米がノルドストリームを爆破したとバレた。気球は知らんかった?習近平。米中開戦は目の前やで。

頷く小

 世界でも日本でも、めっちゃヤバい話がどんどん進んでいても、何も考えてへんマスゴミは、どうでもええニュースばっかり流していますね。まあ今さら、ではありますがマスゴミは益々、その存在意義を自分で壊しまくってる、アホな存在になって来ています、と。

 我那覇真子さんがまた、スゴい動画をダボスから送ってくれてはりました(The Man who caught Pfizer CEO, interview with Ezra Levant ファイザー突撃取材 エズラ・レバント氏インタビュー)。ファイザー社のCEOに向かって、ダボスで突撃インタビューを敢行した独立系メディア(Rebel News)のエズラさんですね。エズラさんが撮ったのはこれです(ファイザーCEOに直撃インタビュー(ダボス会議))。そのエズラさんに、我那覇さんがインタビュー、と。日本のマスゴミが束になっても、こんな映像は撮られへんやろな。

 そして直近の、世界のヤバいニュースの一つは、ノルドストリームの爆破はやっぱりアメリカがやった、ということがバレたことですね。日本ではロイターだけが報道してますね(ロシア、ノルドストリーム爆破の真相解明要求)。

ロシア産天然ガスを欧州に輸出するノルドストリームで昨年9月26日に発生した爆発について、ピューリッツァー賞受賞記者のハーシュ氏はブログで、匿名の情報筋の話として、バイデン米大統領の命令を受け、米海軍のダイバーが爆発物を使用してパイプラインを破壊したと伝えた。

 ホンマにCIAって、やりたい放題ですね。戦争を作り出す気満々、と。そしたら昨日の「宮崎正弘の国際情勢解題」でも詳しく書いてはりました(セイモア・ハーシュが「ノルドストリーム破壊の背景にCIA」と爆弾発言 ただちにホワイトハウスは否定したが。。。。)。宮崎さんは、暴露したハーシュについて触れた後、

 そのハーシュが匿名の協力者を得て、ホワイト ハウス、CIA、ペンタゴを取材し、爆破計画は2021年12月まで遡ることを突き止めた。特別チームはジェイク・サリバン大統領補佐官の下で結成されたという。

 米海軍は、パイプライン攻撃には新型潜水艦の使用を提案した。空軍は、遠隔操作で爆弾を投下するシナリオも議論し、CIAはいかなる作戦であれ秘密でなければならないと主張した。アメリカがノルドストリームのパイプラインを爆破したという暴露である。

CIAは、深海ダイバーを使い、パイプラインに沿って爆発を引き起こす秘密作戦の計画を作成した。
2022年初、CIA 作業部会はサリバンに「パイプラインを爆破する方法がある」と報告し、その直後にウクライナ民主化で暗躍するヌーランド国務次官が「ロシアがウクライナに侵攻した場合、「ノルドストリーム2 は前進しません」と記者会見で答えている。

 ロシア侵攻前の2月7日、バイデンは訪米したショルツ独首相と会い「ノルドストリームは私たちが終わらせます」と発言したという。ドイツのロシアへのエネルギー依存体制を物理的に終わらせるとドイツはウクライナに肩入れせざるをえなくなる。

 そして何と、「潜水夫部隊を誇るNATOの一員である」ノルウェーが協力していた、と。え?何でノルウェーが?

じつはノルウェーは天然ガス、石油の「輸出大国」である。ポーランドへ海底パイプラインが繋がるほか、750キロのパイプラインをドイツへ繋ぐ計画が進行中だ。

 ひえーー。エグい話やなあ。これもまたノルウェーの「国益」のためというわけです。いやいや、さすがは元々、海賊が作った国やなあ、というわけですね。もう世界中が、このドサクサに紛れて、やりたい放題やってますね。そりゃあ、いずれ第三次世界大戦になっても不思議やないですね。

 そしてそのアメリカでは、支那の気球の話で大騒ぎです。青山繁晴さんは2回にわたって取り上げてはります。
【ぼくらの国会・第466回】ニュースの尻尾「チャイナ気球をめぐる深層」
【ぼくらの国会・第467回】ニュースの尻尾「日本も狙うチャイナ気球」
 習近平は気球のことを知らんかったんとちゃうか、という話もあるようです。青山さんは、右手と左手、つまり習近平と軍が、別々に動いてる、と。

 渡邉哲也さんも、有料メルマガ(第2879回 「中国スパイ気球」の落とし前)で、この気球について書いてはりました。

 誰が命じたかわからないが、中国の政治そのものの「バラバラ感」が強まっており、習近平の統治能力を問われる事態であるといえる。ブリンケンは習近平と会談する予定であったわけであり、それが公表された直後の出来事であったからである。

 ブリンケン国務長官が訪中する直前、の話ですからね。せやからこそ、この気球事件?は、危機そのものやというわけですね。そしたら高橋洋一さんも。
700回 中国スパイ気球撃墜から読み解くある歴史との酷似
 1960年のキューバ危機ですね。アメリカが飛ばした偵察機U2をソ連が撃墜し、ソ連がキューバにミサイルを置いたら、アメリカはキューバを海上封鎖した、と。今回、支那が飛ばした気球をアメリカが撃墜したので、もし第一列島線にアメリカがミサイルを置いたら、支那は台湾を海上封鎖することになるやろう、というわけですね。確かにそっくりやな。米中開戦が目の前かも知れん、というわけです。

 渡邉哲也さんのメルマガでは他に、急速に支那への制裁が拡大してることを、ずうーっと警告し続けてくれてはります(第2882回 G7 中国企業への制裁拡大を協議 汎用品に規制が広がる可能性)。日本の産業にとっても甚大な影響が及ぶことになる、と。せやのに、日本の財界の認識は、めっちゃ甘そうです。

 そして国会ではLGBTやら同性婚を認めろとか。ホンマにどうでもええ話をずっとしてる、と。自民党の中にもアホがいっぱいいてますね。あ、公明党の山口那津男くんもか。ふうー、日本、大丈夫か?5月には広島でG7開催ですが、岸田くん、広島で「核なき世界」を言うんか?「非核三原則」は維持、「核シェアリング」は議論もせえへん?たぶん、世界中から笑われるだけやで。アホか。

 そして憲法改正なんか間に合わへんな。第三次世界大戦が始まったら、実は日本人が大好きな「超法規的措置」で、とにかく何が何でも日本国民の命を、まずは守ることを考えてほしいですね。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=nDtxDyCzcmY
https://www.nicovideo.jp/watch/sm41677075
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-nordstream-russia-usa-idJPKBN2UJ1N1
https://www.mag2.com/m/0001689840
https://www.youtube.com/watch?v=fIQsVELlJXE&t=1662s
https://www.youtube.com/watch?v=_OAzjT5PgxI&t=2031s
https://foomii.com/00049/20230206090132105258
https://www.youtube.com/watch?v=0zwicV8rd1M&t=340s
https://foomii.com/00049/20230209083759105388


人気ブログランキング

 ↑ 米中開戦、第三次世界大戦はあり得ると思う人は、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply