息も絶え絶え日本の防衛産業。どこ吹く風の岸田・鈴木財務相。こいつら国賊に日本は任されへんで。

頷く小

 背筋が凍りつくような、というのは恐怖を表わす表現ですが、今の日本の防衛の現実を知れば知るほど、ホンマにゾッとしますね。あ、その前に、日本人の生真面目さが高じて、ネットでは今「マスク警察」なんて言われていますが、世界中でこのバカげたコロナ対策を、3年も変わらず律儀に続けてるのはもう、日本だけですね。

 今はもう、誰もコロナでは死んでへんのに、何でワクチンを打つんや?しかも5歳から打てって、もう狂気の沙汰ですね。この話はキリがないのでここではしませんが、日本人は間違いなく、世界中のカモ、ですね。せやから米CDC(米疾病対策センター)の日本事務所も作られるし、モデルナも日本に進出して来ましたね。

 そして政府、厚労省はその手先を務めてる、と。国民の命や健康なんかアタマになさそうですね。というか、やっぱり日本の官僚はアメリカ様には逆らわれへんということですね。アメリカが押し付ける政策に反対した大臣が「自殺」したことになった話はいっぱいあるようですからね。あーコワ。

 そして再度の厚労大臣登板となった加藤勝信厚労相は結局、コロナの2類→5類の話はまだや、と答えていましたね。今にして思えば安倍ちゃんは、首相在任中から既に、「早急に2類→5類」も言うてたし、国産ワクチンの開発も言うてたし、とりあえず治療薬としてのアビガン、イベルメクチン?などの緊急承認にも言及してましたね。

 それらが全部、今の日本でまだ実現してへんし、挙句の果ては安倍さんは暗殺されてしもた、と。ほら、そう言うことやんか、と言いたいですね。安倍ちゃんは実はわかってたんかも知れませんね。あーコワ。えらい前置きが長くなったわ。

 私が読んでる昨日(9/13)の「メルマガ軍事情報」と、今日(9/14)の「宮崎正弘の国際情勢解題」で、共に桜林美佐さんの『危機迫る日本の防衛産業』(産経NF文庫)の書評が載っていました。最初にメルマガ軍事情報から。

我が国の国防技術や兵器技術の研究はアカデミズム
が行っていません。
これはおそらく世界でわが国だけの異常な姿です。
日本学術会議の異常性はこの面に一番顕れています。

このことに何も言わなかった、目を背けてきた国家
国民の姿からは、国防を真剣に考えている意識を感
じません。

国が保護して然るべき防衛基盤の核心である防衛産
業をあろうことか疲弊させ、防衛廃業や防衛事業か
らの撤退をもたらす状況に追い込んでいる。
それが日本国家であり日本国民であるおかしな現実
に国民は気づいて声を上げなきゃいけない。

それほど異常な状況に今わが国の国防安保防衛分野
は追い込まれているのです。

 いやあ、何かめっちゃヤバそうですね。そして

いつどの企業が防衛事業から撤退するとなっても全
く不思議ではない現実。

工廠のないわが国で、防衛産業は、軍が調達する装
備品や需品などを製造提供する「軍事産業」として
役割を果たす「国防体制の一環」をなしています。

にもかかわらず、現行の法体系では公と民間の厳密
な区分けをとおして民が一方的に負荷を強いられて
いる現実があります。

防衛産業のベンダーやプライム企業は、その苦悶か
ら逃れるために防衛事業からの撤退や廃業をしてい
るわけです。

このチョークポイントを解決しない限り今後も永遠
に、継戦能力のない危うい体制の国防軍事防衛体制
を続けなければいけないことになります。

ここから脱出する思考と発想と動きが必要ではない
でしょうか?

いまや命運が尽きかけたかに見えるわが防衛基盤で
すが、ようやく防衛省も手を打ち始めるようです。
遅きに失した感はありますが、今後の推移を見守り
たいです。

 ふうー、ですね。宮崎正弘さんの方も見てみましょう。

 何がネックかと言えば、第一に防衛予算のアンバランスである。
 「約44%が人件費、約35%がローン支払いという義務的経費、残りの20%に満たないお金がその年に使える金額である。しかし、その虎の子の20%も大半が米軍や基地周辺への自治体に支払われる分や装備の維持整備費になっている」。
 もっとも重要な「研究開発費」に割かれるのは予算の僅か4%。これじゃ、防衛の根幹が崩れていると同義ではないのか?
はたして国内防衛産業が存続できるのか、廃業に追い込まれるのかの瀬戸際に立っている。
防衛予算のアンバランスの問題、とくに装備一辺倒の特徴がある防衛予算は分割ローンが組まれている。装備の充実といっても、対米一辺倒という方向性、しかも、この状況の間隙を縫って、中国がダミーのファンドを駆使し、日本防衛産業の重要な部品をつくる企業の買収を狙っている。

 ひえーー。ここにも「中国」が既に入り込もうとしてるんやんか。

 日本に戦略兵器は存在しない。すなわちICBM、戦略爆撃機、原潜、空母、宇宙キラー衛星がない。あるのは米軍の作戦を補完する護衛艦、哨戒機、あとは『防護兵器』のみで、攻撃兵器は、これからホンのちょっと配備される。継戦可能な弾薬、弾丸、砲弾、ミサイル、その他は圧倒的に不足している。ウクライナがもっている防衛兵器すら自衛隊には数えるほどしかない。

 そうやんか、日本はウクライナよりずっとチョロいんやで。いつでも攻めて来てください、みたいなもんやんか。

 著者の桜林さんは十二年前に『誰も語らなかった防衛産業』(並木書房)以来、防衛産業を取材し続けてきた。いま、嘆息していう。
「だんだんとその活動に『辛さ』を感じるようになっていった」

 十年以上やってきて、何にも変わらへんどころか、絶望的ということなんか?そんな折に、鈴木俊一財務大臣がトンデモ発言です(財務相、防衛費増額に「安定財源を」 国債頼みに慎重)。

鈴木氏は13日の会見で「年末に歳出・歳入の両面から検討を進める。財源についてもあわせて考える」と強調した。
仮に国債を発行した場合の対応を問われると「何らかの将来の償還財源を念頭に置きながらやることが、財政健全化を考えれば必要ではないか」と指摘した。

 これを三橋貴明さんがすかさず取り上げて、猛批判です(国賊と化した財務省・岸田内閣)。鈴木大臣の言う「何らかの将来の償還財源」というのは実は「つなぎ国債」のことで、それは「一時的」なもので、しかも将来「税金」で償還(返済)せなあかん、ということです。

 日本も「将来」の台湾戦争に備え、防衛力を強化しなければならない。当たり前ですが、台湾戦争が勃発した以降に、
「大変だ! 防衛力を強化しよう」
 などとやったところで、間に合いません。
 上記が現実であるにも関わらず、防衛費増額を「つなぎ国債」「税金」で、しかも「一時的な支出」として賄おうとする財務省、岸田内閣。
 国賊、という言葉がこれほど似合う連中は、そうはいないでしょう。

 日本の防衛産業がヤバヤバな状態で、しかも今、目の前に危機が迫っているこの時に、一時的な対応しか考えてへん岸田と鈴木、そりゃあ三橋さんに言われんでも「国賊」やな。GDPの2%でも全然足らん、全然間に合わへん、敵は今、目の前に迫ってるんやで、という話ですね。あーコワ。

【文中リンク先URL】
https://okigunnji.com/
https://www.mag2.com/m/0001689840
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA132S20T10C22A9000000/
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12764217884.html


人気ブログランキング

 ↑ この期に及んで防衛予算をケチるのは国賊、と思う人は、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply