戦中はゲートルを巻かんと家から出られへんかったとか。今はマスク。日本人は皆んなで騙される。

奉祝 天長節

 今朝は雨が降っていたので国旗は掲揚しませんでした。かわりに、根戸ウヨ子(@neto_uyoko)さんのお許しをいただき、画像を拝借しました。かわいくて素敵ですね。

 戦後、日本はGHQに祝祭日を奪われてしまいました。このことは何度か書いていて、まとめたこともあるので、また貼っておきましょう。

■大祭日(七日)
元始祭、春季皇霊祭、○○天皇(先帝)祭、秋季皇霊祭、神武天皇祭、神嘗祭、新嘗祭
■祝日・四大節
四方拝、紀元節、天長節、明治節
※注釈:
1.四方拝 1月1日(現・元旦)
2.元始祭 1月3日
3.(先帝祭)
明治時代は孝明天皇祭で1月30日、
大正時代は明治天皇祭で7月30日、
昭和時代は大正天皇祭で12月25日、
平成・令和時代は昭和の日で4月29日。
4.紀元節 2月11日(現・建国記念日)
5.春季皇霊祭 3月21日頃(現・春分の日)
6.神武天皇祭 4月3日
7.秋季皇霊祭 9月23日頃(現・秋分の日)
8.神嘗祭 10月17日
9.天長節 11月3日(現・文化の日)
(天皇誕生日)明治天皇誕生日は明治節(11月3日)
現在この日は文化の日、天皇誕生日は2月23日として国民の祝日
10.新嘗祭 11月23日(現・勤労感謝の日)
 この中で、明らかに奪われて無くされたものは、「神武天皇祭」と「神嘗祭」。残ってはいるけれど、全然関係あらへん名前にされたのが「新嘗祭(勤労感謝の日)」と「明治節(文化の日)」ですね。

 「勤労感謝の日」と「文化の日」は、ちゃんと「新嘗祭」と「明治節」に戻さなあきませんね。これがでけへん限り、日本はまだ独立できてへんと考えなあかん、と。あと何十年かかるんか、気が重いですね。

 はじめにGHQの話を出しましたが、私は7~8年前に「覚醒」した時、「WGIP(ウォーギルトインフォメーションプログラム)」や、「焚書」のことを知り、えらい憤慨しました。何や、尊敬してた中学や高校の先生は、私らにウソを教えてたんや、と。

 せやけど今は、おいおい、GHQがおらんようになってもう、何年たってるんや、いつまで「GHQがー」と言うてるんや?という段階ですね。もちろん、いまだに「日本は戦争を仕掛けた悪い国」と信じ込んでる人はまだまだようさんいてはりますから、GHQの悪行やらWGIPについて、まだまだ「拡散」せなあかんのですが、さて、今の今の日本人に問題はないんか?と問うことも必要ですね。

 今日(2/23)の「宮崎正弘の国際情勢解題」通巻第7650号の(読者の声3)(在米のKM生)さんが、映画監督の故・伊丹十三氏の父、伊丹万作氏の『映画春秋』創刊号(昭和二十一年八月)の論考(「戦争責任者の問題」)を紹介してくれてはりました。

 いやあ、もうビックリですね。戦後まだ一年も経ってへん時の論考です。戦後できた「自由映画人連盟」が、映画界の戦争責任者を指摘し、その追放を主張し始めた時の違和感について、率直に意見を述べたものです。伊丹万作さんは、頼まれて連盟に名を連ねてはいたが、この際、除名してくれと依頼した経緯も述べてはります。

 さて、多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えてだまされていたという。私の知つている範囲ではおれがだましたのだといつた人間はまだ一人もいない。ここらあたりから、もうぼつぼつわからなくなつてくる。多くの人はだましたものとだまされたものとの区別は、はつきりしていると思つているようであるが、それが実は錯覚らしいのである。たとえば、民間のものは軍や官にだまされたと思つているが、軍や官の中へはいればみな上のほうをさして、上からだまされたというだろう。上のほうへ行けば、さらにもつと上のほうからだまされたというにきまつている。すると、最後にはたつた一人か二人の人間が残る勘定になるが、いくら何でも、わずか一人や二人の智慧で一億の人間がだませるわけのものではない。

 うわあ、今といっしょやんかと、ピンと来ました。次の「ゲートル」と「戦闘帽」の話は私は知りませんでしたが、そういえば、戦争中の写真はみんなそうやったなあ、と思い当たります。

 たとえば、最も手近な服装の問題にしても、ゲートルを巻かなければ門から一歩も出られないようなこつけいなことにしてしまつたのは、政府でも官庁でもなく、むしろ国民自身だつたのである。私のような病人は、ついに一度もあの醜い戦闘帽というものを持たずにすんだが、たまに外出するとき、普通のあり合わせの帽子をかぶつて出ると、たちまち国賊を見つけたような憎悪の眼を光らせたのは、だれでもない、親愛なる同胞諸君であつたことを私は忘れない。

 ひえーー。今、それはマスクやんか!!実は誰も強制してへんのに、みんなで監視し合って、結局対立してしまうって、おかしいやん、というところは、全くマスクと同じですね。伊丹さんは、

国民同士が相互に苦しめ合うことなしには生きて行けない状態に追い込まれてしまつた

とも書いてはります。そしてその後は「戦争責任」の話ですね。

 一度だまされたら、二度とだまされまいとする真剣な自己反省と努力がなければ人間が進歩するわけはない。この意味から戦犯者の追求ということもむろん重要ではあるが、それ以上に現在の日本に必要なことは、まず国民全体がだまされたということの意味を本当に理解し、だまされるような脆弱な自分というものを解剖し、分析し、徹底的に自己を改造する努力を始めることである。

 うーん、これは、戦争に負けた「結果」が誰の目にも明らかになってたからこそ言えることで、今の今のコロナ騒動について見れば、まだ多くの日本国民は、「だまされた」とも、ビルゲイツやファウチやファイザー社に「負けた」とも思ってはいませんよね。

 つまり恐ろしいことに今、日本人はどっぷりダマされてる真っ最中やということですね。結局私ら日本人は、戦後70年80年たっても同じように、みんなでダマされ続けてるということなんでしょうか。

 せめて今は、戦前よりは個人個人の通信手段が格段に進歩してるんやから、そのSNSやらを駆使して、お互いに発信し合って、早うこの壮大な、世界を舞台にした「茶番」を、全国民(全人類)が知るところとなってほしいですね。

 ツイッターの「正常化」はありましたが、まだハンター・バイデンは逮捕されへんし、米大統領選挙の結果は決して変わらへんし、「プロジェクトヴェリタス」のCEOが追放されたりとか、まだまだ世界はドロドロの戦争中ですね。あ、もちろん、ウクライナも酷いことになっています。

 まずはホンマのことを知ること、知らせること、そして日本人やからこそできることがいっぱいあると思います。対立するんやなくて、手を携えて、この世界戦争を切り抜けて行きましょう。

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/neto_uyoko/status/1628529258636410882
https://www.mag2.com/m/0001689840
https://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43873_23111.html


人気ブログランキング

 ↑ 戦前はゲートル、今はマスク、にビックリした人は、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply