駐日米大使にアゴで使われる岸田君、改憲で自衛隊を軍にできるんか?言葉で遊んでるヒマはないで。※修正



 今日は天気も良かったので一応、国旗を掲げましたが、何だかフクザツな気分ですね。周りの家ではほとんど掲げてはいませんね。近所に出かけた時に、交番では掲げていたのでちょっと安心しました。たぶん、法律ができたから、でしょうね。

 「国旗及び国歌に関する法律」は平成11(1999)年8月13日に公布、即日施行、ですね。当時のアホ野党は反対してたとか。こんな奴らが今もまだ国会におることが、何とも情けない話ですね。ようやくこの頃は、立憲民主党も共産党もホンマに票を落として来ているので、流れとしてはええんかも知れませんが、遅すぎますね。

 ネットでこんなんが流れてました(もえるあじあ ・∀・ @moeruasia01)。

志位委員長「戦争になったらどうするんだという議論がありますが、私は戦争を絶対に起こさない!」「ありとあらゆる知恵と力を尽くす外交!」

 元の動画はこちらのアカウント「平和と民主主義 @snc20165」、共産党ですね。今日の「憲法大集会」の動画ですね。つい私は上の方のツイートに、

ウクライナに行って言うてこい❗️
このド阿呆❗️😡💢

とリプ(返事)してしまいました。せやけどちょっと違いましたね、「プーチンと習近平と金正恩に言うて来い」ですね。どっちにしても、目の前の危機をまっっったく理解せずに、戦争反対、平和、平和と唱えてるだけの人たち、やっぱりアタマおかしいですね。

 今こそさっさと憲法改正をせなあかんのですが、実は今、もうそれどころではない、つまり、もう間に合わへんのとちゃうか、というタイミングなんですね。戦争はもう始まってるんや、と。陸自ヘリはやっぱりかなりバラバラになってました。どう見ても爆破に見えるんですけど?と。

 殉職された隊員にはご冥福をお祈りいたしますが、10人のうち、まだ4人が確認されてへんとか。それ、電磁砲やったら一瞬で焼けてしまうからなんとちゃうか?とか、いろいろ考えてしまいます。ご遺体の状況についてはどこも報じてませんからね。

 せやけどもしこれが、支那人民解放軍の仕業やとわかったら、どないするんや?実は今の日本は、憲法改正もしてへんから軍がない状態、現実には攻撃されたとわかっても、手も足も出されへんかったことが、世界中にバレてしまうんとちゃうか?ということやと思います。ひえーーー。

 話は思いっきり戻りますが、そんなわけで、今日の憲法記念日に国旗を掲揚するのは、複雑な思いになるわけですね。この日を決めたのはGHQですからね。日本国憲法は、公布が11月3日、施行が5月3日です。記念日にするんやったら11月3日やけど、それは当時、廃止されていた明治節、後の文化の日ですね。アメリカ人て、めっちゃ腹黒いんですわ。

 というわけで、間に合うかどうかは措いといて、とにかく早う、自衛隊を普通の軍にせなあかんわけです。そしたら軍事裁判所もいるんやで、となるんですが、一気にできるとはとても思えませんね。困ったもんです。今のままではホンマに自衛隊員はめっちゃ危険なんですね。タマを撃って相手が死んだら、警察が出て来て捜査せなあかん、という状況ですね。あるいは、実は今のままでは赤信号も無視でけへん、というアホみたいな話もありますね。

 念のために確認しようとググったら、「国防ジャーナリスト」の小笠原理恵さんが、ネット媒体「日刊SPA!」に書いた記事がヒットしました(「自衛隊は有事でも赤信号で停止する」…嘘のようなホントの話)。昔からずっと言われ続けていて、いまだに変えられてへん話ですね。

 自衛隊を軍にして、法律では「してもいいこと」ではなく「してはいけないこと」をあげ、あとは何でもオッケー、という「ネガティブリスト」にせなあかんのや、という話ですね。いったい何十年議論してるんや?さっさとやれ、ですね。

 ところで今議論されてるのは「緊急事態条項」の話とか。これも何か変ですね。そして一応岸田くんは産経新聞のインタビューに答えていましたが、何一つ、決定的なことは言うてへんように思います(首相、改憲へ国民投票の早期実施に意欲 本紙インタビュー)。

 首相はインタビューで、「現行憲法は時代の流れの中でそぐわない部分、不足する部分が生じている。先送りできない課題だ」と強調した。党が改憲4項目として掲げる9条への自衛隊明記▽緊急事態条項▽参院選「合区」解消▽教育環境の充実-について、「いずれも現代的な喫緊の課題だ」と説明した。

 たかが駐日米大使ごときにアゴで使われてる、惨めったらしい総理大臣やとバレましたからね。たぶんエマニュエル君に言われるがままに、連休中には韓国に行くとか、何だかヤバそうですね。何としても憲法を改正して国民の命を守るんやという意志が、言葉では言うてるけど、伝わって来ませんね。これって、言いがかり?

 そしてもっと言えば、日本国憲法の問題って、自民党の「改憲4項目」みたいな枝葉の話やないんですね。ホンマのところは、GHQが一週間か10日で作った、デキの悪い学生のコピペレポートみたいな醜悪な文章をさっさと棄てて、一から十まで全文改訂、改正せなあかん話やと思いますね。

 同じ今日の産経新聞では、見開き30段で「国民の憲法」全文を掲載しています(発表10年 憲法改正待ったなし)。(「国民の憲法」要綱)。ここには「軍」は書いてありますが、「軍法」「軍法会議」はありませんね。ちなみに読売憲法改正試案全文」も見ましたが、同じように、「軍隊」とは書いてますがやはり軍法、軍法会議はありません。ま、法律で定める、てなもんでしょうか。
【※修正(5/4)】コメント欄でご指摘いただきましたが、「国民の憲法」第90条に、「軍事裁判所」と書かれていました。

 やっぱり大日本帝国憲法の改正から始めた方が、ずっとスッキリすると思うんですけどね。現憲法は70年以上も使うてきたから、今さらどうしようもない、ということなんでしょうか。話は堂々巡りになりますが、今のところはとにかくまず改正して、自衛隊を軍にする、ということを目指すしかないんかも知れません。

憲法発布略図 1889年(明治22年)、楊洲周延画(Wikipedia)

人気ブログランキング

↑ 岸田君からは、憲法改正の本気感が伝わって来えへんと思う人はポチっとお願いします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply