おい岸田、答えろや。セキュリティクリアランスはするつもりが無いから高市さんも外したんやろ?。

頷く小

 やっぱり岸田くんはアホですね(首相、安保理改革に主導的な役割果たす考え…「行動を開始するべき時を迎えている」)。この読売の記事は、国会での首相答弁の報道ですが、元々は先月の国連総会で演説したことの確認みたいなもんですね(岸田首相 “安保理改革へ交渉開始を” 国連総会で一般討論演説)。

 ウクライナ戦争を見ても、北朝鮮のミサイル連発を見ても、シナがウイグルでは人権問題はないと言い張り続けるのを見ていても、それでどうやって日本が国連安保理を改革できると考えられるんやろか。中学生でもわかる話とちゃうか?

 そもそも軍隊ではなくて「必要最小限の実力」しか持たず、「専守防衛」やから戦闘地域には兵隊も出されへん、そして核も持ってへんというか、持つ気すらない、そんな国がどうやって、今戦争が起こってる真っただ中で、「安保理の改革を主導」できるんや?アホ、バカ、トンチンカン、恥ずかしいとも思えへんのやろか。

 え?核もないし兵隊も出す気のない日本が、何か言うてるでと、世界中から笑い物になってるんやろなあと思います。日本の恥、岸田文雄。官僚の書いた作文を読んでるだけやんか。せっかくの国連出席、何かカッコええこと言いたいねんけど、書いといて、みたいなもんでしょうか。アホは○んでも治らんわ。

 自分の国の総理大臣をアホや、アホやと言い続けるのも情けない話です。さっさと引きずり降ろすことにしましょう。実は前にも書きましたが(おい岸田、「中国」のスパイを入れる気満々やな。高市さんがバラしてくれたで。もう首相失格やな。)、高市さんのBSフジの生放送テレビ番組での発言は、今もじわじわと広がっているように思います(「中国という言葉を出すな」高市早苗大臣が岸田首相との会話を “暴露”…「よくいった」「ぶっちゃけすぎ」と賛否渦巻く)。

大臣に就任した日に言われたのは、『中国という言葉を出さないでくれ』というのと、『来年の通常国会にセキュリティ・クリアランスを入れた経済安全保障推進法を提出すると口が裂けても言わないでくれ』と

 そして番組の終了間際には

明日クビになったらすいません。ごきげんよう

と言うた、と。もちろん、高市さんはまだクビにはなってませんが、岸田くんはこの話を無かったことにしてやり過ごすつもりやろか。ホンマに日本国民を小馬鹿にしてますね。そしたら一昨日(10/6)のYouTube動画「デイリーWiLL」でズバリ話してはりました(【平井宏治】高市早苗「命がけの告発」で岸田・河野に牽制)。

 この平井宏治さんの話はわかりやすいですね。日本のサイバー空間は今、もう危機的なほどにダダ漏れ、攻撃されっ放しなんやそうです。2017年から2021年にかけて表沙汰になった、日本企業(OSG(切削工具メーカー)/積水化学工業の元研究員/富士精工(工具メーカー)/NISSHA元社員)からシナ人への情報漏洩事件を振り返ってはります。

 海外では普通に実施されてる「セキュリティ・クリアランス」、つまり身辺調査ですね、これを整備しようとしてるのに、今年の5月に何と公明党が「私権制限」を口実に骨抜きして来た経緯がある、と。そして、これではあかんと高市さんたちが必死になって次の国会でこれを入れ込もうとしてるのを知っていて、アホの岸田は「口が裂けても言うな」と言うて、しかも高市さんを担当から外したわけですね。

 ちなみにシナの人民解放軍のサイバー担当兵士は17万5千人、日本の自衛隊のサイバー部隊は540人、警察のサイバー警察局は240人というお寒い状況で、しかもスパイ取締法が無いので、全く無力なんやそうです。コワい話ですね。

 そしてさらに寒い話が続きます。自衛隊や警察の手薄な状況をサポートするはずのデジタル庁の大臣は何と、河野太郎くんになり、早速アメリカで禁止されてるTikTokを使ってCMを作っていましたね。さらに山田太郎参議院議員を内閣第一部会の部会長代理(参議院側トップ)に就けた、と。これは、まさにサイバーセキュリティ、警察庁、拉致問題を所掌する政調の部会やそうです。

 ところが何と、この山田太郎議員は、シナの北京航空天大学ソフトウェア学院の名誉教授でもある、と。こんなもん、それこそセキュリティクリアランスではアウト!の人物なんやそうです。もともと第一次岸田内閣で、デジタル大臣政務官兼内閣府大臣政務官をやっていて、一部から批判されていたのに、懲りもせずに自民党内のデジタル担当の役員に就けた、というわけです。

 岸田政権はもう明らかに、シナ政府に気を遣いまくりの媚中政権、隠す気もなさそうです。私ら日本国民は、この危機的な状況をしっかり認識せなあきませんね。実は最大の媚中政治家は岸田やったんや、と。そしたら昨日(10/7)高橋洋一さんが言うてはりました(596回 高市早苗さん総理実現への道とは?)。

 最大の後ろ盾やった安倍さんが亡くなってしまい、自民党の派閥の力学で「地上戦」で多数を獲得して総理を目指すのは難しくなったので、逆に自身は弁が立つので、テレビに出まくって「空中戦」に持って行けば、国民の人気が集中するのではないか、という話ですね。そうなると、解散総選挙みたいに混乱すればするほど有利になって来るやろう、という見立てです。

 大いに有り得ますね。当然、私ら日本国民全力で、高市早苗さんを応援!ですね。高橋さんも言うてはりましたが、イギリスもイタリアも、保守系の女性がトップになりました。もう世界の流れや!と言いたいですね。

【文中リンク先URL】
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20221007-OYT1T50144/
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220921/k10013829021000.html
https://naniwakawaraban.jp/2022/09/30/%e3%81%8a%e3%81%84%e5%b2%b8%e7%94%b0%e3%80%81%e3%80%8c%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%92%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%8b%e6%b0%97%e6%ba%80%e3%80%85%e3%82%84%e3%81%aa/
https://news.yahoo.co.jp/articles/e2173dc76daa7e0b5fb2869bfc0d72419d0aa7f6
https://www.youtube.com/watch?v=68o-AEq2ZfY
https://www.youtube.com/watch?v=aprD9VlyPhY


人気ブログランキング

 ↑ 自民党内最大の媚中派は岸田やったんやと思う人は、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply