ホワイト国の話も負けやで岸田。南北朝鮮に核が置かれる時に、何も動けへん日本が捨てられるんや。

 輸出管理の話で韓国を「ホワイト国に戻す」という話は、一昨日(4/26)に既に出ていたんですね(松野官房長官、「ホワイト国」復帰を歓迎)。そしてネットでも一部で大騒ぎ、昨夜公開された青山さんの動画でも説明してはりました(【ぼくらの国会・第513回】ニュースの尻尾「いきなり韓国→ホワイト国を画策」)。さらに今日(4/28)正式に発表されたようです(「旧ホワイト国」へ韓国復帰 厳格な輸出管理、正常化へ―経産省)。

 経済産業省は28日、輸出手続きを簡素化する「グループA(旧ホワイト国)」に韓国を復帰させる手続きを開始したと発表した。経産省は3月下旬、2019年7月に発動した韓国に対するフッ化水素など半導体素材の輸出規制も緩和済み。元徴用工問題を巡り韓国との関係が悪化する中で実施した厳格な輸出管理は全面的に解除され、正常化に向かう。

 何のことはない、3月には規制も緩和されてるんですね。せやから今は、半導体生産に必須の「フッ化水素」は普通に韓国に流れてるわけですね。で、それ自体はさすがに支那や北朝鮮?イラン?には、今は流されてることはないんかも知れません。知らんけど。

 問題は、韓国の前政権、文在寅・北朝鮮媚び媚び政権時代のうちの3年間、報告すべきフッ化水素の横流し先が、いまだに不明なまま、なことですね。日本発のフッ化水素の容器がイランで目撃された話があったとか。

 実は韓国の政権が、極左の文在寅から保守系の尹錫悦に変わって、アメリカはめっちゃやりやすくなってると思いますね。そしてついに先日、「ワシントン声明」なんかを発表してました(米韓首脳会談で「ワシントン宣言」採択…バイデン大統領「北朝鮮の核攻撃には、圧倒的な対応」)。日本のマスゴミ報道は、公式発表をなぞるだけで、真の意味合いは全然理解できてへんように思われますね。

バイデン大統領(右)と尹錫悦大統領=AP

 また、バイデン氏は「北朝鮮の韓国に対するすべての核攻撃は、即時、圧倒的、決定的な対応に直面する」ことを再確認した。米国が今後、戦略原潜を韓国に寄港するなど、強力な兵器を韓国に展開することも盛り込まれた。

 おい北朝鮮、核なんかぶっ放したら国を破滅させるぞ。韓国にはもう核を渡しとくからな、という話ですね。もっと騒げよ、平和ボケの日本マスゴミ、ですね。最初の青山さんの動画に戻りますと、経産大臣の西村康稔くんが、今までに見たこともない表情やったとか。

 自民党の部会も何も全部すっ飛ばして、官邸が頭越しにやって来たそうです。やっぱり日本はアメリカの属国やな。実質的に3月からはブツを渡してるんやったら、この「グループA(旧ホワイト国)」復帰は、単なるメンツの問題やから、なおさらやる必要はあらへんですね。

 尹錫悦は思いっきりアメリカに擦り寄って、アメリカから日本に対して「いつまでもケンカしてるな、仲直りしとけ」とでも言わせたんとちゃうか。知らんけど。なので、本来ならほっといたらええ話やのに、岸田くんはオロオロしてる、と。

 結局それは、自分から何も動いてへんからやと思いますね。憲法改正も遅々として進まへん、安倍ちゃんが命がけで「核シェアリング」の話までしてくれてたというのに。アホ岸田は今度の広島G7で「核なき世界」の話をしようとしてる、と。

 ということで、アメリカはもう、見限ったんとちゃうかと私は思います。上の動画で青山さんは、パブリックコメントにどんどん意見を、と言うてはりましたが、もう負けてるように思います。うーむ。やっぱりガス抜きか。そして官邸は、アメリカも世界も、ものごっついスピードで進んでるのに、まったく付いて行けてへん、とも言うてはります。

 それは正しいですね。ボオーっとしてたら日本は、第三次世界大戦に間違いなく巻き込まれるんや、ということですね。恐ろしい話です。

 そしたら今日の産経新聞のコラム「緯度経度」に古森義久さんが書いてはりました(米権威、日イラン貿易に警告)。この「米権威」とは「トランプ前政権の国家安全保障担当の大統領補佐官だったジョン・ボルトン氏」のことですね。ワシントンの保守系政治雑誌「ナショナル・レビュー」4月下旬号に論文を寄稿し、「日本はイランと貿易取引を続けることでロシアのウクライナ侵略を助ける結果となっている」と断じている、と。まずはイランが悪い、と書きながらも

 そのうえで同論文はイランのロシア軍事支援が明白となった昨年9月以降、G7諸国がイランへの制裁措置をとったのに日本だけは何もせず、「東京とテヘランの間では資金と製品が自由に流れ、ウクライナ戦争の継続とイランの有害な行動を激励している」と日本を批判していた。
 ボルトン氏は従来は日米同盟の堅持論者で日中関係などでは日本の立場を一貫して支持してきたが、今回は日本がイランに甘いと非難する。ただしイランの核兵器開発では日本も国連制裁に同調してきたことを暗に認めながらも、イランのロシア軍事支援への制裁措置を日本に求めるわけだ。

 誰に対してもエエカッコして甘い顔をしてたらあかんで、ということでしょう。

 ボルトン氏は以上のような日本とイランとの商業取引は米国にとっては許容できないとして、日本がイランとの貿易関係を全面的に断つことを求めた。同時にボルトン氏は、この日本とイランとの絆が5月の広島でのG7首脳会議でも批判的に提起されるだろうと述べた。

 ほらほら岸田くん、G7であんたが吊るし上げられるかも知れんのやで、というわけですね。そしたら何と今日(4/28)の「宮崎正弘の国際情勢解題」通巻第7729号で、

韓国、明快に「右」旋回。親米路線を強調したユン大統領の議会演説
   イーロンマスクとの会見し、宇宙センターも訪問

と書いてはりました。さらに同号の書評では国際経済連携推進センター篇『ウクライナ侵攻と世界』(産経新聞出版)を取り上げてはりました。数人の論者のうちの平岩俊司(南山大学教授)氏の論を紹介してはります。

 安全保障を米国に依存しておきながら激しい反米活動を北の活動家らと展開してきた前政権と決別し、ユン政権は、経済での過度な中国依存を減らし、米国との軍事同盟を強化させる方針へ舵取りを転換した。その上で訪米し、バイデンから「北の核攻撃があれば、徹底的に報復する」との言質を得た。この韓国の激変を真っ正面から捉えない日本のメディアの感受性の鈍さ!
 本書で平岩教授はウクライナで北朝鮮はロシア支持に回ったのも「他国に対する強権と専横に明け暮れている米国と西側の覇権主義政策に根源がある」と屁理屈を並べて、国連で北朝鮮を擁護してくれたロシアとの関係強化を狙った。中国への牽制が目的でもある。
 北朝鮮は核実験で国際的に孤立しようともロシアと中国が必ず擁護してくれるとしてきたが、小型核を多弾頭化したミサイルを北朝鮮が保有するとなれば、これまでの話と展開はまったく別になる。

 ほらほらあ、岸田くん、もう状況は刻一刻と変わって来てるんやで。遅い!遅すぎる!韓国の尹錫悦くんのほうがよっぽど柔軟やし、戦略的やんか。あっかんわあー。韓国の大統領にもすでに負けてるで、岸田くん。せめて私ら日本国民は、戦略的な思考をして、間違うても第三次世界大戦の負け組にならんように、しっかり監視せなあきませんね。

【文中リンク先URL】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023042600544&g=pol
https://www.youtube.com/watch?v=bs-p1-PSaxI
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023042801065&g=pol
https://www.yomiuri.co.jp/world/20230427-OYT1T50060/
https://www.sankei.com/article/20230428-4JTPEGWDAVIRLLU6HYRQC5OX2Q/
https://www.mag2.com/m/0001689840


人気ブログランキング

↑ 韓国の尹錫悦大統領の方が岸田くんより戦略的かも知れんと思う人はポチっとお願いします。

↓ 【保守看板】苦戦中です。ご支援を何卒よろしくお願いいたします。

「国民に国旗バッジの着用を禁じる裁判官が、ホンマにおる。こんなアホな話は、もっと広めなあかん。」

【募金方法】
■こちら↓のアドレスに、直接メールをお送りください。
gekioko@logoslabo.co.jp
■文面は、「振込先を送れ」。
■折り返し、振込先の銀行口座番号を返信させていただきます。
■銀行口座は
 「三菱UFJ銀行」か
 「PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)」になります。
 どちらか都合の良いほうにお振込みください。
■領収書も発行できます。
■原稿案は若干、変更する可能性があります。
■掲載(貼り替え)日は、追ってご連絡いたします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply