや学ぶべきことはない」と遣唐使の中止を建言したのは菅原道真だった。いま、求められるのは『現代の菅原道真』ではないのか。

 「現代の菅原道真」。もしかしたらそれが、安倍ちゃんやったのになあ。どう考えても今の岸田=林ラインの外交では、ぜっっったいに「中国」に呑み込まれるだけやと思いますね。危ないわあ。

 アメリカも実は、バイデンは「中国」とズブズブで、今やってることは、かなりの部分に「プロレス」もありますからね。気いつけなあきません。スルっと裏切られますからね。救いはこの秋の中間選挙と、トランプさん復活でしょうか。

 そのトランプさんにしても、岸田くんやと日本は間違いなく外されてしまいそうです。今の今、反トランプのCIAの言いなりになってるわけですからね。岸田くんはそんなことは、まっっったくわかってへんと思われます。ふうーー、ですね。自分の国は自分で守るしかないんやと、改めて思います。

【文中リンク先URL】
https://www.yomiuri.co.jp/world/20220524-OYT1T50074/
https://sakisiru.jp/35909
https://www.mag2.com/m/0001689840


人気ブログランキング

 ↑ 安倍ちゃんは実は、現代の菅原道真やったんや、と思う人は、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply